『おつかいで電車の切符を買いに行った少年が、国鉄の職員の横柄な態度に腹を立てる。→

帰り道すがら、お釣りが五円多いことに気付き、悩む。→決断、返しに行く。→職員も今度は照れ笑いを交えながら応対、清々しい気持ちで帰宅し、家族に報告してやる。→ひとしきり話を聞き終えた後、母が話った言葉は「馬鹿だねこの子は。お前に渡したのは十円札なんだよ。」 』
こんな感じのあらすじ(の一場面)の小説のタイトルと著者を思い出したいのです。良く小学生向け国語教材とかに載ってたので、名作の一場面とは思うのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/04 01:49:21
  • 終了:--

回答(3件)

id:kinop No.1

kinop回答回数325ベストアンサー獲得回数22004/08/04 03:38:27

ポイント25pt

http://www.sound.jp/

@sound.jp - 無料レンタルサーバー

URLダミーです。

「なまものの思想」(安岡章太郎:著/角川文庫)というタイトルの本だと思います。確認しましたが、内容がちょうど一致します。

id:hanajiro

そうだった気も…。

いや、なまけものだった気も…。

わざわざご確認して頂きありがとうございます。

とりあえず図書館にでも行ってきます。

質問を続けるべきか…しかしamazonとかのURLとかしかでてこなさそうな気も…。

嗚呼、あらすじ検索みたいなのを所望。

2004/08/04 04:35:56
id:exhum No.2

exhum回答回数24ベストアンサー獲得回数02004/08/04 04:39:16

ポイント1pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4418025111/

Amazon.co.jp: 慈雨: 本: 安岡 章太郎

URLはこの作品が収録されている短編集のアマゾンへのリンクです。

お探しの短編は、恐らく

安岡章太郎『幸福』

かと思います。手元に現物がないので確認できませんでしたが、記憶の限りではこれであっていたはずです。どこか後味にひっかかるものがある佳作という印象があります。

id:hanajiro

古い教科書を引っぱりだすべきか…。

前編を読んでみたいと思ったのですが、本当に数ページの短編のようでもありますね。

2004/08/04 05:15:36
id:exhum No.3

exhum回答回数24ベストアンサー獲得回数02004/08/04 04:50:50

ポイント34pt

すみません、わたしが回答しようとした時にはまだ回答一覧が出ていなかったもので。あらすじをご所望ということで、近い情報を追記しておきます。

Googleで「安岡章太郎」「幸福」「あらすじ」で検索をかけたところ、あらすじそのものではないですが、まったく同じ疑問が他サイトでなされており、その際の質問者が覚えているというあらすじの説明がこちらのものとほぼ同じでした。そちらで出されている結論も

安岡章太郎 『幸福』

とのことでしたので、間違ってはいないかと思います。URLを載せておきましたので、ご参考までにご覧ください。

id:hanajiro

これらに絞って探しに行くことにします。

kinopさん、exhumさんは二度に渡りありがとうございました。

2004/08/04 05:19:02

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません