狂人のふりをしているうちに実際に狂人になってしまったという事例や、狂人のふりをすることが精神に与える影響を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/24 18:48:07
  • 終了:--

回答(5件)

id:yun_ball No.1

yun_ball回答回数8ベストアンサー獲得回数02004/07/24 19:31:34

ポイント30pt

質問の内容に応えられているかわからないのですが……参考にはなるかもしれません。

もし質問の内容に沿っていなかった場合は、ポイントは無しでかまいません。

id:kowagari

ちょっと狂人から離れてしまってますけど観たくなったのでアリです! ありがとうございます。

2004/07/24 20:16:52
id:hira333 No.2

hira3回答回数133ベストアンサー獲得回数02004/07/24 19:34:16

ポイント10pt

人間は本来、物的存在と云うよりも、心的存在ですから、そのような事があり、そのような影響を受ける、と云うことでしよう。

その辺の分析は、フロイドとかユングにより解析されていると云えます。

それはさておき、狂人のふりをするなんて、楽しいじゃないですか。

標準よりちょっと外れるところに、快感があるのですよ。

ただ、外れすぎて、犯罪と評価される場合もありますから、その微妙な差異を直感で読み取る術が必要ですね。

狂人の振りをすることが、精神に与える影響は有りますね。個人差はありますけれども。

何か新しい発明発見をするためには、ちょっとだけ常識人よりも、違う視点から物を見る必要があるのですよ。

創作の秘訣はそこにあります。

ですから、時により、作家とか芸術家が奇人変人に見られたりするのでしょうね。

id:kowagari

「狂人の振りをすることが、精神に与える影響」っていう言い方が言葉足らずでした。影響ないわけないですもんね。狂人のふりをすることが狂人になる近道になり得るか、ということが知りたいのです。

2004/07/24 20:22:53
id:harubo01 No.3

harubo01回答回数24ベストアンサー獲得回数02004/07/24 20:56:34

ポイント10pt

URLはイメージです。

思考は具現化されるといいますからね。

フリやマネは、そのような自分になると言う事でしょうね。

脳の仕組みです。

ココの先生が存在そのものが思考のなせる技だと・・・。

フリをするとは真似る、いわゆる真似たモノに近づく状況を意味すると思うので、精神に影響する働きは大きいと思われます。

id:kowagari

ありがとうございます。もう少し具体的な研究や著作があったら知りたいです!

2004/07/24 21:31:05
id:iikai No.4

iikai回答回数267ベストアンサー獲得回数132004/07/24 21:07:45

ポイント10pt

徒然草にもそのような下りがあります。

真似をしようと考えた時点で、実はその

精神構造に近づきつつある、ということ

でしょうか。

id:kowagari

この吉田兼好の持論を科学的に実証した研究はないでしょうか?

2004/07/24 21:34:08
id:buyobuyo No.5

buyobuyo回答回数24ベストアンサー獲得回数02004/07/25 03:56:18

ポイント100pt

かなり下の方に、興味深い記事の引用があります。

このイラン人は、一年間佯狂を続けた結果、自分でも不安になってきて告白したそうです。

http://homepage2.nifty.com/ootahiromi/world627.html

HIROLAW&POLITICS(池田小児童殺傷事件の宅間容疑者について思うこと)

犯罪者の中には佯狂を試みる輩も多いようですが、この事例の様に、そもそも狂気を装うことそのものがうまくいかない事例もあるようです。

西丸四方著『狂気の価値』の第IV部がまさに「佯狂」だそうです。私は未読で、確かなことはいえないですが、うまくするとお望みの内容かもしれません。

id:kowagari

非常に参考になりました。ありがとうございました!

2004/07/25 04:07:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません