日本が国際収支で過去最高の黒字らしいです。

http://www.yomiuri.co.jp/business/news/20040811i104.htm
半年で9兆円ってすごいと思う反面、そのお金が日本に還元されているようには実感できません。これはどこへ消えているのでしょう?
この疑問に答えている本と、該当箇所を大まかに教えてください。
* 読んだことのある本を紹介してください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/12 11:03:49
  • 終了:--

回答(3件)

id:chakurachakura No.1

chakurachakura回答回数123ベストアンサー獲得回数02004/08/12 11:18:27

ポイント35pt

現代国際金融論 (有斐閣ブックス)

現代国際金融論 (有斐閣ブックス)

  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • メディア: 単行本

国際金融読本 (読本シリーズ)

国際金融読本 (読本シリーズ)

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • メディア: 単行本

国際取引ではほとんどがドルで決済されています.したがって,日本人がドルを9兆円分受け取った事になります.

日本人はこの9兆円分のドル全てを円に換えるわけではありません.アメリカの金融商品(国債や投資信託)にそのまま投資したり,アメリカから商品を輸入する代金としてドルをそのまま持っている場合があります.

また,輸出代金を日本国内で使うためにはドルを円に買える必要があります(日本人はドルを国内で使えないからです.給料をドルでもらってもこまりますからね).その場合,企業は銀行にドルを売って,円に換えてもらいます.銀行はこのドルを結局アメリカでの投資に回すか,要らないドルは外国為替市場で売却します.

円高ドル安になると日本企業が困るので,日本銀行が為替介入を行って銀行からドルを買い集めています.結局日本銀行に行き着いたドルを,日本銀行がどうするかというとアメリカの国債などに投資しています.

つまり,日本人は稼いだドルを何らかの形で外国(ほとんどはアメリカ)に投資しています.

id:bookshelves

解説有難うございます。 ちょっと考える材料が出来てきました。

ええっと、9兆円はモノとサービスから得たものらしいですから、日本企業が海外から対価として得たものなんですよね。だとすると、

1.(円に換えた上で)従業員の給料つまり家計に回る

2.儲け分が内部留保として税金に40%とられる

3.金融投資に回っている(特に海外)

という認識でいいですか。 ご指摘は、黒字分は殆どが3に渡っている、ということなんでしょうか。

ちなみに日本銀行は投資をしてるんですか?紙幣を刷れる上に投資もできる。。 その儲けって誰のものになるのでしょうか。日銀の人の給料?

素人の問いですね。 一部でもよいので、こうじゃないかな?と答えられる方は答えていただければありがたいです。

chakurachakuraさん、ありがとうございます。

2004/08/12 11:48:19
id:nbtssk No.2

nbtssk回答回数3ベストアンサー獲得回数02004/08/12 11:35:36

ポイント25pt

http://www.mof.go.jp/bop/p16half1.htm

Balance of Payments of 1st Half of 2004 C.Y. (Provisional)

スティグリッツ 入門経済学

スティグリッツ 入門経済学

  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • メディア: 単行本

 上記はスティグリッツの入門経済学です。御参考まで。

 日本に還元されているようには実感できないとのことですが、下記に示すURLに財務省の国際収支の内訳がありますので、閲覧されてみては如何でしょうか。

 企業の貿易収支が良くなったところで、他の部分がよくならなければ、貿易による利益はリストラ用の費用として消えてしまうのでは?松下が黒字回復したにも拘らず希望退職を継続している理由は何か?そんなことを考えれば答えは見えてくるのではないでしょうか。

id:bookshelves

そうか、リストラの原資にもなりますね。 この場合だと、、そうか、早期退職者手当て分は一応家計に還元されることになりますね。 工場・営業所閉鎖なんかは、ええと土地代や手仕舞いをする国内企業に消えていくわけか。 なるほどなるほど。

URLもありがとうございます。 確かに答えがこれに隠されてそうですね。 項目が何を意味するか把握したい。。

nbtsskさん、ありがとうございます。

2004/08/12 11:54:37
id:SSB No.3

SSB回答回数102ベストアンサー獲得回数02004/08/12 13:22:20

ポイント15pt

国際通貨と国際収支

国際通貨と国際収支

  • 作者: 片岡 尹
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • メディア: ハードカバー

ダミーISBNです。

それって輸出した会社の利益とは異なるのでは ないでしょうか。輸出した金額と輸入した金額を比較したら

輸出金額>輸入金額になったという事で 場合によればダンピングしたりして 本当は原価を割っていたという事も

有りうるのでは ないでしょうか。

id:bookshelves

おっしゃるとおりだと思います。

法人税の対象となるような部分は非常に限定的である気がしてきました。 

9兆円が主に家計に流れているか、海外投資に流れているかはよくわからないのですが、それを含め、本を読んでみて再度考えてみます。 ちょっと質問が茫漠としすぎていました。

SSBさん、ありがとうございます。

2004/08/12 16:46:39
  • id:chakurachakura
    chakurachakura 2004/08/13 10:54:28
    遅ればせながら

    もうごらんになってないかもしれませんが…

    >ええっと、9兆円はモノとサービスから得たものらしいですから、
    >日本企業が海外から対価として得たものなんですよね。だとすると、
    >1.(円に換えた上で)従業員の給料つまり家計に回る
    >2.儲け分が内部留保として税金に40%とられる
    >3.金融投資に回っている(特に海外)
    >という認識でいいですか。

    おおむねいいと思います.
    経常収支黒字として稼いだ外貨は大きく二つにわけられます.
    一つは,ドルのままで持たれるもの.
    もう一つは,円に転換されるものです.

    ドルのまま持たれた部分は,
    そのまま海外の原材料の購入に振り向けられたり,
    金融資産として運用されたりします.

    円に転換された部分はおっしゃられるとおりですね.
    従業員と企業の間で分配し,
    家計と企業がそれぞれの資産選択を行います.
    ただし,重要なのは企業がドルを円に転換するということは
    企業部門から銀行部門にドルが移るだけで,
    基本的には日本人がそのドルを持ち続けています.
    つまり,銀行部門が外国の銀行に預金しているという形態をとります.

    邦銀はドルをそんなに持っていてもしようがないので,
    必要に応じてドルを売りたいと思うようになります.
    投機を別にして普通の取引だけを考えれば
    日本のマーケットではドルの売り手の方がとても多い状態で,
    基本的に地合いはドル安です.
    ドル安になると輸出企業が困るので日本銀行がドル買いを行って
    ドルを買い支えようとします.

    >ちなみに日本銀行は投資をしてるんですか?
    >紙幣を刷れる上に投資もできる。。 
    >その儲けって誰のものになるのでしょうか。日銀の人の給料?

    日本銀行は介入で得たドルをアメリカの財務省証券で運用しています.
    もちろん外国の金融商品ですので為替リスクがあります.
    その影響もあって,確か直近では赤字だったと思います.
    もし日銀が黒字だった場合,その利益はほとんどすべてが
    政府に国庫納付金として納められます.
    通貨発行権を独占していることもありますので,
    そのすべての利益は国に帰属するとの考えに基づくものです.
    一般企業同様納税していると考えればよろしいのではないかと思います.
    直近は別として1兆円ぐらいの納税をしていたと思いますよ.日銀は.
    ご参考までに.
  • id:bookshelves
    ありがとうございます

    今、見ました。 素朴な疑問に丁寧に答えてくださり、有難うございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません