ロックのルーツは黒人のブルースやリズムアンドブルースなのに、著名なロックバンドは白人ばかりなのは何故ですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/10/31 13:35:05
  • 終了:--

回答(5件)

id:miya12 No.1

miya12回答回数35ベストアンサー獲得回数02004/10/31 13:43:07

http://www.hatena.ne.jp/1099197305#

人力検索はてな - ロックのルーツは黒人のブルースやリズムアンドブルースなのに、著名なロックバンドは白人ばかりなのは何故ですか?..

黒人はそのルーツであるブルースやリズムアンドブルースを

現在にいたるまで大切に愛し続け、一方で

そこから派生したロックは(白人の解釈で)発展・展開を遂げたのではないでしょうか。

id:PEH01404

白人の解釈あってのロックですか。うーむ

2004/10/31 14:14:44
id:snowsnow004 No.2

snowsnow004回答回数627ベストアンサー獲得回数12004/10/31 13:46:06

ポイント20pt

音楽としてのロックを確立したのは、黒人たちですが、エンターティメントとしてのロックを確立したのが、白人、エルビスだったことからロック=白人のイメージが固まってしまったからではないでしょうか

id:PEH01404

イメージだけでしょうか、実際黒人のロックンロールバンドって一つも思いつかないのですが・・・

2004/10/31 14:15:45
id:komasafarina No.3

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/10/31 13:50:42

ポイント20pt

ブルースやR&Bは1950年代の中頃まで黒人だけの市場で売れていた音楽でした。そんな音楽を「カッコイイ」と思った一部の白人のティーンエイジャーでした。かれらは「育ちすぎた子供」であり、また「幼すぎる大人」として、白人の大人(男)社会に自分の居場所を見いだせず、そんな境遇もあってか黒人たちの音楽に共感できる心情を自分たちのうちに育んでいたのでしょう。そういう白人たちが自分たちによりマッチした音楽をはじめ、それらがより幅広い白人の若い層に受け入れられたということによるのでしょう。あくまでも支えているのは白人たちだったからです。そして白人の若い子たちに強くアピールする魅力を持っていたのは、やはり白人たちだったのです。

id:PEH01404

なるほど、納得できます。回答ありがとうございました。

2004/10/31 14:16:47
id:TomCat No.4

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152004/10/31 13:54:09

ポイント20pt

http://www.ne.jp/asahi/box/kuro/report/rock2.htm

ロックとその時代・講義ノート

たしかにロックのルーツは黒人のブルースやR&B、

そしてその後に続くロックンロールに求められますが、

アメリカの当時のミュージックシーンとしては

カントリー&ウエスタンがあり、

これがロックンロールと近付いていくんですね。

そしてショービジネスの分野ではエルビス・プレスリーが脚光を浴び、

それを外れたところでは、白人のカントリー系バンドが

少しずつロックバンドの核になるような形に変化しはじめます。

60年代に入るとイギリスでビートルズが登場し、

さらにローリングストーンズの登場で、

一気にイギリス勢も力を伸ばし始めます。

ここに至ってアメリカでは強い人種差別の世相のもとで

黒人系音楽は独自のレーベルを持つ必要性にも迫られ、

黒人ミュージシャンはモータウンという専門レーベルに

集中していくようになります。

このモータウンレーベルで、

ロックのルーツであった黒人系音楽は、

独自の「ソウル」という形に発展していくことになってきます。

これが今日のHipHopなどのルーツですね。

と、かなり大ざっぱですが、

こんないきさつで、ブルースやR&Bは

それぞれの系譜にそれぞれに受け継がれて

今日に至っています。

id:PEH01404

素晴らしい回答ありがとうございます(^^) そういえばモータウンは経営者の支配力が強すぎたそうですね。その辺りにも理由がありそうですね。

2004/10/31 14:19:01
id:tkyktkyk No.5

tkyktkyk回答回数2183ベストアンサー獲得回数252004/10/31 14:01:11

ポイント20pt

http://homepage2.nifty.com/tipitina/TAKARAJ.html

黒いキリスト教のルーツとアメリカン・ロックの原点

逆説的な説明になりますがご容赦ください。

白人も黒人もともにキリスト教徒が多いわけで、

> 黒人教会はある意味で,アフリカからの文化的遺産の貯水池になった。黒いキリスト教のアフリカ的要素としては,音楽とリズム,先にも触れたシャウトという踊り,全員参加型の礼拝とそこにあふれる共同体感覚,そして神の「力」の内的経験の重視,スピリット・ポゼッション(霊の憑依)などが挙げられる。

というように、黒人には奴隷としてつれてこられた背景があり、彼らは彼らなりにカスタマイズしたキリスト教を精神の根本としています。

この点で白人がそれに及ぶべくもないためBlues、R&Bは黒人のものが優れているということになります。

一方でその素晴らしさを尊敬する白人は、

> 何千人もの群衆が数日にわたって野営をし,賛美歌を歌い,説教を聞き,祈り,自分の信仰の薄さを悔い改めた。そこには,黒人も白人と肩を並べて参加した。多くの人が泣き,震え,気絶し,恍惚とするといったぐあいに,キャンプ・ミーティングは感情の動きの激しいものだった。それがそうなったのは,黒人たちの昂揚した礼拝に白人たちが感染した結果であるかもしれない。

結果として

http://www.geocities.jp/crosspeace_rock_story/HISTORY.html

洋楽ロック総合情報のCROSSPEACE 〜Rock Story〜

R&Bを白人社会に普及させる活動を始めた「ロックンロール」の言葉の生みの親でもある、白人DJのアラン・フリードを起点としてROCKが広まっていったわけです。

(%E9%9F%B3%E6%A5%BD)

つまりはBlues、R&B、Soul、HipHopといった音楽が黒人音楽であり、そこから派生したRockが白人がはじめた、という歴史があるために、白/黒人が親しみやすい音楽の傾きがちであることが理由になります。

レニークラヴィッツやエミネムが、互いのその逆を行ってる典型、ということにもなりますね。

id:PEH01404

素晴らしい回答ありがとうございます。回答していただきました皆様、ありがとうございました。

2004/10/31 14:20:44

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません