「習うより慣れろ」と言った人は誰ですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/09/25 23:34:10
  • 終了:--

回答(4件)

id:academe No.1

academe回答回数45ベストアンサー獲得回数12004/09/25 23:44:52

ポイント17pt

http://www.infoseek.co.jp/Honyaku?pg=honyaku_top.html

楽天が運営するポータルサイト : 【インフォシーク】Infoseek

この言葉は諺です。英語では

「Practice makes perfect」

と言うらしいです。

id:dayofgreen

はい、この諺の原典があればと思い探しています。

2004/09/25 23:46:04
id:hekifu No.2

hekifu回答回数61ベストアンサー獲得回数02004/09/25 23:47:17

ポイント17pt

言葉の意味で同じ意味のことを言ってるもの

ならば、このHPにありますように早川徳次

(シャープの創業者)にようです

で、『習うより慣れよ』ならば

このHPの松原康道の箇所のものかと

思います

松原泰道都は誰ぞやというならこちらを

(本筋からずれてますが)

id:dayofgreen

松原さんのポイントは「慣れたらもう一度学べ」のようです。

2004/09/25 23:51:55
id:disseminatemoon No.3

disseminatemoon回答回数566ベストアンサー獲得回数72004/09/26 01:52:10

ポイント18pt

「熟能生巧」

いろいろ調べたのですが、「習うより慣れろ」は「諺」として扱われているのがほとんどのようです。

中国語では「熟能生巧」と書くようですが、故事成語や四字熟語という記述は見つかりませんでした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%BA

������������ - Wikipedia

で、「諺」とはそもそもどういうものなのか。

こちらのサイトには「世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉のことである」とありますし、

「どこのだれだれがこう言った」という類のものではないらしいので、

原典というより、自然発生した言葉ととらえるのが良いかと思います。

id:dayofgreen

ありがとうございます。

2004/09/26 23:05:23
id:fugou No.4

fugou回答回数137ベストアンサー獲得回数12004/09/26 07:43:22

ポイント18pt

29番をご覧下さい。もとの意味を発したのはセネカだった様です。

中程に、以下の記述があり、上の記述の背景が分かります。

当時のギリシア人は知識を4つの段階に分けていた。 低いレベルのものから順に言うと、 「技能(ペイラ」、 「実際的知識(エンペイリア)」、 「技芸(テクネ)」、 「知識(エピステメ)」である。簡単にまとめると、 「技能(ペイラ)」とは「習うより慣れろ」といった反復練習から得られるような知識、 つまり単なる熟練である。

結論として、原意を最初に言ったのは、文献上はセネカが最も古いと思われます。それを日本語で「習うより慣れろ」と訳したのは名訳であったでしょう。

id:dayofgreen

なるほど、これはかなり古い出典ですね、ありがとうございます。他の地域でも古い出典があればお願いします。

2004/09/26 23:17:59

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません