落語が出てくる小説を紹介していただけませんか。


今年辻原登の『遊動亭円木』を読み、とても楽しみました。そしてほかにも落語が出てくる小説があったら読んでみたいなと思いました。
ただし、北村薫の「円紫さんと私シリーズ」(『空飛ぶ馬』『夜の蝉』『秋の花』『六の宮の姫君』『朝霧』)、大倉崇裕の『三人目の幽霊』『七度狐』は知っております。

エッセイでもなく、落語の薀蓄本でもなく、落語家の評伝でもなく、落語の小説化でもない、落語が出てくる小説をご紹介ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/20 23:43:15
  • 終了:--

回答(6件)

id:turoo No.1

turoo回答回数148ベストアンサー獲得回数02004/07/20 23:49:00

ポイント25pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410123731X/qid=10903348...

Amazon.co.jp: しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫): 本: 佐藤 多佳子

しゃべれどもしゃべれども 佐藤 多佳子

こちらはいかがでしょう?

id:spankyi

噺家さんが出てくるのですね。ストライクです。読んでみたいと思います。どうもありがとうございました。

2004/07/20 23:57:29
id:rou6331 No.2

rou6331回答回数30ベストアンサー獲得回数02004/07/21 00:04:23

ポイント25pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087476308/249-5129585-...

Amazon.co.jp: 粗忽拳銃 (集英社文庫): 本: 竹内 真

こちらはいかがでしょうか。

立川談志師匠から破門になった立川志加吾がモデル、と解説文にあります。

id:spankyi

すばる新人賞受賞作とありますね。「粗忽長屋」と「主観長屋」をモチーフにした物語とbk1の書評にもありました。面白そう。読んでみます。ありがとうございました。

2004/07/21 00:11:49
id:ayalist No.3

ayalist回答回数229ベストアンサー獲得回数52004/07/21 00:26:31

ポイント25pt

たけまる文庫 怪の巻 (集英社文庫)

たけまる文庫 怪の巻 (集英社文庫)

  • 作者: 我孫子 武丸
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: 文庫

泡亭の一夜 (新潮文庫)

泡亭の一夜 (新潮文庫)

  • 作者: 泡坂 妻夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

我孫子武丸『たけまる文庫 怪の巻』(集英社文庫)

収録作のうち、「猫恐怖症」「春爛漫」「芋羊羹」「再会」「青い花嫁」「嫉妬」「二重生活」は、隠しテーマが「落語」のホラー短編シリーズです。

親本の『小説たけまる増刊号』(集英社)には、そのあたり詳しく解説した「解題」が添えられていたのですが、文庫ではどうかな。

泡坂妻夫『泡亭の一夜』(新潮文庫)

泡坂さんの創作落語が読めます。他にもエッセイあり、奇術あり、味のある一冊です。

id:spankyi

『泡亭の一夜』は落語が出てくる小説とはちょっと違うかなと思いましたが、味わい深そうで読んでみたいと思いました。『たけまる文庫 怪の巻』はまさしく質問にぴったりの回答です。ありがとうございました。

2004/07/21 00:37:06
id:simo00 No.4

simo00回答回数1482ベストアンサー獲得回数02004/07/21 00:26:55

id:spankyi

すみません、そのサイトは私のサイトなのです。

2004/07/21 00:37:50
id:KairuaAruika No.5

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972004/07/21 00:38:51

ポイント15pt

豆腐小僧双六道中ふりだし

豆腐小僧双六道中ふりだし

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

ちょっとずれるかもしれませんが

id:spankyi

「落語のような語り口」ということですね。ちょっと質問の答えとしては違うかもと思いますが、京極夏彦らしからぬ軽妙な語り口というのが気になります。ありがとうございました。

2004/07/21 00:46:34
id:inumaro No.6

犬麻呂回答回数11ベストアンサー獲得回数02004/07/21 01:06:23

ポイント25pt

石油ポンプの女

石油ポンプの女

  • 作者: 立川 談四楼
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • メディア: 単行本

立川流の真打ちの落語家にして小説家、自称「落語も出来る小説家」立川談四楼師匠の小説はいかがでしょう?

こう書くと、タレントの余技の様に思われるかもしれませんが、とんでもない!

落語のエッセンスを上手く抽出して、小説という形態でしか書けない内容に昇華された、落語家にしてプロの文章家である彼ならではの内容で一読の価値があります。当然落語も出てきます(笑)。

いちばんのお勧めである「ファイティング寿限無」は品切れのようなので、「石油ポンプの女」から読まれるとよろしいかと思います。

id:spankyi

『ファイティング寿限無』の解説を読んでみましたが、いや〜落語もできるボクサーですか。これは面白そうですね。品切れなのが残念です。

『石油ポンプの女』はもうこれこそ真打登場と言いたくなるようなお答えです。是非入手したいと思います。ありがとうございました。

2004/07/21 01:14:11

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません