長野まゆみさんの初期の作品が好きです。

野ばらとか少年アリスとか。
『黒蜜糖』といった言葉など、透明感のある綺麗な言葉が好きで読んでました。
しかし、最近の作品はボーイズラブ系の色が強く、読むのに引けてしまいます。
このような綺麗な表現で大人の童話のような本があったらお教えいただきたいのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/08 13:59:33
  • 終了:--

回答(14件)

id:pochimi No.1

pochimi回答回数5ベストアンサー獲得回数02004/07/08 14:17:07

ポイント15pt

一千一秒物語 (新潮文庫)

一千一秒物語 (新潮文庫)

  • 作者: 稲垣 足穂
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

新編銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

  • 作者: 宮沢 賢治
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

もうご存じかもしれませんが、稲垣足穂さん、宮沢賢治さんはいかがでしょうか。文章がきれいですよ。長野さんも彼らの影響を受けているのではないかと思います。

わたしも初期作品が好きだったのですが、ボーイズラブは大嫌いなので、この頃読めません…。

id:makinekohime

ありがとうございます^^ 宮沢賢治さんは読んでますが、稲垣足穂さんは知らなかった・・ 参考になりました^^

2004/07/08 14:38:02
id:nao3307 No.2

nao3307回答回数15ベストアンサー獲得回数02004/07/08 14:35:36

ポイント15pt

星月夜の夢がたり

星月夜の夢がたり

  • 作者: 光原 百合
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 単行本

十八の夏 (双葉文庫)

十八の夏 (双葉文庫)

  • 作者: 光原 百合
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • メディア: 文庫

はじめまして。

長野まゆみさんの作品は、実は未読なのですが、「奇麗な表現で、大人の童話」なら光腹さんの『星月夜の夢がたり』がオススメですよ。

あと、『十八の夏』も素晴らしいので、よろしければ。

id:makinekohime

ほう、光原 百合氏の著書は読んだことないです。早速読ませていただきます^^ ありがとうございました。

2004/07/08 15:52:08
id:crururururu No.3

crururururu回答回数8ベストアンサー獲得回数02004/07/08 15:24:55

ポイント15pt

マジョモリ

マジョモリ

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 理論社
  • メディア: 単行本

西の魔女が死んだ

梨木 香歩著

小学館 / \1,229 /

ご存じかしら?と思いつつですが。梨木香歩さんです。『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞など各賞をお取りになっている作家です。児童文学出身の方なので『少女』『お人形』などのモチーフで麗しいノスタルジーあふれる物語を書かれています。絵本の『マジョモリ』では早川司寿乃さんの絵とすばらしくあって『透明感』という言葉がぴったりあう方だと思ってます。

id:makinekohime

梨木香歩氏の本、結構読んでます(^^ゞやはり、作風としては同じなのかもしれませんね。梨木香歩氏の著書も透明感があって好きです。ご回答ありがとうございました^^

2004/07/08 15:53:57
id:nao555 No.4

奈緒回答回数96ベストアンサー獲得回数02004/07/08 15:26:52

ポイント15pt

こうばしい日々(あかね創作文学シリーズ)

江国 香織著

あかね書房 / \999 /

江國香織さんの「こうばしい日々」だと思うのですが、

江国香織さんのすこし前の作品でお勧めの雰囲気のものが

ありました。

id:makinekohime

お、この本も読んでます^^; 透明感 って言葉がぴったりですね。この本もそんな本なんだと再認識できて嬉しいです。ありがとうございました^^

2004/07/08 15:55:57
id:quelle No.5

quelle回答回数82ベストアンサー獲得回数22004/07/08 16:03:55

ポイント14pt

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_rev.cgi/?aid=&bibid=01346...

オンライン書店ビーケーワン:薔薇くい姫・枯葉の寝床 講談社文芸文庫「甘い美少年の誘惑…」

恋人たちの森 (新潮文庫)

恋人たちの森 (新潮文庫)

  • 作者: 森 茉莉
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

薔薇くい姫・枯葉の寝床 (講談社文芸文庫)

薔薇くい姫・枯葉の寝床 (講談社文芸文庫)

  • 作者: 森 茉莉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

貧乏サヴァラン (ちくま文庫)

貧乏サヴァラン (ちくま文庫)

  • 作者: 森 茉莉
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

森 茉莉なんていかがですか。森鴎外の娘さんで、元祖『綺麗なコトバ』って感じですよ。

わたしは『贅沢貧乏』を読んではまったんですが、いまお取り寄せのようなので、いくつか紹介してみます。

「英国産のビスケットと風月堂のシュウクリイム」なんて、しゃれてますよね。

id:makinekohime

ほー、森鴎外が好きなので、かなり良いかもです^^ 「風月堂のシュウクリイム」と言う表現、たまらないですね^^ 早速読んでみます。ありがとうございましたー

2004/07/08 16:07:23
id:anarchycafe No.6

anarchycafe回答回数195ベストアンサー獲得回数122004/07/08 16:24:43

ポイント14pt

サラサーテの盤―内田百けん集成〈4〉 (ちくま文庫)

サラサーテの盤―内田百けん集成〈4〉 (ちくま文庫)

  • 作者: 内田 百けん
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

なつのひかり (集英社文庫)

なつのひかり (集英社文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

尾崎翠集成〈上〉 (ちくま文庫)

尾崎翠集成〈上〉 (ちくま文庫)

  • 作者: 尾崎 翠
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

はじめまして。私も長野まゆみの初期作品、好きでした。

あの透明な空気感に近いかなあ、というものをいくつかセレクトしました。

百輭は、不思議で不気味ですこし可笑しいお話ばかりで大好きなのです。

江国さんの著作の中では、コレが一番透明っぽいイメージ。

尾崎翠は「第七官界彷徨」が良いですよ。透明で傷つきやすい少女の世界を書かせたらほんとうにうまい。

参考になれば幸いです。

id:makinekohime

ありがとうございます^^ 江国さん以外はみんな知らなかったです。とても参考になりました^^

2004/07/09 00:25:02
id:toukaidou No.7

toukaidou回答回数234ベストアンサー獲得回数02004/07/08 18:06:08

ポイント14pt

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

  • 作者: アゴタ クリストフ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

子供視点の残酷さはグリム童話に通じるものがあると思います。続編の「ふたりの証拠」「第三の嘘」は逆に小説ぽくて私は好きではありません。

id:makinekohime

ほー 面白い視点ですね^^ 参考にさせていただきます。ありがとうございました^^

2004/07/09 00:25:42
id:kyu999 No.8

kyu999回答回数46ベストアンサー獲得回数02004/07/08 19:27:00

ポイント14pt

蛇を踏む

蛇を踏む

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: ハードカバー

椰子・椰子

椰子・椰子

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 単行本

神様

神様

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 単行本

長野まゆみさんを未読なので傾向が違ったら申し訳ありませんが、

川上弘美さんはいかがでしょうか。

『椰子・椰子』は絵も素敵ですよ。

id:makinekohime

ほう、川上 弘美氏の著作は実は結構好きです。久々に読み返してみますね^^ ありがとうございましたー

2004/07/09 00:26:30
id:JGK No.9

JGK回答回数47ベストアンサー獲得回数02004/07/08 20:10:05

ポイント14pt

薬指の標本 (新潮文庫)

薬指の標本 (新潮文庫)

  • 作者: 小川 洋子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

小川洋子さんの短編集です。

個人的には透明感を感じますが、いかがでしょうか。

id:makinekohime

初めて聞いた本です(^^ゞ ぜひ読んでみたいです。ありがとうございました^^

2004/07/09 00:27:03
id:tau No.10

tau回答回数6ベストアンサー獲得回数02004/07/08 21:54:09

ポイント14pt

スカイ・クロラ

スカイ・クロラ

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 単行本

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)

ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)

  • 作者: サリンジャー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

夏の滴 (文芸シリーズ)

夏の滴 (文芸シリーズ)

  • 作者: 桐生 祐狩
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

透明感のある言葉による表現なら森博嗣作品などが合うのではないかと思います。

「大人の童話」という表現から個人的に連想したのがサリンジャーです。著者の鋭い感受性が伺えます。

もう一人瑞々しい子供たちの世界を描いた作品として桐生祐狩『夏の滴』をお勧めします。

その他の作家では、山尾悠子とレイ・ブラッドベリを思い浮かべました。

id:makinekohime

森博嗣氏もサリンジャーも結構好きです^^ 桐生祐狩氏は知りませんでしたー ほんと、いろいろ勉強になります(^^ゞ ありがとうございました^^

2004/07/09 00:28:08
id:kou_kou No.11

kou_kou回答回数21ベストアンサー獲得回数02004/07/08 22:45:52

ポイント14pt

詩人の夢 (ハルキ文庫)

詩人の夢 (ハルキ文庫)

  • 作者: 松村 栄子
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • メディア: 文庫

紫の砂漠 (ハルキ文庫)

紫の砂漠 (ハルキ文庫)

  • 作者: 松村 栄子
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • メディア: 文庫

芥川賞作家の書いたファンタジー風のSFです。

言葉の使い方は、私がこれまで読んだ中ではだんとつで綺麗でした。詩もいくつか入っていて、これがまた美しいですよ。

長野まゆみさん、初期は私も好きでした。

id:makinekohime

ファンタジー、結構好きなんですよ^^ 読んだことないので、ぜひ読ませていただきますー ありがとうございました^^

2004/07/09 00:28:55
id:yaesan No.12

yaesan回答回数14ベストアンサー獲得回数02004/07/08 22:46:03

ポイント14pt

花のレクイエム (新潮文庫)

花のレクイエム (新潮文庫)

  • 作者: 辻 邦生 山本 容子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

足穂も梨木香歩も出ちゃったので、意外なところからご紹介です(^O^) 辻邦生「花のレクイエム」。12の短編からできている本です。あと、絶版なので恐縮ですが古本屋で見つけたらぜひ。「水の粒子」安藤美保歌集 ながらみ書房。短歌ですが透明感のある言葉が好きな方にはお気に召すかと。「君の眼に見いられるとき 私はこまかき水の 粒子に還る」「光りつつビーズのようにおちてゆき我に向けられし言葉は尖る」。

id:makinekohime

「光りつつビーズのようにおちてゆき我に向けられし言葉は尖る」すごい素敵(*^_^*)ぜひ、参考にします^^(古書店ですね^^)ありがとうございましたー

2004/07/09 00:30:01
id:tao3 No.13

tao3回答回数3ベストアンサー獲得回数02004/07/08 23:12:38

ポイント14pt

星の旅行記―Mr.Q’s Travel (たむらしげるのファンタジー・ワールド)

星の旅行記―Mr.Q’s Travel (たむらしげるのファンタジー・ワールド)

  • 作者: たむら しげる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 単行本

私も、長野まゆみの初期が大好きでしたが、今は駄目になりました。

短編集ですが、オススメです。

たむらしげるは絵本ですが、世界観は素敵ですよ。

id:makinekohime

絵本も大好きですー 同じ思いの方がたくさんいるようで、すごくうれしい^^ ぜひ購入します^^ ありがとうございましたー(*^_^*)

2004/07/09 00:31:05
id:tao3 No.14

tao3回答回数3ベストアンサー獲得回数02004/07/08 23:24:40

ポイント14pt

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?aid=02hatena02...

オンライン書店ビーケーワン:星の旅行記 Mr.Q’s travel

星の旅行記―Mr.Q’s Travel (たむらしげるのファンタジー・ワールド)

星の旅行記―Mr.Q’s Travel (たむらしげるのファンタジー・ワールド)

  • 作者: たむら しげる
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: 単行本

私も長野まゆみが好きでした。

たむらしげるは絵本ですが、世界観が素敵で読みごたえがあります。

荒俣宏「魔法のお店」もオススメです。

id:makinekohime

ありがとうございました^^ 参考になりました(^^ゞ

2004/07/09 00:31:59
  • id:nao3307
    「はら」違い。

    ×)光腹
    ○)光原

    よりによって、作者さんのお名前で。。。
    誤字、失礼しました(恥

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません