1年前位に取引先が民事再生法をしました。債権総額が230万位あります。先日、通知書が届き50万以下だったら弁済対象になるとある?受けてしまった方がいいのでしょうか?よくわからないので教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/07/30 11:12:00
  • 終了:--

回答(4件)

id:actual No.1

actual回答回数610ベストアンサー獲得回数12004/07/30 13:02:41

ポイント18pt

これらはいかがでしょうか。

債権の種類により受け入れた方が得かを判断しないと分かりません。再生すれば、(期間が掛っても)全額戻ってくることもありますし、一律カットされることもあります。

id:youkan_ni_ocha No.2

youkan_ni_ocha回答回数379ベストアンサー獲得回数02004/07/30 21:09:05

ポイント18pt

http://www.kkbrain.co.jp/osusume/aoki-t/aoki-t.htm

セミナー講師派遣、講師依頼、講師紹介また講師登録についての相談ならブレーンへ

上手な債権回収

こちらも回収の方法

id:k318 No.3

k318回答回数2622ベストアンサー獲得回数22004/07/30 22:20:20

ポイント17pt

小規模個人債務者(※1)の場合の負債は、負債総額の20%の弁済で免責(※2)が可能。

との文章があります。

http://www.soyokaze-law.jp/106-1.htm

予防法務ジャーナル「そよ風」☆民事再生法スタート☆

id:sami624 No.4

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432004/07/31 08:56:21

ポイント17pt

http://www.sukegawa.gr.jp/keiei/minjisaisei2.htm

民事再生申請会社への対応

質問内容からでは、どのような状況下が把握できないため、適切な回答か否か分かりませんが、法的手続きになっている以上、資産逸脱行為となる行為は、他の債権者との関係上制限されますので、通知人が誰かをよく確認したほうがいいでしょう。安易に受け入れて、残りの債権を放棄したとたんに、回収債権が否認されると、回収が極めて困難になる可能性が高いからです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません