魚はどうやって音を認識するのですか?

urlはいらないので具体的に教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/22 13:04:20
  • 終了:--

回答(8件)

id:mai-1997 No.1

mai-1997回答回数790ベストアンサー獲得回数12004/07/22 13:08:55

ポイント15pt

人間に飼われている池の鯉が、水面を叩く音で近くまで寄って来る光景を目にした事があると思います。一体魚には、水面を叩く音がどのように聞えているのでしょうか?どうやら、魚は音が伝わる際の水中の圧力変化や水の流れの変化を感じ取っているようです。

id:bluescript

なるほど。つまり肌で感じるってことでしょうか。

哺乳類の「耳」に相当するような器官はないのでしょうか。

2004/07/22 13:10:40
id:actual No.2

actual回答回数610ベストアンサー獲得回数12004/07/22 13:09:00

ポイント15pt

耳石という器官で脳へ刺激を伝達しています。

id:bluescript

へぇ〜!この耳石ってやつは、哺乳類の耳とは全く関係ない器官なんでしょうか。

2004/07/22 13:14:13
id:garyo No.3

garyo回答回数1782ベストアンサー獲得回数962004/07/22 13:09:21

ポイント15pt

魚には体の横に水中の圧力の変化を感じる

側線(そくせん)という器官があります。

音を水の圧力の変化で知るわけですね。

id:bluescript

耳石以外に側線なんてのもあるんですね。

ありがとうございます。

2004/07/22 13:15:15
id:aki73ix No.4

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/07/22 13:09:26

ポイント15pt

おさかなには左右に側線と呼ばれる点線の筋があります。特殊なうろこになっていて、穴があいていて、音を感じることができる細胞に直接繋がっています。ここから音を感じ取っているわけです。

実は、小脳の横にも耳がありますが、こちらは音を感じるのではなくバランスをとるための器官なのだそうで、魚が音を感じるのは側線ということになります(別名:遊離感丘)

id:bluescript

「小脳の横にも耳が」という耳は、耳石のことでしょうか。

ありがとうございます。

2004/07/22 13:19:42
id:simo00 No.5

simo00回答回数1482ベストアンサー獲得回数02004/07/22 13:15:05

ポイント15pt

魚にも耳はあります。音も聞こえます。

ただし、魚には内耳しかありません。

人間には中耳も外耳もあります。

一方、魚には水中の圧力の変化を感じる

側線(そくせん)という器官が体の側面にあります。

音は空気中なら空気の震動(波)であり、水中なら水の震動(波)です。

どれくらいのレベルの音が聞こえるかは、動物によって異なります。

犬は高周波を聞くことができますが、人間は聞くことができません。

id:bluescript

魚の内耳というのは、哺乳類(ヒト)の内耳とは

同じ器官なのでしょうか。

2004/07/22 14:31:43
id:MAO No.6

MAO回答回数69ベストアンサー獲得回数02004/07/22 13:36:35

ポイント15pt

http://kids.gakken.co.jp/kagaku/110ban/text/1227.html

しつもんとこたえ|かがくなぜなぜ110ばん|がっけんサイエンスキッズ

魚の頭の中には、耳と同じ働きをする部分があります。内耳(ないじ)といわれるものですが、この内耳を使って魚は音を聞くことができるのです。また魚の種類によっては、うきぶくろに音をひびかせて、それを内耳につたえているものもいます。

魚はこの内耳以外にも音を感じるところがあります。魚の体の両わきのまん中あたりのうろこをよく見ると、えらから尾の方にかけて点々でできた線があるのがわかります。これは側線(そくせん)とよばれるところです。この側線というのは、おもに水の流れを感じるところなのですが、この側線を使って音の一部も聞いています。

電気ナマズは音を聞くことができないそうです。

外から見ても耳がどこにあるか見分けがつきません。魚の多くは内耳と浮き袋が小骨でつながっていて、浮き袋で受けた振動が内耳まで伝わり、音となって聞こえるわけです。

id:bluescript

魚の内耳はどんな器官に由来しているのでしょうか。

2004/07/22 14:32:45
id:aki73ix No.7

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/07/22 13:49:02

ポイント15pt

http://www.jf-net.ne.jp/hkshiriuchi/2_jiseki.htm

マコガレイの耳石@知内町漁業協同組合

> 「小脳の横にも耳が」という耳は、耳石のことでしょうか

はい、耳石は音を感じる器官ではありません。

つまり、(耳石+側線+感覚受容体)で人間の耳と同じはたらきになります

耳石・・・・三半規管の一部の機能

側線・・・・鼓膜

感覚受容体・・・蝸牛+三半規管の一部の機能

こんな感じですね

id:bluescript

ありがとうございます。

とてもよくわかりました。

ヒトの耳と、魚の耳に相当する器官は、根本的には

違う器官っぽいですね。

2004/07/22 14:34:14
id:kusurino-okyu No.8

kusurino-okyu回答回数336ベストアンサー獲得回数72004/07/22 14:19:24

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/list?op=1&so=0&st=t&c=

人力検索はてな - 質問一覧

魚は音が伝わる際の水中の圧力変化や水の流れの変化を感じ取っているようです。魚の耳は小脳の両側にあって、外側からは見えません。他の動物で言う内耳しか無いのです。内耳の中は非常に複雑な渦巻状で迷路のようになっており、もうひとつの重要な感覚器官である側線を構成する細胞と同じモノで出来ています。この内耳はリンパ液に浮いているものと、鰾と小さな骨で繋がっているものがあります。魚の聴覚を司る最も大事な器官として側線器官(遊離感丘)があります。側線は魚の体表面に、鰓蓋の上端辺りから尾鰭に向かって細い点状の筋が走っているように見える器官で、水中で音波が伝わる際に発生する圧力変化や水粒子の動きを感じ取る事が出来ます。この側線上の鱗は側線鱗と呼ばれる特殊な形状をした鱗が存在し、それには穴が開いており、ここから感覚受容体(音感覚を受容する細胞)に繋がっています。この細胞が刺激される事で、魚は様々な音(振動)を感じっとっています。

id:bluescript

よくわかりました。ありがとうございました。

みなさん回答が早くてびっくりしました。

2004/07/22 14:38:44

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません