リナックスのビジネスモデル。リナックスは無料だが、どこで稼いでいるのか?どうやって現在のように普及して行ったのか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/08/26 09:27:04
  • 終了:--

回答(8件)

id:bpx1974 No.1

bpx1974回答回数32ベストアンサー獲得回数02004/08/26 09:34:53

ポイント60pt

http://www.jp.redhat.com/

レッドハット | オープンソース・カンパニー

導入や管理等のサポートを有料にすることで収入を得るビジネスモデルが基本です。

そのほか、組み込み向けにカスタマイズしたり、ソリューションとして提供する等によるモデルもあります。

ソースの開発、改訂等については、基本的には無償だと思います。

id:budwiser

ありがとうございます

2004/08/26 09:36:42
id:stakaha No.2

stakaha回答回数20ベストアンサー獲得回数02004/08/26 09:35:32

ポイント60pt

聞いた話ですが、企業へのコンサルティングが主な収入源だったはずです。

id:nektixe No.3

nektixe回答回数19ベストアンサー獲得回数02004/08/26 09:36:37

ポイント60pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757120451/249-9887474-...

Amazon.co.jp: Linuxはいかにしてビジネスになったか―コミュニティ・アライアンス戦略: 本: 佐々木 裕一,北山 聡,国領 二郎

こちらの本に詳しいですよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796880011/249-9887474-...

Amazon.co.jp: それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス): 本: リーナス トーバルズ,デビッド ダイヤモンド,風見 潤

こちらもオススメ。

id:Ackieee No.4

Ackieee回答回数68ベストアンサー獲得回数02004/08/26 09:37:00

ポイント100pt

http://japan.cnet.com/column/suematsu/story/0,2000048844,2006196...

Linuxコミュニティとビジネスをつなぐレッドハット:コラム(終了) - CNET Japan

米国レッドハット社がどのように Linux ビジネスを黒字化したかがインタビュー形式で書かれています。

id:html1983 No.5

html1983回答回数72ベストアンサー獲得回数02004/08/26 09:37:37

ポイント30pt

http://www.jp.redhat.com/software/rhel/whichproduct/

レッドハット | オープンソース・カンパニー

パッと浮かんだのはサポート料です。

id:keroronX No.6

keroronX回答回数211ベストアンサー獲得回数42004/08/26 09:38:24

ポイント60pt

http://www.linux.or.jp/

日本の Linux 情報

<ビジネスモデル>

無料で、かつドキュメントが充実しているとは言え、業務で実用的に使うためには結局サポートが必要になります。各々の企業で専門化を常駐させることは無理ですよね。このサポートでコストを回収するというのが基本的なモデルになります。

<普及について>

まず、開発がオープンであることから、相対的にOSとしての安定度が高いという信用が得られました。さらに無料であることからイニシャルコストが低いこと、また従来のUNIXと同じ操作体系ですので、技術者も育ち易いという要素がありました。

簡単ですが以上です。

id:Haseyama No.7

Haseyama回答回数14ベストアンサー獲得回数02004/08/26 09:49:06

ポイント60pt

http://www.hatena.ne.jp/1093480024#

リナックスのビジネスモデル。リナックスは無料だが、どこで稼いでいるのか?どうやって現在のように普及して行ったのか?.. - 人力検索はてな

拙い自分の言葉で表現してみます。

其の昔UNIXと云えば商用のプロダクトしか存在せずハードウェアもベンダー謹製のお高いものを選択せざるを得ず初期導入費用も馬鹿高く、それに伴いサポート費用も桁違いでありました。

それらの費用がPC-UNIXでは比較してしまうとタダ同然と言えるほど安く上がるようになりました。

その浮いた分を純粋にシステム構築/ソフトウェア開発に回せるようになりました。

需要側と供給側、どちらのニーズにも近付いたモデルになったわけです。

id:budwiser

ありがとうございます。

2004/08/26 09:51:47
id:apple-eater No.8

apple-eater回答回数420ベストアンサー獲得回数82004/08/26 10:17:48

ポイント30pt

URLはダミー

リナックスで儲けているひとは多いが、

リナックスの作者は、そんなに稼いでないと聞きます。その割りに特許絡みのトラブルのネタにされているようなので・・・

本気で彼が稼ぐ気なら、

ビルゲイツ並みの富豪になっているだろうなあ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません