心霊、超能力、オーラ、レイキ…などなど(これらはいっしょくたにして良いものではないかもしれませんが、ここでは便宜上まとめました)、一般に「超常現象」のような形で捉えられているものを信じている方にお尋ねします。


それを信じるに至った経緯、というか、何をきっかけとして信じるようになったのか、もし宜しければ聞かせて下さい。

私自身は中立的な立場です。
実体験したことがないので心から信じているわけではありませんが、私の理解を超える現象が世の中にあっても不思議ではない、と思っています(極端な話、江戸時代の人にしてみれば「電波」だって超常現象みたいなものでしょうし…(^_^) )

なお、何かの調査とか取材とかではなく個人的な興味ですので、気軽にお答え下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/15 00:23:01
  • 終了:--

回答(17件)

id:Idea-Marathon No.1

Idea-Marathon回答回数719ベストアンサー獲得回数02004/08/15 00:39:42

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1086310136

はてなの百物語をお願いします。 幽霊遭遇、見た、感じたの体験をお願いします。(実体験・実体感) 出来れば、見た場所(都道府県)もお願いします。 伝聞のお化けや、お.. - 人力検索はてな

上記はてな百物語の1をごらんになってください。

私は、

(1)祖母が死ぬとき、海外で分かった。

(2)父が死んだ後、圏外の山の中で、誰も番号を知らないポケベルと携帯が鳴り出した。

(3)猫のたたりにあった人の世話をした。

(4)ヨメサンが三男を生むときに、海外で分かった。

などの体験があり、周りで実証されています。

http://www.hatena.ne.jp/1088204283

輪番はてな百物語第二弾恐怖体験求む 「はてな百物語」収集委員会?による、身の毛のよだつ不思議実体験募集、第二弾 始めます。 http://www.hatena.ne.jp/1086310136 (mo.. - 人力検索はてな

上記は、百物語の第二弾です。

id:rionissleeping

興味深いURLを教えていただき有難うございます。

私は残念ながら霊感的なものを授からずに生まれたようで、そういった経験を一度もしていないのです。

2004/08/15 00:47:22
id:ryohu No.2

ryohu回答回数990ベストアンサー獲得回数12004/08/15 00:42:19

ポイント12pt

http://www.trendmicro.co.jp/support/vb/

ウイルスバスタークラブ | サポート : トレンドマイクロ

ダミーです。

私は、とっても怖がりで、怖いテレビは一人で見れないうえに、

心霊現象の再現VTRのように、にせものとわかっていても怖がりですが、

小さいときの実体験を何度もおばあちゃんに聞かせられたので、心霊現象は信じています。

というのも、私は、まったく覚えがないのですが、

幼少の頃は、感受性がかなりするどかったらしく、祖母を大変悩ませていたそうなんです。

両親が離婚して、離別してから祖母に育ててもらっていましたが、

祖母は、何度も私をお払いに連れて行ったと聞かされました。

小さい頃は、誰もいないところで

私は、よく誰かと話していたそうですが、

10歳のとき、毎日、夜中の同じ時間に急に泣いて起き上がり、歩き出したことがあるそうなんです。

それも、壁に向かって歩き出して、壁にぶつかってもそのままぶつかりながら歩いていたそうで、

祖母が、近くにすむ霊能者の人に私を連れて行ったところ、

「海で死んだ先祖の霊が呼んでいた」

と言われたそうです。

その後、お払いをしてもらい、お墓参りにいったところ、ピタリと収まったようです。

祖母の祖母が、巫女さんらしく、

遠縁に当たる人がその巫女さんを継いでいるそうですが、

その血筋が少し残っていたのでは?

とも言われましたが、

今では、さっぱりそんな力があるとは微塵も感じません。

でも、6月にその祖母が急に亡くなったのですが、亡くなる前日に、病院で危篤状態だったのに

当時嫁ぎ先にいた、私の前に

白い服を着て、す〜〜と10mくらい先の廊下を通り過ぎていきました。

夢ではなく、はっきりと起きているときでした。

祖母だ!!と確信しましたが

ぜんぜん怖くなかったです。

それから、まもなく祖母は息を引き取りました。

でも、あいかわらず、怖いTVは、怖いので見れません。。。。

id:rionissleeping

貴重な体験談をお聞かせいただきありがとうございました。

私は一度、寝ている時に金縛りにあい、その背後から非常にリアルに父の呼び声が聞こえてきたことがあり、これは絶対何かある!と慌てて母に話したのですが、その翌日、父がピンピンして出張から戻ってきました(苦笑)

あ、でもそういえば、ヒーラーという人に私のオーラなるものを触られた時、全身の血が沸き立つような不思議な感覚を味わった事はあります。

この世にはまだまだ科学で解明できないことがたくさんあるのでしょうね。

2004/08/15 00:49:56
id:aki73ix No.3

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/08/15 00:57:19

ポイント12pt

http://www.jodo.or.jp/

浄土宗ホームページ

基本的に信じていますよ。

ただ、個人的に霊気があるとか霊感が強いとか言ってる人はちょっと胡散臭いかなと思ってますが(^^;

うちの遠い親戚がお寺なんですが、誰もいない部屋で勝手に木魚がなったり、風も無く、動かないはずの仏前のカーテンが巡礼で大きく舞い上がったり。霊的なものなのか、神様がいるのかはよく分からないのですが、人智を超えたものの存在が何かあるのは確かなんだろうなと思うようになりました。

だから、少なくとも、人間正直に生きないと、どこかで罰が当たると思っています

う〜ん、でも街中で手をかざしてくれる方に出会うと、やっぱり逃げてしまいますね(^^;

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022578882/249-7869202-...

Amazon.co.jp: みみずくの夜メール: 本: 五木 寛之

そういえば、朝日新聞に「みみずくの夜」を連載されてる五木寛之さんは気の力で腰痛を治したとか言ってましたね

こういうのも、分類に入るんじゃないでしょうか?

http://www.asunet.net/emon/

絵門ゆう子のメッセージ−ゆっくり生きよう

あと、がんとゆっくり日記を連載してる絵門ゆう子さんも、元「気」で癌と戦ってるわけですから、例えば、一度余命を宣言された患者が奇跡的に回復することなんていうのは、何らかの「気」の力が働いているんだと思います

id:rionissleeping

貴重なお話をありがとうございます(^^)

>誰もいない部屋で勝手に木魚がなったり、風も無く、動かないはずの仏前のカーテンが巡礼で大きく舞い上がったり。

人に「魂」というものがあり、それが何らかのエネルギーなのだとしたら、そういう現象が起こるのも不思議ではないですよね。

>気の力

「気」というのは私も分かる気がします。

「手当て」といって、たとえばお腹などが痛い時に痛む場所に手をあてると痛みが和らぐとか、そういうことなら実体験があります。

個人的には「気」という何かを放出する、というより、意識を集中する事で自分自身をコントロールする技術なのかと解釈していました。

なので、「気でモノを動かす」というようなのは、実際にこの目で見ないとちょっと信じられない気がしていますが。

2004/08/15 01:08:16
id:muu0401 No.4

muu0401回答回数52ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:08:36

ポイント12pt

体験談・・・というか、私自身のお話ー

えーっと、信じるというかそのレベル超えちゃってます。

そういう第六感の範囲が結構強いようなんです。

一般に言う幽霊とか心霊の類ですね。私見えてます(^^;

予知夢(正夢)とか占いとかも一つの超能力? 今は趣味でそれやってますが、「なんでそんなにわかるのさ」と言われる始末。

閑話休題

幽霊のお話。幼稚園のころのお話。

背後霊レベルのものは私は見えませんけど、地縛霊とかの類は見えます。

で。

一度 慰安碑にいったことがあるんですが、真夏の昼間にいったのに悪寒走る震える冷や汗等々。よく見たらかなり浮いてて・・ここは悪い場所だ、っていうのが分かるんですよ。

その直後に憑かれて倒れたんですけど、「何か変なのが後ろ憑いてる(親には付いてると取られた)」って祖母に話したんです。そしたらすぐにお寺参りつれてってくれて。

神主さん曰く憑いてると。

数日寝込みましたが、その後から幽霊は居る、目に見えない物だってあるんだって思うようになりました。

その後独り言が多くなったとか。私にしてみれば一人じゃなかったんですけどね。

理解できない物がすべて不可思議なものですよね。不可思議な物が全て超常現象とは言いませんけど、そういうのもあって良いんじゃないかなと思います。

id:rionissleeping

貴重なお話をありがとうございます。

そういえば以前勤めていた酒場のオーナーと学生バイトの女の子も「見える」人で、お客さんが来る前には、よくそういう話をしてました。

「このビル多いね」「今日はあそこに5人くらいいる」とか。

> 理解できない物がすべて不可思議なものですよね。

本当にそう、私もそう思います。

2004/08/15 01:13:25
id:moli-xiong No.5

moli-xiong回答回数127ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:16:35

ポイント12pt

URLはダミーです。

経緯やきっかけは特にありません。物心ついたときには、そういうものも存在する、と思っていました。宗教についても同じです。自然に手を合わせる習慣が身についていて、神様はいるかいないか、ということすら、大人になるまで考えたことがありませんでした。

超常現象は、お金モウケのために、にせものをテレビなどにさらして、人を怖がらせたり不思議がらせたりすることがありますが、それ以外は「存在する証拠」も「存在しない証拠」もないものですよね?目に見えないもの=存在しない、というのは、科学的に考えてもおかしな話ですよね?でも、「科学で証明されていない目に見えないもの」を信じられるかどうか、は科学云々ではなく、心の持ちようではないかと思います。

私はおばあちゃんっ子だったので、割合、非科学的に育ってしまいました。その分、今、超常現象を科学的に証明することに興味が湧いています。でも、心に訴えかけてくるような超常現象に出会うと「そんな証明は必要ないかもしれない」と思ったりもします。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます。

>、「科学で証明されていない目に見えないもの」を信じられるかどうか、は科学云々ではなく、心の持ちようではないかと思います。

ああ、これはとても素晴らしいご意見です。

目からウロコが落ちるような気持ちになりました。

要するに、「ある人を好きになるかならないか」というのと同じレベルで

「目に見えないものを信じるか信じないか」を論じるということですね。

言われてみればもっともです。

「ある人が好き」という気持ちを、第三者が「そんな人を好きになるなんてありえない」と

否定するのがナンセンスなのと同じように、超常現象を信じる気持ちを否定するのもナンセンスです。

中立的と書きましたが、より仔細に自分の気持ちを分析すると、「そういうものが実在して欲しい」

という一種の憧れのような気持ちを抱いているような気もします。

そして、そういう体験を出来る人に嫉妬に近い思いを持っているかもしれません。

2004/08/15 01:26:41
id:ultra2yone22 No.6

ultra2yone22回答回数8ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:22:44

ポイント12pt

http://www.j-inagawa.com/

怪談でお馴染み 稲川淳二公式サイト

urlはダミーです。すまそ^^;。

自分の親戚を含めた一族の話です。長くなるので簡潔にまとめますが・・・。

かれこれ自分の代で25代目になりますが

本家の5代目(自分は分家ですが・・)のときにあることがあり・・・(5代目が双子で兄の嫁と弟が恋仲になり、弟の嫁と兄が恋仲のクロス関係になってしまったらしく兄嫁が嫉妬深く、自分の事は棚に上げて兄の心臓を一刺し、自分も心臓を刺して自害し、弟が世継ぎをしましたがそれ以来本家の当主は心臓の病でこの世を去っています。不思議な事に、未だに5代目の位牌が見つかっていません。親戚の間では(私を含めて)位牌が見つかれば本家の当主の呪いが解けるのでは?と10年前から捜索中ですがまだ見つかってません。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます(^^)

とても不思議な話ですね…。

それにしても、貴方で25代も続く由緒正しいご一族ということだけでも、なにやら畏敬の念を抱いてしまいます。

私にも、当然ながらたどれば先祖はいるのでしょうけれど、ジプシーのような父から生まれたため「先祖」というものに対する縁が非常に薄いです(^^;

関係ないですが、ダミーのURL渋いですね(笑)

2004/08/15 01:31:22
id:u_u3 No.7

u_u3回答回数13ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:23:39

ポイント12pt

ツアコンをしています。あちこちで色々な霊体験をしてきましたので、信じざるを得ません。URLは私の体験談になるのですが

よかったら読んでみてください。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます。

HP拝見致しました。

心霊スポット、というのがありますけれど、やはりそういった現象が起こりやすい場所というのがあるのですね。

だとすると、そういう場所というのはひょっとすると、いわゆるパラレルワールドのようなものが、現次元と近くなっている場所なのかな、なんて想像してみたりして…

もちろん、何らかの理由で成仏しきれない霊が集まっている場所、という解釈もありえますけれど。

ちなみに、乳母車をカタカタさせながらものすごい速さで走るお婆さん、想像すると笑えますけれど、実際に遭遇したらそれはそれは怖いでしょうね(^^;

2004/08/15 01:37:04
id:nagisa00a No.8

nagisa00a回答回数25ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:33:23

ポイント12pt

http://homepage3.nifty.com/Daiou3/VOL5.html

VOL5:ネッシー特集その1

質問文には挙げられていませんが、

UMA(未確認動物)とかUFOの話が特に好きです。

ネッシーはさすがにいないと思っていますが(^^;

いたらいいなと思う派(?)です。夢があるので。

信じるに至った経緯は・・・

小さい頃にそれ関連の本を読んで、興味を持つようになりました。

心霊については、怪談を聞いてブルブル怖くなるのは、

霊の存在を信じていると言わないまでも

否定できていないからだと思います。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます。

UMAにUFO、私も結構好きです。

「思わぬところに自分の知らないことが!」という状況が好きなのかもしれません。

学生の頃には、「学校を探検していると、思わぬところにヒミツの入り口があって……」という夢を良くみました。すごくドキドキするんです(笑)

2004/08/15 01:39:03
id:Erinna No.9

Erinna回答回数35ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:51:54

ポイント12pt

URLはダミーです。

小さい頃から、(超…ってつけるのもアレなのですが)能力というのはあるもんだなーと何となく思っていたのですが、中学一年の夏に交通事故に遭った時、車に跳ねられそうになった時、たまたまフッと自分の身体がボンネットの上にちょこっと座るような形で乗り、無傷ですんだ、という事がありました。

それが切っ掛けになったのかどうかわかりませんが、自分や他の人にも潜在的に能力がある、というようになったんだと思います。

id:rionissleeping

興味深い体験談をありがとうございます。

そういえば、私にも似たような経験がありました。

火事場の馬鹿力なんていいますが、自分の身を守るための力が生き物には備わっているのかもしれませんね。

2004/08/15 11:00:28
id:lareine No.10

lareine回答回数17ベストアンサー獲得回数02004/08/15 01:56:17

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1092496981

心霊、超能力、オーラ、レイキ…などなど(これらはいっしょくたにして良いものではないかもしれませんが、ここでは便宜上まとめました)、一般に「超常現象」のような形で.. - 人力検索はてな

URLはダミーです。

私は霊などは見たことはありませんが、人の死期(一般的に虫の知らせ等呼ばれているもの)がわかります。

身近な間柄のみですが、3歳のころ祖母、小学生のとき同級生・父親、中学生のとき従兄弟、高校のときには叔父の死期がわかりました。

何か胸騒ぎがして急にその人に会いたくなるのです。

実際会えるのですが胸騒ぎは収まらず、次の日には全員亡くなっています。

偶然かもしれませんが・・・^^;

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます。

うーん、それは切ない力ですね。

私の身内にも予知夢を見る人がいるのですが、予知した未来を変えることができないので辛いと言っていました。

2004/08/15 11:02:05
id:niago No.11

niago回答回数32ベストアンサー獲得回数02004/08/15 02:10:18

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1092496981#

心霊、超能力、オーラ、レイキ…などなど(これらはいっしょくたにして良いものではないかもしれませんが、ここでは便宜上まとめました)、一般に「超常現象」のような形で.. - 人力検索はてな

昔、自分でダウジングを試してみたら何でも百発百中当たったことがあって(人に隠してもらった物の場所をあてる)、「あ、これは何かあるな」と思いました。いまはあたりませんけど。

いまの自分の立場は中立です。存在するかしないかと言う問題じゃなくて、多くはたぶん解釈者側の問題なんじゃないかと。同じ物を見ても、霊を信じている人にとっては霊のしわざになるし、科学者は科学的に説明しようとする。どっちが正しいかは究極のところではわからない。いや、人間は解釈なしに物事を理解することはできないので、ホントの「真実」など問題にできない。

以上、哲学的になってしまいましたが。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございました。

>いや、人間は解釈なしに物事を理解することはできないので、ホントの「真実」など問題にできない。

これ、真理ですね。激しく同感します。

2004/08/15 11:03:12
id:kinop No.12

kinop回答回数325ベストアンサー獲得回数22004/08/15 02:19:52

ポイント12pt

http://www.sound.jp/

@sound.jp - 無料レンタルサーバー

URLダミーです。

私も中立的な立場でいたいのですが、

霊体験のようなものはあります。割に多いですが、神聖なものと考えるに至ったので、書けそうな話を書きます。

霊とか金縛りとかそういうものがあるという事を知らない年齢のときに経験しましたので超常現象はあると思うようになったんです。

月が赤くて和室のふすまで3つの部屋が連なっている中央の部屋で寝ていました。

奥は親の部屋で、アナザーサイドの部屋は押し入れというか狭い多目的収納用という細長い四畳の部屋でした。「ああ、今日は月が赤いなぁ珍しいなぁ」くらいで特に意識もしていなかったのですが、夜中に起きると、狭い方の部屋のふすまが空いています。それで、その部屋も一応は小さなマメ球だけはついていたので、何があるのかくらいは分かりました。それで、よくみると、右から左へ、左から右へと人らしきものがスーッと移動していくのを見ました。何度も往来しているようでした。怖くて親のところへ行こうとしたのですが、声が出なくなっていて、しかも動けません。正確にはなんとかはいずって親のところへ行ったのですが、ここは父親に頼むしかないと思い、父の方の布団をめくると、大きな鳥がよこになっていました。それで、母親の方へいくと怖いから寝ましょうねとそのまま朝になりました。母は、そんなことは言っていないといいました。動けなくなり、声が出なくなるのは後に聞くとこれが金縛りと知るのですが、夜中に往来したその正体は今もって謎です。しかし、それ以来その部屋では見ないようになりました。あまり怖がりでないのかもしれないですが、今ではその部屋が私の部屋で平気で寝ています。ある意味逆に怖がりだから見られないようにしようという意識が働いてるのかもしれません。家の中ですから、家系に関係する霊だと推察しますが、外にでてみると、うちの集落には40年に一度のお寺での鐘打ちという小学生前後の子供しか許されない鐘打ちの歌と鐘打ちを豪華な着物を着て、お寺の本堂とお墓を舞台にして打ち鳴らす風習があります。それを大成するには2ヶ月ほど練習したと思います。毎晩11時すぎまでこの稽古があって、その11時すぎた稽古の後、帰り道の公園で滑り台の上に女の人が座っているのが見えました。懐中電灯で照らしてみんなに知らせましたが、みんなもみましたけれど、消えました。父兄も震撼する出来事でしたが、どこかの人だろう、そんなこともあるさで終わりました。そして、本番の日は何事も無く鐘打ちは終わったのですが、お寺の方が記念にとたくさん写真をとっていたのですが、何枚も別々の白い老人(近所で見かけたことがないという話)がそこかしこに写っていました。半分蒸気というかそういう感じです。全員での集合写真では親友の左肩に白くおじいさんが写っていました。年寄りが言うには先祖の霊だとのことで、集団規模でそういうものをみるというのは初めてでした。その親友は性格のよい真面目な子でしたが、ある日、ジャイアン的な子と私と、その子の家に遊びに行ったとき、私だけ帰り始めると、なぜか二人が喧嘩になったようで言い争いの声がしたのですが、その後すぐに二人の悲鳴が聞こえました。何事かと急いで戻ると、二人が家の屋根の上にみたこともないおばあさんが座っていてそれで喧嘩も忘れて叫んだようなのです。駆けつけるといませんでした。喧嘩をいさめに来られたのでしょう。鐘打ちの時の神霊写真か先の屋根上のおばあさんか忘れましたが、無くなった方の写真を代々撮られていて、その中に酷似した人がいたそうです。私は科学を言ってみれば宗教のように思っていましたが、身の周りで数学的に証明がつくと得心している世界で生きていて、はたと気がつくのは全て数学で証明できる世界であることの方がおかしいのではないかという気がします。数学で証明できることは全て正しいということを数学で証明できるのかというとこれも無理やりこじつけのような気がします。そういうわけで、超常現象、あってもいいと思うようになりました。

id:rionissleeping

貴重な体験談をお聞かせ頂きありがとうございました。

何人かが同時に同じ経験をする・同じものを見る、ということになってくると、単に見る人の心理状態だけで説明できなくなってきそうですね。

何十年、何百年かすると、そういった現象も、現在の科学のような形で「当たり前のこと」として解釈されるようになるのかもしれません。

2004/08/15 11:07:36
id:TakamiChie No.13

高見知英回答回数59ベストアンサー獲得回数02004/08/15 02:35:12

ポイント12pt

 とりあえず上のURLは関係無しです。

 わたしは霊体験などとはまったく縁がないのですが、

いわゆる超常現象の類は、信じています。

きっかけは・・・、

ゲーム好き→魔法に興味を抱く→魔法や超常現象の本を良く読む といった流れでしょうか。

ゲームに必ずと言っていいほど出てくる魔法、

「人間は実現不可能なことは思いつかないようにできている(わたしの中学校の先生の口癖のようなものですが)」とも言うし、

個人的に、ゲームは必ず現実をベースに作られているので、ゲームにあることは完全ではないけど、実際にある(もしくはあった)と思っていますので、

やっぱり、大元があったのではないか?ということから、

魔法に関する本などを読んだりしてきました。

魔法というのは超常現象とはちょっと違うかもしれませんが…。

 しかし、実体験というか分かりませんが、オーラというか、

人間の本来の力による、科学で証明し得ないことというのは、一応体験がありますよ。

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/4100bad87375d0...

オンライン書店ビーケーワン:魔法事典

 この本によると、プラシーボ効果の類だとは思いますが、

何というか、精神を集中して、あってほしいこと(怪我に早く治ってほしい、〜な性格になってほしい etc...)を、魔法の呪文風に唱えたりすると、

少しずつあってほしいことがかなうような感じはあります。

実際に出血するような怪我も、これをすると血が止まるのが早くなったり、あとはけっこう性格も変わりましたしね。

あとは以前、雨が降っているときに「晴れてほしい」なんて唱えて、実際に晴れたと言うこともありますね、

偶然だとは思いますけど、何度かやって成功しているので、どうも…という気はします。

 あう、なんかわたし、これだけだとかなり危ない人みたいに見えますけど…^^;

一応人前でやって問題のあることはしていません、変わった人といわれるようなことはやっていますが(^_^;

 まあ、冗談抜きで、まじめに言うと、

わたしは証明しきれないものは、信じきりもしないし、信じないわけでもないというつもりでいます。

できれば、それを証明して、心からこれを信じたいものですけどね。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます(^^)

きっと私と同じようなスタンスの方なのだと思います。

「こうあってほしい」と願いつづけるとそうなる、というのは、実際あるようですね。

考えてみれば、痛みを生じさせているのも治癒をうながすのも自分の「脳」ですから、その脳をいわば”操る”ような状態を作ることができれば、自分の体をコントロールできるのかもしれません…

>「人間は実現不可能なことは思いつかないようにできている」

これは鋭い洞察ですね。

呪文、魔法、まじないetc、所変われど同じようなものが世界中にあるということは、やはりそれに類する何かが実在するということかな、と思います。

もしくは、実在するのは魔法ではなく、「魔法が会って欲しい」と願う人間の意識、なのかもしれませんが(^^;

2004/08/15 11:12:31
id:TomCat No.14

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152004/08/15 02:45:28

ポイント11pt

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

◆まず心霊。

 というより「たましい」と言った方がいいのかなと思いますが、

 これはあると思います。

 子供の頃、道ばたで猫の遺体を見つけました。

 大きく口を開け、とても苦しそうな様子で絶命していましたので、

 そのままの姿をさらしておくのにしのびなく、

 一緒にいた友達と相談して近所のお店で段ボール箱をもらって

 その中に入れて、家の庭に埋めてやることにしたんです。

 友達が箱をもらいに行ってくれたので、私は猫のそばに行って、

 もう恐くないよ、ちゃんと埋めてやるからなと声をかけると、

 それまで苦しそうに大きく開けていた口がスッと閉じました。

 え?生きてるの?とビックリして抱き上げてみると

 やっぱり体は固くなっていて体温もなく、

 どう見ても生きていません。

 しばらくして友達が、その猫お店屋さんの猫だって、

 と言いながら、お店の人と一緒にやってきました。

 お店の人は、悲しいけど安らかな顔でよかった、

 と言いながら猫を抱いて帰っていきました。

 あとで友達と、おそらく魂が安心して苦しくなくなったんだね、

 などと話し合いましたが・・・・。

 これが、魂はあるんじゃないかと思った体験です。

◆超能力

 これは中学生の頃。

 ひとつ上にかなりヲタクの先輩がいて、

 後ろ向きにスプーンを投げると曲がる超能力があると言うので

 調理室に忍び込んでスプーンを持ち出して投げて遊んでいました。

 すると不思議なことに1本だけわずかに曲がった気がしたので、

 もう一度調理室に忍び込んで、今度は鉄のフライパンを持ち出してきて、

 それを強く念を込めて投げてみたところ、

 鉄製の取っ手の所がぐるりとねじれて「の」の字に曲がりました。

 やべえ、もう返せないとフライパンを隠して逃げましたが(笑)、

 あれは確かに落ちた衝撃で曲がったものではなかったと思われます。

 これが超能力はあるんじゃないかと感じた体験です。

オーラやレイキはよくわかりませんが、

まだ科学的に解明されず、現象だけが確認されている、

というものは世の中にたくさんあると思いますので、

そういうものが存在してもおかしくはないだろうなと思います。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございました(^^)

貴重な体験談をお聞かせ頂き大変参考になりました。

2004/08/15 11:14:04
id:hanako0310 No.15

hanako0310回答回数127ベストアンサー獲得回数02004/08/15 02:48:34

ポイント11pt

URLはダミーです。

私自身、ずっと霊などは見えなかったのですが、会社にはいってできた友達が霊感が強く

初めて友人と彼氏を会わせたといに、私も知らなかった彼氏の無くなった兄妹のことを

言い当てたときに、そういう力とか霊等あるのかもしれないと思うようになりました。

どういう服を着て、どういう髪型で、何を持っている何歳くらいの女の子が見える。

という形で伝えられました。

実際には霊能力の強い友達が見た女の子は妹だったのですが、亡くなったときよりも何年

か前の記念写真の服装だったみたいです。

それが彼氏の中で妹のイメージとして強く残っていたため、映像のように伝わって見えた

だけなので、実際の霊体自体が見えているわけではないのだそうです。

でも、お墓参りに何年も行っていないこと、どんなジュースやお菓子が好きだったのか等

すべて言い当てられ、お墓参りに行くように勧められました。

その彼氏と結婚したのですが、結婚して数年してから、義母が友人が言った通りの服装や

髪型の妹の写真を見せてくれたときにはゾッとしました。正直ちょっと怖かったです。

彼氏自身が幼少期に亡くなった妹のことは周りにもほとんど話したこともなく、小学校時代

からの友人ですら、妹がいた事実は知らないのだそうです。

それなのに、すべて言い当てるというのは、やはり霊感というのはあるのだと思います。

そして、霊も存在すると確信しました。

また、数年前に私自身が病気で生死をさまよってから、オーラのようなぼんやりとした色が

友人などの周りに見えるようになりました。

最初は目がおかしくなったのかとも思いましたが、なんとなく未来がわかるときがあります。

これから先うまくいくのか、あまり展望はないのか、などのあいまいなものなのですが。

病気が完治し、あまり生死と関係なくなってくるにつれ、あまり見えなくなってしまったの

が少し残念です。

id:rionissleeping

貴重な体験談をお聞かせ頂きありがとうございました。

相手の中に残るイメージが見える、というのは、京極夏彦の小説に登場する榎木田探偵のようですね。

個人的には、霊そのものが見えるというより、こういう「人に付随するイメージに共鳴する」といった状況のほうが理解しやすいです(^^)

2004/08/15 11:19:21
id:Yuny No.16

ねがい かなみ回答回数953ベストアンサー獲得回数132004/08/15 03:31:45

ポイント11pt

http://www.bonodori.net/sekai/OBON3.html

お盆入門3「3つのお盆は何故うまれた?」

URLはご参考まで。

詳しい話は出来ませんが、小学校高学年の修学旅行のときに怪奇な現象があり、それゆえに友人が信じるようになって、話を聞いてるうちに自分も、って感じです。あのくらいの年代が一番信じますね、ある意味で。オトナには見えないものが見えてますから。今は鈍感になっちゃいましたけど、当時の、「いた」「分かった」感覚は忘れられません。単に巻き込まれた故の集団暗示とは思えないんですよ。

話は変わるようですが、長崎の小学校の事件で、実はヒトゴトながらも遠く東京から心配しているのはこの点で、見えてるコには、見えてるんじゃないかなあって。だからってどうすることも出来ませんけれども。自分の児童期にあんなことがあったら、絶対いるとかいないとかの、話にはなったはずです。事件現場の改装方法とか、オトナは慎重の上に慎重にならないとまずいと思っています。陰ながら、ご冥福をお祈りします。

話が変わってしまってすみませんでした。8月15日ですから……。お盆、タイムリーな質問ですね。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます。

確かに子供の頃はあらゆる事に対して敏感ですね。

長崎の事件では、そういった心霊的なこととあわせて、子供達への心理的な影響も心配です…。

テレビや漫画で残酷シーンにはある程度免疫のある現代人ですが、やはり現実というのは重いですから。

被害者の方のご冥福をお祈りします。

2004/08/15 11:24:53
id:wisteria4 No.17

wisteria4回答回数25ベストアンサー獲得回数22004/08/15 09:02:06

ポイント11pt

http://www.reiki.ne.jp/

ヴォルテックス・レイキヒーリングシステム - レイキ

URLの会社から、送られて来る資料がきっかけでした。社長の著書も読みましたが、結局セミナー(6万円)に、参加しないと授からないと書かれていましたが、本当に効果があるのかどうか、怪しいものなので、やめました。カタログでも、怪しいものばかり売っていました。本が簡単に売れてしまうのには、驚きました。どうやら、現代医学では、治療が難しい人がターゲットにされているようです。

id:rionissleeping

ご回答ありがとうございます。

一種の偏見のようなものかもしれませんが、私自身はどうしても「商売」が絡んでくると胡散臭いと感じてしまったりします(^^;

資本主義社会なのですから仕方のない事かもしれませんが。

色々お話をうかがえたので、とりあえずここで一旦〆させて頂きます。

皆様、貴重なお話をありがとうございましたm(_ _)m

2004/08/15 11:29:23

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません