以下の要素をすべて含む性格の人をうまく動かす方法を教えてください。「無理」「つきあわない」等の回答はご遠慮下さい。またこの本を読むといい等の回答もご遠慮下さい。【性格】1:自分より下の人間の意見は一切聞かない。2:正論は通じない。3:意に反する数値データは受け入れない。4:意に反する結果には過程が間違っていたと判断をくだす。 以上を含む人を効果的に説得、動かす方法を募集します。これは実験的な意味も含んでいるため、学術的根拠も挙げていただけるとポイント高いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/10/30 19:36:17
  • 終了:--

回答(8件)

id:shibayama No.1

shibayama回答回数12ベストアンサー獲得回数02004/10/30 19:46:09

ポイント20pt

とにかく、その人に「あんたは間違っているんだ」と言うことを言い続けてください。

相手が何か言ってきたら、相手が折れるまで「それは間違ってるの」とか「違うの」と言うことを繰り返してください。

いくらか改善されるはずです。

id:finrei

ありがとうございます。ちなみにこれは仮定された性格の話なので現実にわたしが困っているわけではありません。

2004/10/30 20:52:04
id:db3010ss No.2

db3010ss回答回数599ベストアンサー獲得回数112004/10/30 19:52:42

ポイント20pt

こういった人間には、合理的な説得は通用しない、通用するのは、個人的力関係と貸し借りである。

したがって、どうしてもこのような人間の首をたてに振らせたいのであれば、こいつの頭越しに上位者または顧客を味方にひきこんでしまうことであろう。

(もちろん絶対にばれないように。ばれたら台風と地震がいっぺんにきたような騒ぎになるでしょう)

id:finrei

ありがとうございます。理屈がダメなら力関係というのが面白いですね。たしかにそうだと思います。

2004/10/30 21:04:51
id:usakou No.3

usakou回答回数373ベストアンサー獲得回数02004/10/30 19:59:13

ポイント50pt

1.初めはそのままその人の言うことを聞き続ける。そして、その人のお気に入りになって、1つずつ様子を見ながら反対意見を言っていく。それを繰り返して、その人に聞く耳をもたせる方法。

2.その人の言うことを聞き、わざと失敗をする。それを繰り返し、言うことを聞いた結果はいつも失敗するということをわからせる。失敗した際は、その人が普段は絶対に受け入れない正論や下の人間の意見の方法で成功に導く方法。ただ、その際、下の人は威張ってやらずに、その人の威厳を保たせてあげながらやる。そうすれば、その下の人なら自分の威厳が保て、なおかつ失敗を隠せるという安心感に陥るから、その下の人のやり方を受け入れるようになる。

3.その人にみんなの前で大恥をかかせる方法。そこまで偉そうにするなら、貴方の言う通りにやりますよ、そうするとこんな失敗すますよ、ということをみんなの前でわからせ、自信を喪失させる。そして、他の人の意見を無理矢理受け容れるようにする。

以上3通りの方法を考えてみました。

id:finrei

ありがとうございます。なかなか興味深い意見です。特に2は思いつきませんでした。質問は仮定された極端な人格ですが、普通に存在する人になら十分通用しそうですね。

2004/10/30 21:07:17
id:toshi_nishida No.4

toshi_nishida回答回数525ベストアンサー獲得回数382004/10/30 20:03:35

ポイント30pt

http://www.hatena.ne.jp/1099132577#

以下の要素をすべて含む性格の人をうまく動かす方法を教えてください。「無理」「つきあわない」等の回答はご遠慮下さい。またこの本を読むといい等の回答もご遠慮下さい。.. - 人力検索はてな

 その人が会社員の場合は、その上司にコントロールしてもらい、議論はせず「いえ、これは命令ですから。私が言うとおりにやることがあなたに給料を払う条件ですから。」という風に指示してもらいます。その人が会社社長で特定の顧客の下請けのような立場であれば、元請けの担当者の協力を得て、その人からやはり命令として制御してもらいます。元請けさんの協力が得られない場合や、顧客が不特定多数の消費者のような場合は、これを制御する方法は思いつきません。

 とにかく、議論をせず、相手の納得も要求せず、権力を使って動かすことが必要と思います。学術的根拠は特にありません。

id:finrei

ありがとうございます。なかなか現実的な話ですね。実際にこれに近い性格の人がいるということでしょうか。やはり、理屈ではなく力関係というのが面白いです。

2004/10/30 21:09:53
id:Rikrak No.5

Rikrak回答回数14ベストアンサー獲得回数02004/10/30 20:15:14

ポイント20pt

そういう人はたいがい自分否定されると怒るので、

1回怒らせて『じゃあ(勝手にやれ)やってやるよ!』

って方向に持って行くのが妥当かと。

相手によく思われなくてもイイというのが前提ですが。

id:finrei

あれ?

2004/10/30 21:13:31
id:sami624 No.6

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432004/10/30 20:20:08

ポイント80pt

1.については、年上の人間から指示を出せば解決しますね。

2.問題は2ですね。正論が通じないのであれば、相手の趣味もしくは興味を持っていることと関連付けをして、こちらの意の向く方向に動かすしかないですね。

3.そもそも正論が通じないのですから、数値を用いて説得する必要性はないから、数値を引用する方法をされるしかないですね。

4.意に反する結果は過程が間違っていたと判断をするなら、年上の人間からどのようなプロセスで対応すべきかを質問すればいいのではないでしょうか。

具体的にどういうことをさせたいのかがわからないのですが、私の知り合いに養護学校の教師がいて、同様なことを対応しています。当然養護学校ですから、気長に一つ一つ解決していくしかないため、どちらかというと道理ではなく、相手に応じて相手の好き嫌いを見極めた上で対応するという方法をとるしかないようです。

私も社会の教員免許を取得しましたが、養護教育は道理ではなく、メンタルケアというか精神面の援助に近いというような講義があったと思います。

id:finrei

ありがとうございます。各要素について分析していただけました。驚いたのは養護学校の話で、実際にこういう問題に接している方がいるということ。説得力ありますね。

2004/10/30 21:17:59
id:TomCat No.7

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152004/10/30 20:27:47

ポイント100pt

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

要するに、価値観も行動も極めて自己中な人なんですね。

理論理屈が通じない動物的な方のようですので、

学術的根拠としては動物行動学がよさそうです。

1:自分より下の人間の意見は一切聞かない。

これは、自分を群れのアルファとして認識している、

ということでしょう。

2:正論は通じない。

これは、理論ではなく経験則で判断している、

ということを意味していそうです。

3:意に反する数値データは受け入れない。

これは数値データを自分の目的とする結論の援用材料としか見ていない、

ということですね。

4:意に反する結果には過程が間違っていたと判断をくだす。

これも3と同じです。経過というものを

自分の目的とする結果のための

援用材料としてしか考えていません。

つまり、たとえて言えば、

ちょうどオオカミの群れがエモノを狙う時、

経験則に従ったリードで

餌が捕れるという結果のみを求めて行動する

ボスオオカミの位置づけ。

それがその人の集団の中の位置づけ、

というように考えられると思います。

ま、多少の語弊があるのはご勘弁ください。

けっしてその方の人格を悪く書いているわけではありません。

動物占いであの人はボスオオカミと出た。

その程度の話として受け止めていただければ幸いです。

さて、そんなボスオオカミをうまく動かして行くには、

方法は2つだろうと思います。

ひとつは、群れを取り上げてしまうこと。

仕事上の仲間なら、単独で遂行する仕事に集中してもらうことです。

群れがなければボスの座もありませんし、

データも経過も理論理屈も全て自己から発した

無視できないものとなっていきます。

もうひとつは、徹底的に鼻っ柱を折ってしまうことですが、

これはちょっと相手がかわいそうですよね。

あまりお勧めできません。

ということで、君臨できる群れを取り上げちゃう。

そんなやり方でいかがでしょうか。

ご健闘をお祈りします。

id:finrei

ありがとうございます。これは面白い!なるほど動物行動学とは考えられましたね。ちなみに実在する人物ではなく、あえて極端な性格を組み合わせた仮定の話なので大丈夫です。誰も気にしません。とても説得力のある説明で興奮しました。

2004/10/30 21:21:58
id:komasafarina No.8

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/10/30 20:50:33

ポイント150pt

難題ですね。まず被験試材の特性として挙げられた(1)について考えると、基本的に自分を信じていない人です。自分以外のものを信じています。地位に集約されるような既成の価値観といったものへの依存性が強いのでしょう。ですからこの被験試材の人間性に訴えるような面倒なことはここでは除外するつもりです。しかし(1)でありながら(2)であるということは、世間一般の価値観に対する蔑視(とまではいかないものも、それに屈することを忌避)することで、かろうじ自己の存在理由、存在意義もしくはアイデンティティといったものを維持しているようなところがうかがえます。つまり、基本的に自分以外のものを受け付ける、あるいは受け容れると自分の根拠が薄弱になってしまうのではないかという不必要な恐れにとらわれたひじょうに弱い心の持ち主なのだと思います。コミュニケーション不全をきたすのも無理のない性向を示しています。コミュニケーションというものが本来、自分も他者もない(それゆえに対等なかたちの)ひとつの暫定的な共通の「場」の形成をもって、そこにおいて自他が溶け合うようにしておこなわれるものであることをこの被験試材は理解していません。ですから余談になりますが、この被験試材は「いいセックス」をしたことがないと思われます。特性の(3)についても同じことが言えますね。ぶっちゃけた話、「意に反する」ことを認めたり許容することが恐くてできないのです。人間は(あるいは成長する大人は)他にまみれることをとおして、あるいは外部の許容をとおして自己を形成していきます。「他」や「外部」こそ「自分」を発動させる真の契機となり「自己」が更新されていくのです。この被験試材にはそうした機会やインタフェースがいっさいないことから、今回のこのご質問がなされているわけですが、唯一、突破口になりうると思われるのが(4)の特性です。(4)においては、「結果」というかたちで自分の「意に反する」ことを認めてはいるのです。つまり、ここにおいては白であってほしい黒は目に見えるとおり黒であるわけです。そして、その責を「いま/ここ」にある「黒」にではなく、それ以前の(もはやどうにもならない)プロセスに負わそうとするのです。そこに突破口があります。

つまりこうした被験試材の取り扱い方は、

・まず第一に「結果」をその被験試材に決めさせます。〜「どういうふうになればいいのか」について具体的に言わせる。それを「こういうことですか」と納得してもらえるまで確認する。つまり、その被験試材にある種の「レスポンス」できる「力」を付与していく扱い方です。「レスポンスできる力」とは「レスポンスできるアビリティ」つまり「リスポンシビリティ」=「責任」です。この被験試材の特性の(1)から(4)まではいずれも「自分で責任を負おうとしない」ことからきています。であるならば、この被験試材が「責任」を持てるようにそのお手伝いをするかたちのお付き合いをしてあげればよいのです。つねに「目標」とされる「結果」を決めさせ、それをこちらがきちんと「把握」したことを「確認」させ、

・その上で同様に「(そうした)結果」をもたらすためにどのような手順=プロセスを踏んだらよいのかをその被験試材に決めさせ、こちらの理解を確認させます。こうした一種の作業にも似たプロセスが被験試材にとってはいいトレーニングになり、被験試材はコミュニケーションのabcを実地に学ぶことになります。ぶっちゃけていえば、こういう被験試材とつきあうのは被験試材を変えていくことそのものが付き合いということになるわけです。

・そして「手順=プロセス」を決めさせたら、その「手順=プロセス」の遂行過程において随時被験試材との間に指示と確認の作業を介在させます。そうすることで(4)の可能性を封殺してしまうわけです。すべてをその被験試材に決定させるということで(1)(2)については解決します。

・自分の「決定」について周囲の人間がかくも熱心にコミットしてくれることにかれはいやでも「新たな自分」の発動を感じることでしょう。そうなれば(3)についても「目標」とされる自分の「決定」の遂行という観点から周囲の人間とともにその「数字」の信用性を(自分の「意」との隔たりにおいて計測し)認めるようになることでしょう。

・結論としてぶっちゃけたことを言えば、要するにその人間を立ててあげればいいのです。自分ひとりで立てないのだから、みんなで立ててあげる。実質的に立ててあげる。ようするにこのおっさんは「勃たない」わけですね。コミュニケーションできない人にコミュニケーションができるようなお膳立てをしてあげる。なかなか面倒で根気のいることですが、けっしてできないことではないでしょう。

id:finrei

たいへんありがとうございます。おそれいりました。わたしがこんなにもすばらしい回答をいただいていいのかちょっと怖くなりました。勉強になります。期待していた以上のものを得られた気分です。

2004/10/30 21:30:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません