x円を


年利a%・月々b円払い・c年返済(ボーナスなし)

で借り入れた住宅ローン(元利金等払い)を、6年目以降に月々2b円になるようになるには、a%の金利を何倍にすればいいのでしょうか?
 これを求める式をどなたか教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/25 22:06:25
  • 終了:--

回答(3件)

id:paphio No.1

paphio回答回数299ベストアンサー獲得回数02004/08/25 22:59:40

ポイント20pt

http://homepage1.nifty.com/tabotabo/insat/word/word18.htm

印刷のテクニック マイクロソフトワード編 化学式・数式3

元利均等払いの計算はURLのように複雑です。(数式エディタのサンプルになるくらい)

Excelで計算してみましたが、返済期間、利率によってかなり違いが出てうまい公式にはなりませんでした。

Excelの公式は次のとおりです。実際の金額を元に計算してみるのがよさそうです。

毎月の支払い額

=-PMT(年利%/12,返済年数*12,元金)

n回目の利息

=-IPMT(年利%/12,n回目,返済年数*12,元金)

(注)6年目以降の計算は、元金、返済年数共に既に支払った5年分(60回)を差し引いたものを使う。

  両方の計算式の最初に「−(マイナス)」をつける。

ちょっと疑問に思ったんですが、質問の内容を要約すると、「6年目以降毎月の返済額が倍になるのは、金利がどのくらい上がるのか。」ということですか。

id:watty

要約はその通りです、ありがとうございます。

やはり難しいですねぇ〜

2004/08/26 14:10:31
id:iikai No.2

iikai回答回数267ベストアンサー獲得回数132004/08/25 23:01:17

ポイント20pt

 元利金等返済の場合、元金と利息との比率によって結果に幅が出ます。従って、上記の条件だけでx,a,b,cの関数にはなりません。

 近似でよろしければ、上のURLの上から2番目、「元利金等返済」を試算してください。ここでは10年目までとそれ以降をとりあえず同じ利率で入力します。

 借り入れ期間の欄を (c+5)/2 で入力してください。

 これで出てくる金額は、実際のbよりはやや小さくなりますが、c>25ならば誤差は比較的小さいでしょう。

 あとは、aをいろいろ調節して、bを最適化してください。

id:watty

下のシュミレーションで行おうとしたのですが、うまくいきませんでした・・・。

2004/08/26 14:11:29
id:minami373 No.3

minami373回答回数47ベストアンサー獲得回数02004/08/25 23:22:21

ポイント20pt

質問の状況がちょっとわかりにくいのですが、

a%の状態で当初5年間は月々返済b円で、(c>5)

6年目からはa’%になり、月々の返済が2b円になった。このときのa’を求めたい、ということでしょうか。

(「6年目以降」がわからなかったのですが)

http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/words/ganri.htm

私の出会ったことば - 元利均等

このページの後半に元利均等返済額の算出式が出ています。5年間=60ヶ月経ったところまでの融資残高をいったん出した上で、改めて、返済額が2bになるようにすればいいかと思います。

もしこの意味でしたら、質問にある係数を使い(6年以降の利率をa’%とすると)当初5年の返済額

b=Xa(1+a)*12c/(1+a)*12c-1

(1+a’)*(12c-60)=2b/(62b-x)

に代入してa’について展開するんですが、、、

ひょっとして違う解釈だったら、もう少し計算出来るかもしれません。追加条件などあればお願いできませんか。

id:watty

おっしゃるとおりの質問です。

これで納得です。ありがとうございました♪

2004/08/26 14:15:09

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません