相談に乗って下さい。独立しようと思っています。あなたはどのようにしてウェブ制作の仕事をとってきていますか?(私個人の特定のお得意様はいません。地方のウェブプロダクションに3年勤め、デザイン、ディレクター、プロデューサーを1年ずつ経験しました。その前はちょっと営業もしていたので、飛込みとかもできることはできます。)SOHOのようなものではなくて、ゆくゆくはウェブで大きな会社にしようと思っています。独立資金は株式会社が作れるくらいはあります。下請けではなくエンドと最終的には仕事をしたいのです。皆さんよろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/11 13:13:08
  • 終了:--

回答(9件)

id:skill No.1

skill回答回数4ベストアンサー獲得回数02004/08/11 13:36:09

ポイント14pt

URLはダミーです。

自分もウェブ製作などの仕事の会社を経営しています。今10人の小さな会社ですがSEM/SEOのコンサルティングやプロモーションのコンサルティングを通じて製作の仕事をクライアントから依頼されています。

会社をはじめた当時は普通にウェブを作るだけだったんですがそのころは仕事をとるのも非常に苦労してました。

営業もしてましたが正直言って効率の良いものではないと思います。

今はウェブを作ることが目的ではなく、ウェブで何をできるか(商品を売るとか会社を認知させるとか)が勝負だと思います。

まずはそういう武器を作ることが重要ではないでしょうか。

一応経験者の声ということでご参考まで。

id:mizuholove

アドバイスありがとうございます。最初はどのようにして受注されたのでしょうか。

2004/08/11 13:41:02
id:aki73ix No.2

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/08/11 13:48:10

ポイント14pt

http://www.hatena.ne.jp/1085618695

会社を辞めて独立しようと計画しています。案件も入り始め、自分的にはやっていけるつもりですが、イマイチ職場を退職する勇気が沸きません。妻と2人暮らし、本当に食べて.. - 人力検索はてな

http://www.itpr.jp/keyperson/keyperson18.html

【株式会社アスキーソリューションズ】やりがいとプレッシャーは紙一重 : ネットPR.JP - netpr.jp -

私は営業ではなく技術系なので直接関係ないのですが、独立時には前職での人脈が必ずといっていいほど仕事を探す上でのキーになっているようです。

独立したものの仕事が見つからない、独立して、前職のお客さんからのつてが非常に助かったなどという話しは必ずと言っていいほど出てきます。

今の仕事先から、お客さんを奪うというわけではなくて、人脈を活用すると言う点で、しっかりと基盤が出来ているか確認できてから独立すれば、機動に乗りやすいのではないでしょうか

後は、信頼性と宣伝力です。信頼は前職からの長い付き合いなどがないとやはり無理ですが。宣伝はインターネットやマスコミのちからを借りて頑張りましょう

独立する上で参考になるのはやはり失敗談です

id:mizuholove

ありがとうございます。なるほど失敗談ですか。人脈はたくさんあるのですが、そこはそことして考えたいと思っています。ビジネスシステムを如何に作るかということで。

2004/08/11 13:51:04
id:Butch No.3

Butch回答回数20ベストアンサー獲得回数02004/08/11 14:06:39

ポイント14pt

http://www.sansokan.jp/akinai/

起業相談、創業相談、経営相談、新会社法ならあきない・えーど@大阪産業創造館(サンソウカン)

URLはダミーです。

現在、私も独立起業を考えています。

ビジネスコアは、IT系のベンチャーやWeb制作会社の営業支援です。

ベンチャーの下請け体質からの脱却をお手伝いしたいと考えています。

もし、お手伝いができるようでしたらご一報ください。

仕事はやはり人脈だと思います。人脈とスキルの棚卸しは必須では無いでしょうか?

id:mizuholove

営業支援ですか。かなり魅力的です・・・(笑)

2004/08/11 14:08:16
id:koda0330 No.4

koda0330回答回数56ベストアンサー獲得回数02004/08/11 14:08:48

ポイント13pt

http://business.rakuten.co.jp/

【楽天ビジネス】ビジネス一括見積・比較サイト!発注・外注探しはこちら

楽天ビジネスは重宝しております。

私はフリーでWebデザインをメインに、一応システム面の仕事もしていました。

私の場合、就職に失敗し、就職活動(SE職)で回った会社の方が、私のサイトを見てくださり、気に入っていただき、色々とデザインの仕事を回してもらえるようになり、そこからひろがり、仕事が回ってくるようになりました。

ですがそれも毎月一定の依頼があるわけではないので、楽天ビジネスで探したりもしています。

id:mizuholove

楽天ビジネス、いいんですね。ありがとうございます。たしか有料でしたよね。

2004/08/11 14:09:37
id:ogrenavi No.5

ogrenavi回答回数161ベストアンサー獲得回数92004/08/11 14:08:51

ポイント13pt

ウェブ制作を行っているものです。

最初は、コネが多かったです。

以前働いていた会社のお得意さま(お得意さま自身だと前の会社との関わりがあるので紹介をしてもらいました)の紹介や、

友人の紹介、インターネットで知り合いになった方の紹介です。

紹介していただいただけでは、仕事はうけられませんから、自分自身の仕事(会社)のポートフォリオ、大まかな見積もりを

用意して、常に持ち歩き、機会があれば、「こういう仕事がうけられます」とアピールしていました。

また、会った方には、過去の仕事の紹介や自己アピール用のURLを付けた、お礼メールをまめに出したりもしました。

こういったチャンスは意外とどこにでもあって、飲み屋でお話した方がたまたま社長だったから依頼されたことや、クラブで知り合った方とコラボレーションしたりと様々です。

仕事を数多くこなすようになった現在では、あまり新規飛び込みをしなくても、お得意さまやお得意さまの紹介でそれなりの量の仕事をいただいています。また、実績が、本・雑誌・デザイン系Webサイトなどで紹介された際には、そこからの仕事も発生しました。

以上、参考になりましたでしょうか。

id:mizuholove

地道に、まじめに、逃さずに。がやはり基本なんですね。とても参考になりました。ありがとうございます。

2004/08/11 14:11:17
id:idetakato No.6

idetakato回答回数212ベストアンサー獲得回数02004/08/11 14:35:21

ポイント13pt

URLはダミーです。

私もウェブの会社をひとつ経営していますが、最初は、映像制作から始め、CD-ROMコンテンツ、そしてウェブと広げてきました。ウェブを

やり始めた6、7年前頃までは、ウェブの製作の知識だけで「御社のホープページ作りませんか?」式で結構仕事が取れたものです。そのうち、どの企業もウェブサイトを構築するようになってからは、単なる「コストセンター」的に捉えるのではなく「プロフィットセンター」としての有効的(つまり儲けを生む)なウェブサイトの要望が急速に高まり、窮地に追い込まれたことがありました。そこで、考え、実践したことは、ウェブ制作会社ではなく、お客様(クライアント企業)の先にいらっしゃるお客様にアピールできるようにしよう。そのためには、クライアント企業のことをもっと掘り下げて接し、改善・提案ていこうと決心し、真のコンサルタントを目指しました。ウェブ制作だけを請け負うのではなく、月一回(平均的なクライアント例)の相手の社長と担当者を交えた「IT戦略会議」なるものを開催して、現状のアクセス数から問合せ内容、次の展示会や営業マターに関する方策等々をウェブとどう絡めて行くかなどを打合わせ、翌月までの1ヶ月間で、実践し、あるいはレポートを提出して決裁を仰ぐなどを行っています。つまり、クライアント企業のことを考えたら、そこの会社の一般社員以上に理解しておく必要があります。今は、中小企業の経営者に向けての講演などもやらせてもらい、そこからまた、顧問先ができています。つまり21世紀型、ウェブを活用したコンサルタントをメイン業務にして、ウェブ制作と更新作業は、「当然おまけでついてくる(笑)」式に業務を行い、本当にお客様に喜んでいただき、かつ安定した実績を積み上げております。また、会社案内パンフやプロモーションビデオ・DVDや、その他プロモーションツール等々も根こそぎ受注させてもらい、トータルでクライアント企業のお手伝いをさせて頂いています。ご参考までに。

id:mizuholove

アドバイスありがとうございます。イメージと近かったのでとても勉強になります。

2004/08/11 14:40:20
id:chiezoh No.7

chiezoh回答回数35ベストアンサー獲得回数02004/08/11 16:02:35

ポイント13pt

http://www.rescue.ne.jp/

CGI RESCUE - ネットサーフレスキューWeb裏技

今回、知人の紹介で何社かWeb製作及びプロモーションの仕事を請け負うことになりました。自分は特別なデザインのセンスを持っているわけではないのですが、知人の会社のWebsiteを趣味で製作していて、SEOコンサルティングもしていたところ、約3週間でGoogleで上位にランクインしました。こうした実績を知った人から一度に5社のweb製作とSEOコンサルティングを任されました。

最初は実績を認めてもらえるようなSEOコンサルティングなどを中心に行うとお客様が広がると思います。デザインは客観的な評価が難しいですが、SEOコンサルティングは明確に数字で出ますから・・・

id:mizuholove

ありがとうございます

2004/08/11 16:12:24
id:skill No.8

skill回答回数4ベストアンサー獲得回数02004/08/11 22:00:58

ポイント13pt

URLはダミーです。先程回答したものです。

最初は、独立前の会社の繋がりと独立前に自分で開拓していたクライアントから仕事をもらってました。

あとは自分たちで販促用のサイトを立ち上げてそこに集客して問合せをもらってました。(SEM/SEOを活用して)

基本的にクライアントがまったくいない状況での立ち上げは苦しいので、特別な商品やサービスがなければ前の会社から受注をもらえるようにしたりしたほうが良いと思います。

たとえば自分たちの場合は案件の大半は大手広告代理店やシステム開発会社からもらっています。うちのSEM/SEOのコンサルというサービスをマージンを払って販売してもらっている状況です。

その場合他社の営業マンがいろいろな会社に売り込みに行ってくれているので自分たちは製作やコンサルの業務に集中できるわけで、サービスのクオリティアップや、業務の効率化などに時間をさけます。

少ない人数の会社なら代理店を使うのは有効だと思いますよ。

id:mizuholove

ありがとうございます。参考になります。

2004/08/12 02:34:49
id:ntakkie No.9

ntakkie回答回数1ベストアンサー獲得回数02004/08/12 23:27:23

ポイント13pt

ネットビジネスの企画/立案のコンサルティングを食いぶちにしている立場からのアドバイスです。

私を含めたネット関係のコンサルタントの多くはご紹介したようなクリエーターのアピールサイトをこまめにチェックしていると思います。そして「これは」と思うクリエーターさんには積極的にコンタクトをとってお客様への提案に参加していただいています。

我々が初対面のクリエーターさんを評価する唯一の情報源がその方の作品ですので、まずは自分の作品サンプルをどんどん公開していくことが大切だと思います。今やWebデザインや制作の仕事は「飛び込み営業=アウトバウンドセールス」で開拓するのは非常に難しくなっていますから「こませ釣り」スタイルで自分をクライアントに紹介してくれるパートナー(多くの場合はコンサルオフィスや企画会社など)にアピールしていくのが良いのではないでしょうか。

アートではなくあくまでもお客様のビジネスの道具を提供する仕事ですから常に「お客様視点」に立つことが大切でしょう。わかりやすさ、受け入れやすさを重視したビジュアルやユーザビリティが必要です。ただ「カッコイイ」「クール」というだけではビジネスにはつながりません。

既に「とにかく我が社もホームページを作ろう」という時代は終わっています。「投資に見合う効果の見込めるサイト」であることが必須条件になっているので単にビジュアル的なクールさだけを追求してもお客様には刺さりません。ビジネスを生み出すソリューションであることがはっきりとわかるような独創的な「仕掛け」や「メッセージ」を創造できれば短期間にビジネスチャンスを開拓できると思います。

id:mizuholove

ありがとうございます

2004/08/17 08:54:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません