「太陽が黄色い」という放蕩の表現がありますが、なぜ黄色?実際に黄色に見えるのでしょうか?科学的根拠があるなら知りたいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/09/09 10:39:36
  • 終了:--

回答(5件)

id:kastalia No.1

kastalia回答回数5ベストアンサー獲得回数02004/09/09 10:41:14

ポイント10pt

恒星のスペクトル型から、太陽は黄色に分類されます。

id:miyakowasure

恥ずかしくて曖昧な質問の仕方をしてしまい反省しています。すいません。漫画や小説などで、「一晩中SEXする」とか「徹夜で飲酒」の後の描写として「太陽が黄色いぜー」と言っているのはなぜかを知りたかったのです。

2004/09/09 10:58:13
id:kakeru3307 No.2

kakeru3307回答回数101ベストアンサー獲得回数02004/09/09 10:48:58

ポイント10pt

http://jvsc.jst.go.jp/universe/hoshi/issyou/iroiro/akarusa.html

JSTバーチャル科学館|星空紀行

科学的には太陽は黄色の恒星ということになります。スペクトル分析の結果としてそうだし、もしシリウスのように遠くから眺めることができたら、黄色っぽい星として見えることでしょう。太陽を赤く描画するのは一種のカリカチュアライズというかお約束で、日本以外の子供たちの絵では、黄色く描画されていることが多いという資料もありました。

id:miyakowasure

上とかぶりますが、質問の書き方が悪くてすみませんでした。実際いつでも黄色いのは理解しました…なぜ特に徹夜明けやヤリスギの場合のみ、黄色いことが取り沙汰されるのでしょう?

2004/09/09 11:00:52
id:aki73ix No.3

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272004/09/09 10:58:42

ポイント20pt

本来、太陽の色は薄い黄色なのです

ですから黄色に見えてること自体はおかしくないのです

http://www.synapse.ne.jp/jepnet/NETINFO/factor.html

ページが見つかりません - 鹿児島のプロバイダSYNAPSE(シナプス)

ところが,徹夜などで生活リズムが崩れると、自律神経が異常を来し、光に対して過敏になったりします

また、通常睡眠によって、休んでいる目が疲労を起こし、毎朝見慣れている太陽と違った明るさに見えるわけです

これが、太陽が黄色いと感じる理由です

ちなみに、日の出の朝焼けの太陽なら、黄色くは感じないと思います^^;

id:miyakowasure

徹夜して日の出より後に外に出て来た時に自律神経の異常で黄色く感じる…おーなんとなく納得してきました、ありがとうございます。

もう少しエロ詳しいページがあったら見たいと思うので続けます

2004/09/09 11:06:54
id:soorce No.4

soorce回答回数46ベストアンサー獲得回数22004/09/09 11:12:16

ポイント20pt

人間の目は、光の輝度を感じるセンサー(棹体)と、光の三原色各色(青・緑・赤)を感じ取るセンサー(錐体)で構成されています。

この錐体は数が全て同じではなく、青を感じるものが一番数が少ないのです。

疲れ目・疲労を感じる状態などではどのセンサーも反応する数が減るわけですが、数が多い分、赤・緑に対応する情報がより多く伝わる状態になるわけです。

このような場合には加法混色で白から青を抜いた状態、つまり黄色っぽく見えるわけですね。

・・・というトンデモな学説を聞いたことがあるのですが、多分嘘なので信じないように。

id:miyakowasure

ありがとうございます。ものすごく納得しましたが…ウソなんですか?!

2004/09/09 11:24:02
id:soorce No.5

soorce回答回数46ベストアンサー獲得回数22004/09/09 11:33:34

ポイント20pt

http://vision-lab.tp.chiba-u.jp/science/01.html

千葉大視覚工学研究室 研究内容 グループ1

一寸補足。(URLはダミー)

私も一時期この説明で納得していたのですが、

もともと錐体は、赤:緑:青=L : M : S = 10 : 5 : 1くらいの比率で、

その情報量を脳味噌が補正して色を感知しているわけです。

疲れて反応する数が50%に減っても、比率は変わらないんだから、色が薄くはなっても色自体は同じに見えるはずですよね。

ということで、「多分」嘘だと思っているのですが・・・。

id:miyakowasure

全体的に薄くなった中で黄色は印象に残る、という感じでしょうか…。青を感じる比率が少ないのも知らなかったので、勉強になりました。

回答下さったかたありがとうございました!

2004/09/09 11:47:45
  • id:emptyyard
    あんまり関係ないかもですが

    カフカの「異邦人」で、殺人を犯した主人公に裁判官?が
    「なぜ殺したのだ?」
    「太陽が…黄色かったから」
    とかいうくだりがあり、不条理な理由付けに太陽が黄色かったから、と言う
    のがちょっとはやったことがありました。

    例>「何できのう来なかったんだよ〜」「…太陽が黄色かったから」
    みたいな。うーん、質問の趣旨とは違うかな。すみません。
     
  • id:juzube
    全くの推論で

    疲れると、目も疲れて、光に過敏になりますね。徹夜明けなどで疲れても、黄色くは見えませんよね。光が眩しいって感じで。

    疲れるとまぶしく感じるから、その状態を、太陽が(光が)なんとかに見えるー、と表現したいといろいろな人が考えて、

    「青っぽい」じゃ、なんか健康的だし、「赤っぽい」じゃ嘘くさすぎるし夕焼け朝焼けがあるし、緑じゃ異常だし、……となると、「黄色」が、一番しっくり来る。

    っていうことから来た「抽象的表現」なのでは、って推論はどうでしょー。
  • id:shigemaruu
    人は日の出と共に活動を開始する訳ではないですが、日の出=朝焼けの時間も過ぎて、陽が中天にくるまで起きていてしまったと言う事なんじゃないかなーと、ふと思いました。
  • id:some1
    補色説を自分は唱えてみようかと。

    薄暗い中に長時間居た為に目が青、もしくは紫色に慣れた後に、
    明るい所に出たら、目が補色の残像を出す為に世界が黄色に見えるというのは如何でしょう。

    外科手術をする場合、医師は血や肉などの赤色を長時間見るので、それらの補色残像がでないようバランスを取る為に緑色の服を着る事から思いつきました。
    (白衣だと赤色の残像が出る事があったのだそうです。
    丁度、明るい所ををじっと見た後に、別のものを見ると、緑色の点が飛び交う現象を想起して頂ければ解り易いかと)

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません