東大日本史対策の勉強プランを提案してください。所有している本は「詳説日本史」「石川日本史講義の実況中継1〜5」「日本史講義2」「日本史講義3(手に入りました)」「日本史講義5」「考える日本史論述」「よくでる日本史一問一答」「日本の歴史・上中下」「東京大学への地理歴史」「謎とき日本近現代史」「日本史の考え方」過去門と解説は「つかはらの日本史工房」で満足です。8月のマーク模試では、石川と詳説を読んで詰め(ゴリゴリ暗記)はせずに81点取れました。詰めをしていたら90点は取れていた印象です。予備校には通っていませんので、すべて独学でやっています。上記の本に縛られなくても結構ですので、具体的な提案をお待ちしています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/10/16 20:01:42
  • 終了:--

回答(2件)

id:mitsui090 No.1

mitsui090回答回数109ベストアンサー獲得回数02004/10/16 21:43:00

ポイント70pt

http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/e01_02_06_j.html

東京大学 [学部入学]入学者選抜方法等の概要

ご存知でしょうが、東大の地理歴史は、知識ではなく、「思考力」と「文章での表現力」を問うています。基礎的な知識はお持ちのようですし、あまり時間が有りませんので、今からならば、確実に点数を確保するトレーニングをされるとよいと思います。

日本史で点数を確保するには3つの力が必要です。(1)用語説明力(2)時代背景説明力(3)文章要約力の3つです。

以下、それぞれの学習法です。

(1)一問一答と用語集を用いて、キーワードを自分の言葉で文章にしてみてください。その時、説明するのに必要になるキーワードを次にチェックすることで、用語指定論文に対するトレーニングになります。

(2)時代背景とは、政治体制や、経済体制、文化であり、東大は世界情勢や、他の時代との対比を、ポイントとすることが多いです。日本で政治体制や経済体制が変化した時期の各要因をチェックするとともに、同時代の世界史を比べたり、同じような変化をした他の時代を考察してください。その関連性や、類似点、相違点を短い文章で書いてみることが効果的です。

(3)6行に解答をまとめるためのトレーニングです。良い解答は短いものを、水増ししたものではなく、長いものを圧縮したものです。ですから、過去問に対して、8〜9行で解答をつくり、それを6行に要約する練習をしてください。要約してから採点基準を考察して、点数になる部分を、残せているかどうか。また、読む人がわかりやすく書けているかを、チェックしてください。

スケジュールプランとしては、11月末までに(1)は一通り完了するペースで。(2)は(1)と平行して、やったキーワードの部分の時代背景を押さえる。(3)は週に1回程度、時間を十分にとって行う。

といったペースでしょうか。

他の科目の状況にもよりますので、一概には言えませんが、日本史は、これでかなりの得点を取れるはずです。

合格を祈念しております。

id:academe

ありがとうござます。コメントは最後にさせていただきます。そういえば、日本史B用語集も持っていました。引き続き提案をお待ちしております。

2004/10/16 21:57:00
id:numak No.2

numak回答回数1941ベストアンサー獲得回数62004/10/17 21:13:55

ポイント70pt

近現代まで、どうしっかり押さえるかが

東大の日本史攻略での差になるポイント

かと思います。

私自身が家庭教師をしていたのは

だいぶ前なので、話半分で聴いてほしい

のですが、

山川の教科書+用語集+書きこみ教科書詳説日本史で基礎を作った後、

Z会の攻める日本史 近・現代、テーマ史

日本史論述のトレーニング、

実力をつける日本史100題で演習を

つむという形でやらせていました。

彼は別な国立大に合格したのですが、

ただ、東大受験生にとって、

日本史講義2、3は定番ですよね。

他科目の兼ね合いもあるかと思いますが、

そろそろ、演習を重ねて、テーマつぶしを

するシーズンなのではと思います。

また、新たな参考書等を購入するのは、

既存のものだと、フォローしきれない

場合に限った方がいいかと思うので、

Z会うんぬんは、軽く流してください。

予備校は利用されないということですが、

模擬試験だけでも、可能であれば、

S,Y、K受けておくと、

今年の各社の予想がわかるので、

安心できるかと思いますよ。

これから、寒くなるシーズンですので、

体調管理に気をつけてがんばってください。

id:academe

ありがとうござます。コメントは最後にさせていただきます。

2004/10/17 21:19:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません