ボーイング社は、どのようにして始まったのか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/09/08 15:56:30
  • 終了:--

回答(8件)

id:k318 No.1

k318回答回数2622ベストアンサー獲得回数22004/09/13 22:42:15

ポイント10pt

ボーイング社の創業者たちのビデオを見ることができるホームページです。

id:hinop No.2

hinop回答回数2601ベストアンサー獲得回数12004/09/08 16:02:39

ポイント14pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/

メインページ - Wikipedia

ボーイング

少しだけですが、最初のほうに歴史があります。

id:dayofgreen

ありがとうございます。初期の状況をもっと詳しく知りたいです。

2004/09/08 17:00:17
id:suikanonaraduke No.3

suikanonaraduke回答回数1014ベストアンサー獲得回数02004/09/08 16:06:04

ポイント14pt

ボーイング社の前身は、飛行機製作者のウィリアム・ボーイングが1916年に創設したパシフィック・エアロ・プロダクツPacific Aero Products Co.である。ボーイングは当時、海軍技師ジョージ・ウェスタベルトGeorge Conrad Westerveltとの共同開発による水上機B&Wを製造していた。翌年、社名をボーイング・エアプレーンBoeing Airplane Co.に改称。23年に小型輸送機のモデル40を開発し、25年モデル40を改良したモデル40Aの製造を開始した。27年、同型機がアメリカ郵政公社によるサンフランシスコ―シカゴ間の郵便配達に採用されたことにより、飛行機製造とは別に航空輸送業のボーイング・エア・トランスポートBoeing Air Transport(略称BAT)が組織された。29年、航空機製造と航空輸送業を統括したボーイング・エアプレーン・アンド・トランスポートBoeing Airplane and Transport Corp.は、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポーテーションUnited Aircraft and Transportation Corp.に社名変更した。

 1934年、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポーテーションは反トラスト法によって3分割された。そのうち、アメリカ西部地域での航空機製造を行う会社として、改めて設立されたのが現ボーイング社である。輸送部門はユナイテッド航空United Airlines、アメリカ東部での航空機製造はユナイテッド・エアクラフトUnited Aircraftにそれぞれ分離独立した。ボーイングの製造工場がワシントン州、オレゴン州など西部太平洋岸に集中しているのは、設立時のこうした経緯のためである(最大工場はワシントン州シアトル)。

ということです。(手持ちの事典より引用)

id:dayofgreen

ありがとうございます。いきなり飛行機製造を始めたんでしょうか?資金はどうしたのでしょうか?

2004/09/08 17:03:45
id:actual No.4

actual回答回数610ベストアンサー獲得回数12004/09/08 16:08:47

ポイント14pt

ここに社歴が載っています

id:dayofgreen

ありがとうございます。初期の人数、製品、売上など知りたいです。

2004/09/08 18:21:15
id:sun-chan No.5

sun-chan回答回数492ベストアンサー獲得回数02004/09/08 16:13:50

ポイント14pt

 1903年、ライト兄弟が初飛行に成功した年、ウィリアム・ボーイングはイエール大学工学部を去り(卒業?)西海岸に向かいました。ワシントン州の森林地のトレーディングで富を得たボーイング氏は、シアトルに移り住みました。2年後の1910年、ロサンゼルスの第一回アメリカ飛行大会に参加しました。ボーイングはその大会で飛行機に乗ろうとしましたが、乗せてもらえませんでした。がっかりしたボーイングはシアトルに戻りました。が、この飛行、という新しい学問を学ぶ決意をしました。

それから5年間ボーイングは、シアトル大学で空軍のエンジニア、ジョージ・コンラッド・ウエスターベルト氏開催のクラブや、MITで飛行関連の授業を受け机上で飛行理論を学びました。

2人(ボーイングとウエスターベルト)は複葉機の建設を見学したり、乗ったりしましたが、自分たちのほうがよい複葉機を作れる!と確信しました。

1915年の秋、ボーイングはカリフォルニアに戻り飛行レッスンを受けました。このときのインストラクターがグレン・マーティン氏でした。シアトルに残るウェスターベルトにボーイングは、新しい実用的な飛行機の設計を頼んでいました。ボーイングのボートハウスで、新しい水上飛行機の建設が始まりました。

すみません・・・ 訳するのがきつくなってきました。

こんなに長いとは思わなかったので。

ちなみにシアトルにいったらボーイング社の本社の見学ができるツアー(たしか英語のみ)があったと思います。

いろいろ続くみたいです。

id:dayofgreen

ありがとうございます。

2004/09/08 18:22:07
id:amatoto No.7

amatoto回答回数45ベストアンサー獲得回数02004/09/08 17:54:16

ポイント15pt

http://www.tanakanews.com/d1231boeing.htm

ボーイングの凋落と日本の可能性

創業のころの話はちょっとだけ、あとは最近の事情です。

創業者の経歴と業績の概要

なぜかこんなHPに載っていたボーイング創業の話。私が挙げた中では最も詳しい。

ここの第13〜17回と↓のページの5回連載

id:dayofgreen

ありがとうございます。

2004/09/08 18:24:01
id:sesou No.8

sesou回答回数12ベストアンサー獲得回数02004/09/08 18:18:20

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/1094626590

ボーイング社は、どのようにして始まったのか? - 人力検索はてな

ボーイング社は、地方の財閥で、大手の製材工場や水上飛行艇などを使い郵便事業などを行っていました。そのうちに飛行機の製造に乗り出し、成長を遂げると独禁法違反で、郵便事業から手を引くことになります。やがて、第二時大戦の軍用機の生産が大きく成長する足がかりとなり。日本にとってはB29は空襲で忘れることの出来ない航空会社です。現在では、ジャンボジェットでお馴染みの世界有数の航空機製造会社です。

id:dayofgreen

ありがとうございます。

2004/09/08 18:24:29

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません