多文化主義とリベラリズムの関係について論じている書籍、論文を教えてください。


次の条件でお願いします。
・できるだけ新しいもの。
・理論的なものよりは、具体的なケースに触れているもの。特に、欧米との比較で日本の問題に目配りしているものがありがたいです。
・大東文化大学石山教授の論文は除く(すでに収集済ですので)。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/10/26 20:16:10
  • 終了:--

回答(5件)

id:akkatone No.1

akkatone回答回数126ベストアンサー獲得回数12004/10/26 20:34:39

ポイント30pt

20世紀をいかに越えるか―多言語・多文化主義を手がかりにして

20世紀をいかに越えるか―多言語・多文化主義を手がかりにして

  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本

『20世紀をいかに越えるか 多言語・多文化主義を手がかりにして』はいかがでしょうか。

id:hken

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

引き続き、多文化主義とリベラリズムの関係について、より直接的な議論を行っている論考をご存じでしたら、御教示いただければ嬉しいです。

2004/10/26 20:54:47
id:komasafarina No.2

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/10/26 21:17:44

ポイント20pt

われわれはどんな時代を生きているか (講談社現代新書)

われわれはどんな時代を生きているか (講談社現代新書)

  • 作者: 蓮實 重彦 山内 昌之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

イスラムの山内、ヨーロッパ近代ブルジョワ社会の蓮實、と言ったらいくらか狭めすぎかもしれませんが、お二人のリレー・エッセイ形式といか、二人きりですのでテニスのようなラリー・エッセイ形式とでも紹介しましょうか。実に刺激的な本です。

id:hken

ありがとうございます。

参考にさせていただきます。

できれば、もう少し質問に直接関わってくる文献があると、なお嬉しいです。また、発表時期も2000年以降だと、比較的「新しい」といえると思います。

2004/10/26 21:24:41
id:PreBuddha No.3

PreBuddha回答回数40ベストアンサー獲得回数02004/10/27 00:15:35

ポイント40pt

文化論のアリーナ

文化論のアリーナ

  • 出版社/メーカー: 晃洋書房
  • メディア: 単行本

文化論研究会編 『文化論のアリーナ』(晃洋書房 , 2000)近年、思想的に注目されている平等論や正義論、共同体における連帯と共生の原理、マイノリティと民族主義、ナショナリズムとフェミニズム、普遍(啓蒙)主義と相対主義、リベラリズムとコミュニタリアニズム、マルチカルチュラリズムの諸問題など、多様な論点を日本文化に重ねて考察したものです。

どうでしょうか。論点が分散していますかね。

id:hken

ありがとうございます。当方の求めているものに合致、あるいはかなり近いと思います。早速読んでみます。

2004/10/27 06:23:54
id:KairuaAruika No.4

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972004/10/27 09:48:23

ポイント10pt

ラインホールド・ニーバーの歴史神学―ニーバー神学の形成背景・諸相・特質の研究

ラインホールド・ニーバーの歴史神学―ニーバー神学の形成背景・諸相・特質の研究

  • 作者: 高橋 義文
  • 出版社/メーカー: 聖学院大学出版会
  • メディア: 単行本

いかがでしょうか

id:hken

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

ただ、ラインホールド・ニーバーは、基本的にはやはり神学者ではないでしょうか。発表年もより最近のものだとありがたいのですが…。

例えば、『アメリカ史のアイロニー』などはどうでしょう??

http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/416565d550...

2004/10/27 10:11:22
id:KairuaAruika No.5

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972004/10/27 09:58:56

ポイント20pt

移民社会日本の構想 (国際社会学叢書)

移民社会日本の構想 (国際社会学叢書)

  • 作者: 駒井 洋
  • 出版社/メーカー: 国際書院
  • メディア: 単行本

不平等の再検討―潜在能力と自由

不平等の再検討―潜在能力と自由

  • 作者: アマルティア・セン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 単行本

フェミニズムとリベラリズム (フェミニズムの主張)

フェミニズムとリベラリズム (フェミニズムの主張)

  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • メディア: 単行本

こちらもいかがでしょうか

id:hken

なるほど!参考になります。ありがとうございました。

2004/10/27 13:31:41

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • MenuBar MenuBar 2006-03-13 16:12:21
    Menu よん読 MindMap 掲示板 練習用ページ 自分メモ 作成ページ一覧 最新の10件 2004-10-30 MenuBar よん読/2004年10月 よん読 2004-10-16 右脳的読書生活 掲示板 2004-10-03 よん読/2004年09月 2
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません