「90年代〜00年代にかけての欧米プロスポーツビジネスにおける収入構造の変化」を見て取れる資料が記載されている書籍があれば教えてください。具体的には、テレビ放映権の収入減少とマーチャンダイジング収入の西欧と米国の比較資料を探しています。英語版でも構いません。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/12 10:21:27
  • 終了:--

回答(2件)

id:hotdog2004 No.1

hotdog2004回答回数2ベストアンサー獲得回数02004/07/12 14:01:55

ポイント65pt

スポーツ産業論入門

スポーツ産業論入門

  • 出版社/メーカー: 杏林書院
  • メディア: 単行本

スポーツマーケティング

スポーツマーケティング

  • 作者: 原田 宗彦 松岡 宏高 藤本 淳也
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • メディア: 単行本

前者はオリンピックについて、特にスポンサーシップについて書かれた本です。

ぼくが大学の卒論を書くときに参考にしました。

後者はまだ読んでいないのですが、同著者の本なので同じようなテーマだと思います。

あんまり参考にならなくてすみません。

放映権料などについてはFIFAなんかの本がいいのかもしれませんね。

また何か気づいたらコメントします。

id:hiroland

早速の回答ありがとうございます。スポンサーシップの詳細な内訳についても情報が欲しかったので、参考にさせていただきます。また、FIFAやアメリカ4大スポーツに関する、収入構造の変化に言及した本があれば一番嬉しいです。引き続き情報お待ちしております。

2004/07/12 14:39:29
id:moonbeams No.2

moonbeams回答回数8ベストアンサー獲得回数02004/07/14 03:02:00

ポイント65pt

ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側

ワールドカップ 巨大ビジネスの裏側

  • 作者: ジャック・K.坂崎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

スポーツ・マーケティング―スポーツ・ビジネスの競争戦略

スポーツ・マーケティング―スポーツ・ビジネスの競争戦略

  • 作者: クリスティーン・M. ブルックス
  • 出版社/メーカー: 文化書房博文社
  • メディア: 単行本

前者は、主にサッカーW杯の放映権の内幕について書かれています。後者はスポーツビジネス全般について体系的に述べてあり、原書も英語で出ています。

id:hiroland

ご回答ありがとうございます。前者は既読のもので、後者は年代的に少し古いように思われます。また、収入の中で放映権料以外の項目の推移も知りたいと思ってます。引き続き情報をお待ちしております。

2004/07/20 22:57:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません