社会科学系の本で今まで一番印象に残った本を教えて下さい。経済系(公共経済など)の本ならなお良いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/09/25 20:11:57
  • 終了:--

回答(9件)

id:numak No.1

numak回答回数1941ベストアンサー獲得回数62004/09/25 20:18:59

ポイント14pt

http://esbooks.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30936366

セブンアンドワイ - 本 - これからの行政活動と財政 第2次分権改革の焦点

大学時代に、たまたま講義を受ける

機会があって、国の審議会の委員を

している割には、きさくな先生だったなぁ

という印象があります。

経済ではなく、政治(行政学)的な

アプローチですが、地方自治体の

これからを考えるいい一冊だと

思います。

id:ahiruzuki

なるほど、ありがとうございます。

2004/09/25 22:06:52
id:so-shiro No.2

so-shiro回答回数594ベストアンサー獲得回数02004/09/25 20:19:41

ポイント14pt

読んだ当時、非常に影響を受けました。持続可能な経済、製造業に頼らない地域再生など、いろいろと。

id:ahiruzuki

なるほど、ありがとうございます。

2004/09/25 22:07:11
id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152004/09/25 20:34:35

ポイント14pt

大変ベタですが、「資本論」です。

大月書店版で読みました。

最初に資本論を知ったのは中三の時。

何にでも反発をおぼえる年頃の中坊にとって

受験に逆らう勉強は快感でした。

もちろんちゃんと読破できたのは大学に入ってからですが、

1世紀も前に著述されたものでありながら、

現代の社会分析にも十分通用する鋭い視点には、

ある意味皮肉にも資本主義経済の普遍性を証明するものとして

大いに興味をそそられたものです。

そしていまだ、資本論を超えて興味をそそる

社会科学系の書籍を私はまだ知りません。

id:ahiruzuki

ほう、ありがとうございます。

2004/09/25 22:07:38
id:kmyken1 No.4

kmyken1回答回数366ベストアンサー獲得回数22004/09/25 21:36:52

ポイント13pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480863206/hatena-22

Amazon.co.jp: 人生の教科書[よのなか]: 本: 藤原 和博,宮台 真司

人生の教科書 よのなか

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480863222/hatena-22

Amazon.co.jp: 人生の教科書[ルール]: 本: 藤原 和博,宮台 真司

人生の教科書 ルール

id:ahiruzuki

人生の本ですか、ありがとうございます。

2004/09/25 22:08:28
id:gdm No.5

gdm回答回数58ベストアンサー獲得回数02004/09/25 21:37:23

ポイント13pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4639017545/

Amazon.co.jp: 鉄と銅の生産の歴史―古代から近世初頭にいたる: 本: 佐々木 稔,神崎 勝,古瀬 清秀,赤沼 英男,五十川 伸矢

産業分野になりますが「鉄と銅の生産の歴史」

卑金属を制することが古代オリエント世界統治の鍵でした。

現代にあてはめれば核になるのかな。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893466925/

Amazon.co.jp: 世界一わかりやすいMBA入門講座: 本: トム ゴーマン,Tom Gorman,内田 学,野沢 誠治,荻久保 直志

実用書になりますが「世界一わかりやすいMBA入門講座」

原題が「全くのおバカさん用ガイド」というだけあって、バカな僕にも十分理解できました。

会社内コミュニケーションの重要性の話がよかったです。

id:ahiruzuki

ありがとうございます。

2004/09/25 22:08:53
id:miyazakie No.6

miyazakie回答回数9ベストアンサー獲得回数02004/09/25 21:45:57

ポイント13pt

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4791750667.html

幻想としての経済: 紀伊國屋書店BookWeb

経済のアレコレをシンボリックにとらえていて面白かったですよ

哲学的な本でした

id:ahiruzuki

ありがとうございます。

2004/09/25 22:09:13
id:takaitarou No.7

takaitarou回答回数23ベストアンサー獲得回数02004/09/25 22:43:21

ポイント13pt

ヴェニスの商人の資本論 です。

とにかく面白い本です。経済を考える上のベースを作ってくれます。

id:ahiruzuki

これはその通りですね。ありがとうございます。

2004/09/26 01:12:16
id:morningrain No.8

morningrain回答回数824ベストアンサー獲得回数22004/09/26 00:58:47

ポイント13pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326600691/qid=10961272...

Amazon.co.jp: 目的概念とシステム合理性―社会システムにおける目的の機能について: 本: 馬場 靖雄,上村 隆広,ニクラス・ルーマン,Niklas Luhmann

ルーマン『目的概念とシステム合理性』

社会科学系でもっともすごいと思ったのが、ドイツの社会学者ルーマンです。

ただ、彼の本は非常に難解で、はじめて彼の議論がわかってきたのがこの本でした。

経済系とはいえないけど、組織論として全く新しい視点を提供してくれます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489362167X/qid=10961276...

Amazon.co.jp: システムの科学: 本: ハーバート・A. サイモン,Herbert A. Simon,稲葉 元吉,吉原 英樹

もう少し経済よりの本だと、サイモンの『システムの科学』です。

サイモンはノーベル経済学賞を取っていますが、経済学の分野にとどまらない「知の巨人」という感じの人で、この本は、そのサイモンのさまざまな考えを知ることができます。

経済学的合理性を考える上でも非常に参考になります。

id:ahiruzuki

そうですね、ありがとうございます。

2004/09/26 01:12:41
id:mazak24 No.9

mazak24回答回数3ベストアンサー獲得回数02004/09/27 01:14:02

ポイント13pt

 資本論

近代資本主義社会を根元的に、包括的に叙述した本と言えるでしょう。何回も読み直してもあきがきません。マルクス独特な言い回しがあり、決して読みやすい本とは言えないですが。経済学のみでなく、思想史、哲学、社会学の本としても読めるのではないでしょうか。マルクスは結局人間とはなにかを一生をかけて追求したと思います。尚、「資本論」はかれの経済学批判という体系からしても未完の書物です。

id:ahiruzuki

そうですね。ありがとうございます。

2004/09/27 10:41:46

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません