個人で登録したドメイン名を使用していたところ、あるアメリカの有名な会社からそのドメインの使用を停止要求する通知をもらってしまいました。確かに使っているドメイン名はその会社の名前を含んでいますが、登録したときには全く似せようなんていう意図はなく、使用しているサイトも全くの個人サイトでビジネスと関係がありません。弁護士にお願いするという対処方法は費用がかかってしまうので考えられません。これ以外の対処方法はないものなのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/13 08:01:20
  • 終了:--

回答(7件)

id:virtual No.1

virtual回答回数1139ベストアンサー獲得回数1282004/08/13 10:50:37

ポイント10pt

http://www.domnam.jp/

ドメイン名研究所

URLはダミーです。

原則的には取得したドメイン名は悪意に基づいて登録されたので

なければ問題はありません。

対処方法としてはあなたがそのドメイン名を最終的にどうしたいか

をまず決めることです。最終的に突っぱねるか、取得費用を補償して

もらって譲り渡すか、です。

相手もWIPOの調停でドメイン名を取り上げるのにはある程度のコスト

がかかりますのでお話合いと小額の補償で済むにこしたことはない

と思っていることが多いです。

大切なのはこちらに悪意は無いことをアピールすることです。

会社名が提示されていないので判断をしにくいのですが、会社名が

一般的な名前(例えばApple=りんご)ならばこれは一般名称を一部に

使ったドメイン名(例AppleJuice)であると主張すればいいです。

会社名や商標にどんぴしゃなドメイン名でない限り悪意の無いことを

貫けば相手は強いことは言えません。悪意は例えばそのドメイン名を

オークションに高額で出品しているとか該当する会社のサービスに

似たサービスを提供する、あるいはその会社に批判的なサイトを

作っているなどが該当します。もちろん、その会社に高額で買い取る

ことをオファーすることも悪意に含まれます。

そういうことを一切やってないしやるつもりもなければあまり臆する

ことはありません。あとは相手との交渉の手間だけです。

弁護士を立てずともメールのやりとりでお話することはできます。

私は商標がらみのドメイン名で弁護士相手(日本人でしたが)と直接

交渉したことがありますが、論理的に話を進められれば相手もプロ

ですから問題は無かったです。

最後に英語でのコミュニケーションに問題があるようでしたら、

真っ先に日本語でのコミュニケーションを要求することが大切です。

有名な会社だということですから日本語ができる人もいるでしょうし

無理に相手の都合に合わせた方法でコミュニケーションを取ることも

ありませんので。

面倒な事になましたが、状況を楽しむようなくらいの

つもりでリラックスして対応するといいですよ。

id:goodjobtou No.2

goodjobtou回答回数81ベストアンサー獲得回数02004/08/13 08:13:43

ポイント20pt

http://www.nic.ad.jp/ja/translation/rfc/1591.html

ドメインネームシステムの構造と権限の委任(RFC1591)

urlはまぁ、参考程度に。

まず、弁護士についてですが、

・初回相談なら2万円ぐらいですむので

相談はありだと思います。

(その後は成功報酬で凄いとられるのできつい)

なので、ここでリンク集になってますので、これを見てコンタクトをとってみてはいかがでしょうか?

http://www.nic.ad.jp/doc/jpnic-00816.html

JP ドメイン名紛争処理方針

jpドメインの場合の見解を参考に。

id:jishiha

回答ありがとうございます。2万円といえども個人としては大きな出費です。「弁護士なしで自分で解決する」なんて方法はどだい無理な話なのでしょうか。なお、取得したのは com ドメインです。

2004/08/13 08:28:01
id:Z9M9Z No.3

Z9M9Z回答回数343ベストアンサー獲得回数112004/08/13 08:17:10

ポイント20pt

http://wwwsoc.nii.ac.jp/pilaj/

国際私法学会ホームページ

もうされていたら蛇足で申し訳ないんですが、返事というかこちらからの要求を書いて送るのが第一だと思います。「似てると主張できるかもしれないが似せる意図はなく、このまま使いたい」と主張するとか、「似てないとそちらが許容するのはどこまでか」と聞いてみるとか。まずは双方の要求を当事者同士で交換すべきと思いますので。

ひょっとして要求の中身がかなり高圧的だったりしたのでしょうか。国際的な権利衝突の解決は普通かなり困難、逆にいうと先方からの強制的や即時的な手段は難しいはずですので、焦る必要はないと思います。よい解決に至ることをお祈りします。

id:jishiha

回答ありがとうございます。要求を英語で書いて送ることになりますが、そうした要求文書を個人が弁護士の助けなしで送れるものなのでしょうか。テンプレートのようなものが載っている Web サイトがあればいいのですが。

2004/08/13 08:42:19
id:k318 No.4

k318回答回数2622ベストアンサー獲得回数22004/08/13 08:28:42

ポイント20pt

http://www.nic.ad.jp/ja/drp/index.html

ドメイン名紛争処理方針(DRP)

裁判や仲裁とは異なる新たな紛争処理手段として策定されたJP-DRPの手続きに関する情報です。

id:jishiha

回答ありがとうございます。ただ、私が登録したドメイン名は com ドメインなのです。

2004/08/13 08:43:20
id:Z9M9Z No.5

Z9M9Z回答回数343ベストアンサー獲得回数112004/08/13 08:59:13

ポイント10pt

http://www.diyer.com/info/english/eletter.html

海外のオンラインショッピングとネットオークションの個人輸入情報センターです!

上記サイトの請求文書とか、なにより届いた要求文書がいいテンプレートになると思います。相手の要求を一部でも認めたり(私も少し似ているとは思うとか)、あやまったりする(Excuse meとかI’m sorryとか)ような文言は、少なくとも初回の手紙では入れないように気をつけて、質問と自分の主張したいことだけをビジネスライクに書くようにしたらいいと思います。

言質をとられることを気にされているかもしれませんが、まず一往復した後に考えることで、まだそういう段階でもないと思われます。

最初の返事はわざと少々つたない英文にしておいた方が、後でなんとでもなるかもと思うのは、甘いでしょうかね。

id:jishiha

回答ありがとうございます。

>>まず一往復した後に考えることで

そうですね。まずは始めの一歩を踏み出してみないと何も始まらないですものね。

2004/08/13 10:48:20
id:k318 No.6

k318回答回数2622ベストアンサー獲得回数22004/08/13 09:14:01

http://arbiter.wipo.int/domains/

WIPO Arbitration and Mediation Center

http://www.nic.ad.jp/ja/drp/index.html

ドメイン名紛争処理方針(DRP)

の中に、.comに関する紛争の申立は、ICANN の認定した紛争処理機関で受け付けますとの記述があります。

http://www.icann.org/dndr/udrp/provider-approval-process.htm

ICANN | Approval Process for Providers for Uniform Dispute Resolution Policy

ICANN の採択した UDRP に基づき、ドメイン名の紛争処理手続きを行う場合には、ICANN からの認定が必要になります。その認定に必要な手続きを示した情報です。

id:jishiha

回答ありがとうございます。すでにこちらのリンクには目を通しています。

2004/08/13 10:49:34
id:yamasann No.7

yamasann回答回数28ベストアンサー獲得回数02004/08/13 10:37:05

ポイント20pt

まず、ドメイン名に関する紛争処理方針を確認されるのがいいと思います。

簡単に言えば、申し立てする人(アメリカの会社)が登録者(jishihaさん)に対して正当でないことを証明する必要があります。

上記をふまえて、JPNICにJP以外のドメイン名についてということで問い合わせしてみるのがよいのではないでしょうか。日本語も通じるし、お金もかからないはずですから。

id:jishiha

回答ありがとうございます。

2004/08/13 10:51:01
  • id:virtual
    円満解決をお祈りしてます

    jishihaさん、ポイント送信ありがとうございました。
    Yunyさん、回答オープンありがとうございました。

    大きな有名な会社では交渉事に社長は出て来ることは無く、案件の大小に
    かかわらず弁護士が出てくるものですので弁護士を相手にするということ
    そのものに臆することはありません。
    円満解決するといいですね。がんばって下さい。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません