サラリーマンの定義について、あなたの考えに最も近いものを選んでください。

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代,30代,40代,50代
  • 登録:2004/07/30 08:55:17
  • 終了:--

回答(250 / 0件)

Q01(択一)

給与所得が少しでもあれば無条件にサラリーマンである19
給与所得者のうち、勤務形態が常勤(正社員など)のもの81
給与所得者のうち、専門職(医師、弁護士、税理士など)を除いたもの28
給与所得者のうち、被雇用者であるもの(経営者でないもの)85
給与所得者のうち、男性であるもの12
給与所得者のうち、課税所得が一定額(例:1000万円)に満たないもの2
給与所得が全所得の50%を超えるもの5
給与が無いと生活できないもの8
給与として塩を支給されているもの4
その他の定義(いわしへどうぞ)3
よく分からないが、ポイントください3
合計250

集計

×
  • id:minyakichu
    定義ですよね

    定義として考えていることと、イメージする像は違いますね
  • id:START-END
    私の「サラリーマン」の定義は

    ・組織に属し、その組織から支給される報酬によって生活している。
    ・自分が組織にかけているコストと、自分が組織で生み出している付加価値のバランスを全く意識していない(プラスであろうと、マイナスであろうと)

    以上2点です。

    簡単に言うと「会社員」で「自分の存在が組織の中で赤字か黒字かなんて気にもしない」人です。どちらか一方がかけると、言葉としての「サラリーマン」は当てはまらないですね。
  • id:START-END
    書き忘れましたが

    「その他」に投票しました。
  • id:knorimoto
    お答えいただきありがとうございました

    皆様、お答えいただきありがとうございました。
    こんな身近な言葉をアンケートに致しましたのは、
    http://www.hatena.ne.jp/1091105044
    に答えようとして、
    「果たして自分はサラリーマンなんだろうか?」
    と疑問をもったのがきっかけでした。
    多数派の定義ですと、給与所得者で被雇用者なら
    当てはまるようですから、安心して私もサラリーマンだ、
    と言って構わないようですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません