サスペンスドラマで、刑事が謎解きや逮捕するシーンのロケ地が99%の確率で断崖や海辺の理由を教えてください。「お約束」という回答はいらないので、どのドラマが最初に始めて広まっていったとか、そういう視点で解説しているページをお願いしまーす

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/10/06 22:56:36
  • 終了:--

回答(5件)

id:simo00 No.1

simo00回答回数1482ベストアンサー獲得回数02004/10/06 23:07:54

ポイント7pt

http://www.fides.dti.ne.jp/~c-60/extra/2hours.html

2時間サスペンスドラマの考察!?

お約束らしいです。ごめんなさいNGワード。「日本の断崖絶壁百選」に載って居るんですって。

下はよくあるパターンですって。

http://cozalweb.com/ctv/pat/susp.html

よくあるパターン:サスペンス

ごめんなさいポイント不要です。

id:hinop

下のURL知ってました。思わず爆笑。

ありがとうございましたー

2004/10/06 23:09:56
id:tetsu1 No.2

tetsu1回答回数260ベストアンサー獲得回数02004/10/06 23:13:57

ポイント13pt

友達の脚本家にきいたのですが

謎解きは説明的で単調になるので

断崖などで絵的に緊迫感を出す効果を

狙っているのだそうです。

id:hinop

ほんまかいな(笑

もう飽きて緊迫感なんてありませーん

ありがとうございます

2004/10/06 23:21:14
id:inuhana No.3

inuhana回答回数15ベストアンサー獲得回数02004/10/06 23:15:06

ポイント30pt

http://blog.livedoor.jp/jigokuhen00/archives/544804.html

土曜ワイドだとか火サスで見かけるあのシーン:地獄変00

松本清張のドラマが起源だということらしいです、印象が強すぎてみんなパクっているとか。

id:hinop

なるほど(@@

ありがとうございまーす

2004/10/06 23:22:10
id:so-shiro No.4

so-shiro回答回数594ベストアンサー獲得回数02004/10/06 23:17:11

ポイント20pt

いろいろ見てみましたが、野村芳太郎監督が、松本清張の『ゼロの焦点』を映画化(1961年)したときに、能登半島の能登金剛のヤセの断崖をクライママックスの謎解きシーンに使ったのが始まりのようです。

id:hinop

やっぱそうなんですね。ありがとうございまーす

2004/10/06 23:22:31
id:PUG No.5

PUG回答回数196ベストアンサー獲得回数12004/10/07 00:02:25

ポイント30pt

1.取り調べ室の中だと、えんえん続く犯人の告白シーンを(カメラ割を含めて)演出しずらいそうです。同じ画になってしまうので。

2.岸壁によせる波や遠景、青空等々、犯人の心理描写的な意味もあるそうです。

以前、「サスペンスドラマのヒットの秘密」というような番組で演出家が言ってました。

id:hinop

なるほどね。妙に納得!

ありがとうございました!

2004/10/07 00:10:56
  • id:pamu
    それでは、断崖絶壁から…

    犯人がダイブしたのってどのドラマが最初なんでしょうね。
    また、あぁいう状況で犯人が上記の事をして死亡した場合
    その場に居合わせた刑事等は何か懲罰を受けるんでしょうか。
    …改めて質問してみようかしらん(笑)。
  • id:hinop
    Re:それでは、断崖絶壁から…

    >犯人がダイブしたのってどのドラマが最初なんでしょうね。
    >また、あぁいう状況で犯人が上記の事をして死亡した場合
    >その場に居合わせた刑事等は何か懲罰を受けるんでしょうか。
    >…改めて質問してみようかしらん(笑)。
    では、そのときはのっかりますね(笑
  • id:pamu
    Re(2):それでは、断崖絶壁から…

    >では、そのときはのっかりますね(笑
    有難うございます!
    という事で、質問しますた(笑)
    http://www.hatena.ne.jp/1097133759
  • id:pamu
    Re(3):それでは、断崖絶壁から…

    hinop様、のっかり有難うございました!
    ネタも実際も含めて引っ張りたいと思っています。
    何かコメントにそえたい事や、回答を読んでの新たな疑問等
    ございましたら、こちらにレスして頂ければ善処いたしますです。

    http://www.hatena.ne.jp/1097133759
  • id:adlib
     質問前編のおわりから質問続編のまえに

     たとえば車で激突死すると、自動車メーカーなど、番組のスポンサー
    からクレームが出るそうです。列車に飛びこむと、周辺の商店街のロケ
    協力が得られない、というふうに、筋書以外の必然性があるのです。
     
     断崖絶壁からのダイビングは、舞台では現実性に欠けるところから、
    映像ならではの設定と思われますが、このアイデアを、もっとも効果的
    に採用して、最初に成功したのは、フランスの長編小説です。
     
     手に汗にぎる復讐サスペンスの古典的傑作、アレクサンドル・デュマ
    の《巌窟王》では、獄死した囚人と入れかわり、遺体袋のまま断崖絶壁
    から投げ落とされた主人公が、みごと脱獄に成功します。
     
     この筋書とアクションを、そっくりコピーしたTVドラマ《逃亡者》、
    あるいは映画《羊たちの沈黙》でも盗用されたように、はじめての観客
    なら、かならず引きずりこまれる、不滅のアイデアなのです。
     
     このような傑作は、永遠に光を失わず、余人の追随を許さないのか、
    後世の作家や脚本家が不勉強なのか、あるいはまた観客のセンスが鈍い
    まま進化しないのか、いつもためらっている観客のひとりとして……。
  • id:jo_30
    もう少し時代がさがりますが

    犯人と刑事(探偵)が断崖絶壁の上で…
    そして…

    という設定と考えると、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズの前半最終話
    「モリアーティ教授とホームズが断崖に向かった、という知らせを聞いて後を追うワトソン、崖の上には格闘のあと、そして誰もいなかった…」
    というシーンもそれに入りますかね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません