さっき読んだ読売新聞の記事に「年間最多安打記録は、1920年にジョージ・シスラー(ブラウンズ)が達成した。今季の記録と、イチロー自身が2001年に記録した242本(10位)を除き、上位はすべて1930年以前の記録となっている。」と書いてあったんですが、1930年以降にこういう記録が出にくくなったのにはなにか理由があるんですか?

野球に詳しい方、教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/09/30 15:17:28
  • 終了:--

回答(4件)

id:yokosasa No.1

よこささくん回答回数377ベストアンサー獲得回数152004/09/30 15:21:18

ポイント25pt

テレビで聞いた話ですが・・・

1.当時の球場は、両翼で10メートルくらい広かった。

2.選手の守備力の向上

3.ボールが飛びにくかった。(打球が詰まったり、内野安打になりやすかった)

らしいです。

id:saeka1001

なるほどなるほど。ボールが捕り難かった上に守備範囲が広かったのですね。それはバッターには有利だったことでしょうね。

守備の人が上手になったということは、守備の人の上を行くような打球を飛ばしているということなのでしょうか、イチローさん。すごいなぁ。

2004/09/30 15:25:35
id:wakapyon No.2

wakapyon回答回数229ベストアンサー獲得回数02004/09/30 15:29:00

ポイント25pt

聞いた話ですが、既出の理由以外には年を追うごとに投法の研究が進み、URLにある投手のように様々な変化球を投げる人が出てきたから、ということが挙げられます。

id:saeka1001

ああ、なるほど、打ちにくくなってしまったんですね!

それでは色々な投手の色々な球を打つことが出来る人というのはやはりすごい人なんですね。

ありがとうございます。

2004/09/30 15:32:32
id:DRAKUMA No.3

DRAKUMA回答回数286ベストアンサー獲得回数02004/09/30 15:29:15

ポイント25pt

上の方の意見プラス・・・

・現在より変化球の種類が少なかった。

・継投という概念がまだ浸透していなく、先発が最後まで投げきることが多かった(疲れなどで球威が落ちたり、甘い球も多くなる)

・ナイターがなくデイゲームばかりだった。(ナイターはデイゲームより球が見えにくい)

等ですかね・・・。

id:saeka1001

そう!この間イチロー選手が5安打打った試合では、全部投手が違いましたよね。アメリカでは1試合にたくさん投手を使うんだなーと思いました。

ナイターが増えたのはテレビの普及と関係あるのかしら。打者には気の毒なことですね。

2004/09/30 15:34:58
id:tsurinews No.4

tsurinews回答回数56ベストアンサー獲得回数02004/09/30 15:31:11

ポイント25pt

http://d.hatena.ne.jp/tsurinews/

「40Boot」の徒然コラム

URLはダミーです

たしか昨日テレビ(NHKだったか)でやってました。

打者はホームラン競争に走ってヒットを狙わなくなったのが一番の理由らしいですよ

id:saeka1001

ホームランかぁ。

そうですよね、アメリカ人は特に身体が大きくて小技を使うより身体を使って一発狙いする方が派手だしもしかしたら簡単なのかも?すみません、ホームラン打つのも難しいですよね、うん。

安打って、ホームランと比べて考えると地味なのですねぇ。

どうして記録が出にくくなったのか、理解できました。

回答者の皆様、ありがとうございました。

2004/09/30 15:50:03
  • id:so-shiro
    あと3本で新記録

    【オークランド(米カリフォルニア州)29日共同】米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手は29日、当地でのアスレチックス戦に「1番・右翼」で出場し、5回の第3打席で遊撃内野安打を放ち、1930年のビル・テリーらの記録を抜いて歴代単独2位となるシーズン255安打をマーク。20年にジョージ・シスラーがつくった最多記録257安打にあと「2」とした。残りは4試合。

     第2打席までは四球と空振り三振。第4、5打席はそれぞれ二ゴロ、死球で3打数1安打。打率は3割7分2厘と変わらず。マリナーズは4−2で勝った。

    最新の報道です。がんばれ、イチロー!!
  • id:syouzou-toki
    ヒット数が減ったわけ

    回答されたものの他にもうひとつ。
    当時の野手のグラブは、残っている写真を見ると親指と人差し指のあいだの捕球用の網野部分がなく、分厚い革手袋のようなものでした。そのため、現在のグラブに比較して捕球しにくいという理由もあったようです。
    また、初期の頃は四球もヒットとして記録しており、それがいつ頃からヒットと別にカウントされだしたか、正確な事はわからないようです。米国は日本と比較して、意外に記録が曖昧だったり整備されていない部分もあるようなので。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません