「世界の中心で愛を叫ぶ」って最初は売れてなかったらしくて、ここまで売れたのは出版社の20代の青年が仕掛人であると、以前日経新聞にありました。そこらへんの詳しいことが分かるサイトってありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/15 18:23:23
  • 終了:--

回答(4件)

id:kanerucolored No.1

kanerucolored回答回数86ベストアンサー獲得回数02004/08/15 18:47:30

ポイント10pt

タイトルが…………らしいですよ。

id:syunry No.2

syunry回答回数17ベストアンサー獲得回数02004/08/15 18:31:29

ポイント20pt

まずはこのへんですかね。

id:aki73ix No.3

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/08/15 18:40:26

ポイント20pt

柴咲コウさんが帯に「柴咲コウが泣いた本」とか「泣きながら一気に読みました」とかいたのがきっかけだったかと思います

●女優の柴崎コウ(柴咲コウが正しいです)が推薦したことなどで評判が広がり、昨秋には百万部を突破。

ここに記事があります

id:l0_0l No.4

l0_0l回答回数725ベストアンサー獲得回数02004/08/15 18:41:57

ポイント20pt

http://www.run-way.net/mt/archives/000119.html

転職 求人 投資 キャッシング 金融 at run-way.net

小学館の新入社員だったみたいですね

id:nakimusibomber

全回答者へ。ありがとうございました。

2004/08/15 18:47:42
  • id:jo_30
    タイトルの

    タイトルの元ネタが何、とか色々言われているようですが
    http://d.hatena.ne.jp/c-pete/20040612

    このタイトルも、作者の元々つけていたタイトル(恋するソクラテス)
    では売れないと判断した編集者がつけたそうで。その辺もあって、有名
    なのでしょうか。ちなみに、ソースは「読書のいずみ(書店等で配布
    している冊子)」のインタビューだそうです。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2004/04/post_21.html

    ちなみに、私は読んでないんですけど、Amazonの書評で、「武者小路
    実篤」と比較して賞めている人って、確信犯なんですかね。

    武者小路も登場当時は、そのあまりの文章力に、素人以下の文体とか
    ひねりもなんもない単純で深みのないストーリーとか、ボロクソにけ
    なされ倒して、それでも開き直り続け、かつ巧みなメディア展開と
    各地の同人雑誌と提携した販売組織作りで白樺を人気雑誌に押し上げ、
    ちゃっかり「若々しい若者の古典的定番」という位置を得た人ですから。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません