ミロのヴィーナスについて。両手を失ったことによって想像力がかきたてられるという、未完の美ともいえる魅力がある…というような文章を中学か高校の現代文の教科書で読んだ記憶があります。その文章の原書(著者・出版社)を知りたいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/02 14:49:50
  • 終了:--

回答(3件)

id:yrdhx161 No.1

ポチル回答回数62ベストアンサー獲得回数02004/08/02 14:59:13

ポイント15pt

誰の?というのはわかりませんが現国の教科書にのっていましたよね。多分三省堂の教科書なので、それで見てはいかがでしょうか?

id:ida-10

すみません、正確な本のタイトルと著者が知りたいです。

2004/08/02 15:03:49
id:shiho77 No.2

shiho77回答回数113ベストアンサー獲得回数02004/08/02 15:00:48

ポイント40pt

それは「手の変幻」清岡卓行 美術出版社(昭50)

です

この書物がBK1に無かったので参考リンク張っておきます

id:ida-10

これです!ありがとうございます。

2004/08/02 15:04:36
id:sora2 No.3

sora2回答回数105ベストアンサー獲得回数02004/08/02 15:00:58

ポイント15pt

違ったらポイントはいりません。

 に記載されている『習慣論』

(以下URL書籍情報)

もしくは

に記載されている書物のどれかではないでしょうか。

大変アバウトで申訳ないです。

1つ目は大変古い書物なので、教科書に載る際に現代語訳をされている可能性があります。

id:ida-10

これは知ってました。「本」が知りたかったです。これにて終了いたします。みなさんありがとうございました。

2004/08/02 15:05:56

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません