「カッコいいサイトを作ってくれ」など、具体的ではない指示をもらうことは良くあると思います。クライアントに上記のような主観的イメージで指示を受けたとき、どのように問題を解決しますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/11/04 05:06:29
  • 終了:--

回答(20件)

id:hinop No.1

hinop回答回数2601ベストアンサー獲得回数12004/11/04 05:10:40

ポイント12pt

私は仕事というよりもWebデザインが趣味なのですが、

かっこいいというとグレー系の配色を思い浮かべます。

グレーの背景色にCSSなどを使って工夫、文字色は完全に白か#999999、といったところですね。

参考になれば幸いです。

id:nekoringo

ありがとうございます。しかし質問の主旨と少し違います。制作サイドとクライアントで、イメージの完全(かそれに近い)共有をし、双方が満足する最適手法は何か?ということです。

よろしくお願いします。

2004/11/04 05:30:17
id:komasafarina No.2

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/11/04 05:23:32

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1099512389#

人力検索はてな - 「カッコいいサイトを作ってくれ」など、具体的ではない指示をもらうことは良くあると思います。クライアントに上記のような主観的イメージで指示を受けたとき、どのように..

「わかりました」とひとまず了解します。

そして、クライアント側の「かっこいい」を詰めていきます。もっとも手っ取り早いのは、あなたが「かっこいい」と思うサイトをいくつか選んで見てもらうことですね。そしてクライアント側の反応を見ながら、そのヒントをかき集めていくとよいでしょう。

だいたい、イマ風、オシャレ、横文字っぽい、デザインがクール、アカ抜けている、都会的、エレガント、ロゴやタイトル、キャッチコピーにセンスがあるなど、パッと見のかっこよさで、あんまり機能や構造のほうには言及されていないのではないでしょうか。

 「お、こういう感じのヤツね」とクライアントに言わせてしまえば、あとは「そういう感じ」のページを作って差し上げるとよいのではないでしょうか。

id:nekoringo

ありがとうございます。例を示して抽象概念→言語化というプロセスですね。しかし例えば「デザインがクール」という言葉は「カッコいい」とほぼ同義で、これも完全とは言えない気がします。また、さらに一歩進めて「デザインがクール」をさらに具体化しようと思っても、クライアント側にその言語化能力があるとは限りませんよね。実際、「デザインがクール」ということを誰もがイメージできる唯一解にするには相当な言語スキルと想像力が必要に思います。本当は「こんな感じですか?」とラフを作ってあげるのが一番いいのはわかっているのですが、それだと時間が掛かりすぎてしまいますので。他になにかあればよろしくお願いします。

2004/11/04 05:35:31
id:komasafarina No.3

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/11/04 06:03:20

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1098543504

人力検索はてな - シンプルでカッコいいデザインのサイトを教えてください。フラッシュを使用していないページでお願いします。(ポイントは1URLにつき10ポイントぐらいで考えています)..

>「こんな感じですか?」とラフを作ってあげるのが一番いいのですが、それだと時間が掛かりすぎてしまいますので。

いや、それはもっと後の段階でなさるとよいでしょう。あなたご自身が気に入っているサイトから選んで見せてあげるのです。プロとして恥ずかしいかもしれませんが、「例えば、こういうのがカッコイイと思うんですよね」とよそのサイトを見せられるかどうか。。。先月、わたしが回答した中にこんな質問がありましたので参照してみてください。

http://www.hatena.ne.jp/1097465100

人力検索はてな - ドイツ語で表記されていて洗練されているデザインのサイトさんをお教え下さい。個人、企業、法人等問いません。(合法的、健全なサイトに限る)なるべく重たくないサイトで..

id:sada_minami No.4

sada_minami回答回数7ベストアンサー獲得回数02004/11/04 06:29:26

ポイント12pt

「カッコイイ」に対して、その場で思いつく限りの形容詞を上げて、

イメージに合うかどうか答えてもらいます。

その他、「黒バックって感じですかね?」なども確認。

その後、その情報を元に「あってそう」なサイトをピックアップして

クライアントに見せてみます。反応の良さそうなものを元にTOPのみイメージ作成〜

といった流れでやっています。

お客様にピックアップを任せると、とんでもないものを出されることがあるので

自分たちで出すように、また魅せる時にポイントを説明するようにしています

id:akm No.5

あきまた回答回数4ベストアンサー獲得回数02004/11/04 06:33:50

ポイント12pt

クライアントは具体的なものを見て初めて具体的な意見をおっしゃることが多いので、とりあえず部分的にでも何か作って見てもらいます。作業の過程で、できるだけ頻繁に見てもらい意見をもらうことで、クライアントも満足できるものに近づいていくのではないでしょうか。

id:kanzashi No.6

kanzashi回答回数1ベストアンサー獲得回数02004/11/04 06:52:07

ポイント12pt

 私達はこのようなことが出来ますと具体例をいくつか挙げたうえで、クライアントにイメージを画用紙に描いていただいています。クライアント側がそうのようなビジョンをまったく持っていない場合は、こちらから絵に描いて案を提示するという要領です。時間も節約でき、理解が得られ易く効率を上げております。

 また、komasafarinaさんの仰ってることはやはりプロとして当然持っていなければならないスキルであり、さらに、「デザインがクール」という言葉は「カッコいい」と同義ではありません。その辺りの言葉のニュアンスに敏感な人材でなければ、時間をかけてアイデアを練らせても無駄であると、私は判断してます。

id:nekoringo

んー。「デザインがクール」ですが、クール=カッコいいと訳すことができますので同義なんですがね・・・。http://e-words.jp/w/E382AFE383BCE383AB.html まぁそれはそれとして、同義というのは質問の意図と比してという意味も当然あって、「カッコイイ」ということと「デザインがクール」では抽象的・主観的であることにかわりないという意味です。つまりクライアントとデザイナーで同一解になるとは限らないということです。それでは意味がないのではないでしょうか。また、「その辺りの言葉のニュアンスに敏感」と仰いますが、問題はそれです。敏感な人もいればそうでない場合もある。だから「じゃーどうするの?」という質問なわけですから。敏感だからいいとか鈍感だから駄目とか、そんなことは問うてませんです。

2004/11/04 07:11:33
id:puamei No.7

puamei回答回数234ベストアンサー獲得回数02004/11/04 08:04:34

ポイント12pt

「どのようなサイトが好きですか?」と具体的に普段いいな、と思っているサイトを教えていただきます。

その上で相手が考える「カッコイイ」を見つけ出します。

バラバラなイメージのサイトをたくさん指示されるとちょっと困っちゃいますけど。

id:nekoringo

ありがとうございます

2004/11/04 08:12:25
id:pasopaso No.8

pasopaso回答回数75ベストアンサー獲得回数02004/11/04 08:08:00

ポイント12pt

ネット経験の乏しいオーナーに依頼されて作ったのですが、紙のデザイナーの意見を持ってこられるのでひとまずその理想どおりに重たくなりましたが作りました。今全面改装しています。オーナーの趣味と私の技術への信頼感が一致するのに約1年かかりました。リニューアルは無料です。オーナーの提示できるコンテンツ内容を引き出すのと、カッコいいホームページを作ったからといってすぐに売り上げに結びつくものではないということを認知する期間が必要だったと思います。色や雰囲気はオーナーの好みで技術は私の好みで今回出来上がりそうです。

id:nekoringo

ありがとうございます。しかし質問の主旨とはちょっと違うかもしれません^^;

2004/11/04 08:13:32
id:simo00 No.9

simo00回答回数1482ベストアンサー獲得回数02004/11/04 08:09:49

ポイント12pt

当然クライイアントが持っている「かっこよさの定義」はそれぞれ違うと思いますし、クライアントもそれはわかっていると思います。

それをクライアントに確認し、任せる的な返事で有れば簡単なスケッチなどで、色合い、デザイン、構成などを詰めて行くしかないと思います。

また、アンケート形式でクライアントに答えてもらうシートを用意して必ず回答をしてもらう。以下参照

1.全体の雰囲気は→  a.明るめ b.暗め

2.写真→ a.多く b.少なく

3.色調は       a.

のように詳細に希望を聞いていけば、かなりクライアントの希望に添ったデザインが出来ると思います。

それほど手間もかからないと思いますし。

いかがでしょう。 

id:nekoringo

ありがとうございます。やっぱこれしかないんでしょうかね。言葉にプラスして、その言葉のイメージテンプレートを用意しておけばさらにいいかもしれませんね。「暗い」とはこういうものだ、「写真が多い」とはこういう感じだ、と複数パターン準備しておけばいいんでしょうかね。

参考になりました。

2004/11/04 08:15:41
id:mken03 No.10

mken03回答回数47ベストアンサー獲得回数02004/11/04 10:32:56

ポイント12pt

クライアントが意識しているサイトを聞くのはよいと思います。対象はクライアントでないので・・・

対象ユーザーの年齢層、性別、扱っているモノで、かっこよさは違うので、これらをクライアントと詰める必要があると思います。

それをもとに雰囲気(デザインを)作成して、上記の対象にどうマッチさせたかを説明することになると思います。

企業案内のサイトならまた別な話も必要かと思います。

id:nekoringo

ありがとうございます

2004/11/04 10:35:29
id:OTK No.11

OTK回答回数59ベストアンサー獲得回数02004/11/04 11:44:50

ポイント12pt

URLはダミーです。

他のサイトを出力したもの、あるいはそれをもとにしたラフの中から、好みのものを選んでもらうというのは、どうでしょうか。

渋いもの、かわいいもの、柔らかい、固い、ポップ、などなど、整理してファイルにして、もっておくというのが良いのではないですか。

id:miyamakuwagata No.12

miyamakuwagata回答回数66ベストアンサー獲得回数02004/11/04 13:13:36

ポイント12pt

まずウェブサイトで必要なのはコンテンツとユーザビリティを考慮したインターフェイスだと思います。

ユーザーがサイトを訪れた際に、ユーザーが知りたいことがあるかどうかが一番大事なことです。

クラのしたい事とユーザーの望むことの洗い出しをまず始めにするべきであって、まず見た目を考えるのは間違いです。

何をすべきか、何を見せるべきかを理解すれば

おのずとイメージが出てくると思います。

「デザイン」とはその部分をきっちり詰める作業なのではないでしょうか。

何パターンかデザインを提出して選ばせるという方法は一見よさそうですが、あとあと必ず手詰まりになります。(数ヶ月後、クラがデザインに飽きてリニューアルしろ!とか)

カッコイイだけで中身のサイトには間違いなくユーザーはついてきません。

ただの会社紹介ページなんて、見たい人いませんよね?

そういう中身のないウエブの実情を伝えてあげるのも必要かと思います。

id:nekoringo

ありがとうございます。論旨は全て賛成・同意できます。が、ちょっと質問とは主旨が違います。「カッコイイサイト」というのは一例に過ぎず、例えばサイト構築の過程で会社ロゴを作って!、などということもありますよね。そんなときは、イメージの応酬になると思うんです。「良いサイトの作り方」が問題なのではなくイメージの共有化の手法です。

2004/11/04 14:10:44
id:artcom No.13

artcom回答回数110ベストアンサー獲得回数02004/11/04 13:37:41

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1099512389

人力検索はてな - 「カッコいいサイトを作ってくれ」など、具体的ではない指示をもらうことは良くあると思います。クライアントに上記のような主観的イメージで指示を受けたとき、どのように..

*

まずどんな仕事でも、

①目的、

②対象、

③主な訴求意図

くらいの最低条件は質問します。それがないと盲打ちになってしまって方向性が絞れないので。そこまで引き出せればある程度手段は決まってくると思いますが、まだあいまいすぎるようでしたら、

④相手の考える「かっこいい」の例を複数挙げてもらうか、

⑤意図を確認するためにこちらが「こういうものかな」と思う例を複数提示します。

その上でずれがあれば微調整していきます。

id:ktrc No.14

ktrc回答回数1ベストアンサー獲得回数02004/11/04 13:59:46

ポイント12pt

全く関係ない話をしてください。ドラマとか、映画、音楽や車……クライアントが思っている「カッコいい」をしゃべってもらうんです。

id:hiroyukiarita No.15

hiroyukiarita回答回数1792ベストアンサー獲得回数02004/11/04 14:07:02

ポイント12pt

http://www.mai-kuraki.com/

倉木麻衣公式WEBサイト

どれがかっこいいのか、2,3例をあげてくれ。

これしかないのでは・・

http://kuraki.livedoor.jp/

倉木麻衣のMai.K Diary

http://homepage1.nifty.com/ohho/mai01.html

倉木麻衣ヒットカウンター

id:nacbox No.16

nacbox回答回数81ベストアンサー獲得回数42004/11/04 14:18:07

ポイント12pt

他の方も既に述べられていますが、クライアントに、気に入っているサイトをいくつか例として選んでもらいます。

当然、素人であるクライアントさんが選ぶサイトですから、多岐に渡って収拾がつかなくなったり、プロからみるとレベルの低いサイトが選ばれる可能性があります。

ですから、その後に、直接クライアントと対面で打ち合わせを行い、提示されたサイトひとつひとつについて「このサイトは具体的にどこが気に入っているのか」を聞き出し、同時に、あえて忌憚なく「プロから見てこのサイトはよくない」と思うところはきちんと指摘します。

結果的に、その打ち合わせの中で、具体的にあがってきた「いいと思うところ」を議事録化して文書上で共通認識化しておき、その後、そのイメージに合うデザイン案を作成して提示するべきだと思います。

また、おっしゃるように文章でのイメージの一致は、他人同士である限り完全には不可能なものですから、「完全には一致しない」旨を最初に説明して、「デザイン案の提示は○回まで」と上限を先に決めてしまいます。その上で、どうしてもこちらの提出するデザイン案が気に食わないとクライアントが言うのであれば、妥協してもらって、提示済みのデザイン案からムリヤリ選んでもらいます。キリがないですから。

もしも、どうしてもどうしても嫌だ、納得のいくまでデザイン案を提示して欲しいとクライアントが言うようでしたら、残念ですがその仕事はなかったことにするしかありません。

id:nekoringo

なるほど。回数制限はクライアントも本気に向き合うからよさそうですね。

2004/11/04 15:35:49
id:jetalone No.17

jetalone回答回数76ベストアンサー獲得回数02004/11/04 19:58:12

ポイント12pt

http://www.imjp.co.jp/service/web/guideline.html

Webデザインガイドライン[IMJ(アイエムジェイ)]

デザインについての感覚を共有するために「ムードボード」を示します。これだとデザインを試作するという手数をかけることなく、「カッコいい」などの方向性をより具体的に掴むことができます。

URLはムードボードをワークフローに取り入れている例です。

id:nekoringo

ん〜?ウェブのインターフェースをムードボードで作るんですか?具体的に、どんなことをしますか?なんか想像がつかないです^^;

2004/11/04 20:10:08
id:nyaa1 No.18

にゃあ回答回数5ベストアンサー獲得回数02004/11/04 21:27:17

ポイント12pt

仕事を受ける前にまず、自分で作成するのに参考にしやすい『要素を分析したアンケート』を用意します。

それに答えてもらい、それをまとめて『仕様』とします。なおかつ費用と期間についても調整をします。

仕様が決まったら、開発スケジュールを伝え、仕様の変更のリミットや、変更に伴うスケジュールの遅延・料金増加などを提示します。ここで初めて契約を取り決めます。

重要なのは、客のわがままの制限を設けること。プログラマ・SEの仕事の現状ではそれが一番大切に感じています。

カッコいいものになるかどうかは、客の理想イメージの伝え方次第だと思います。お客とはいえ勉強していただかないと、こちら主導の作成になるのは必然ではないでしょうか。

id:nekoringo

要素を分析したアンケート、ですか。どんな感じのものになりますか?

2004/11/04 21:52:11
id:sami624 No.19

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432004/11/04 23:40:19

ポイント12pt

先ずは相手に具体的な事例の有無を確認し、具体事例がある場合は、事例のどの部分がどのような理由で好きなのかを確認し、作成するもののアウトラインを設計し、進捗の都度打合せを行い、双方のイメージの共有を図ります。

具体的な事例がない場合は、自分でサンプルを探し具体的なイメージを確認します。

id:peroncho No.20

peroncho回答回数31ベストアンサー獲得回数02004/11/04 23:49:01

ポイント12pt

http://dir.yahoo.co.jp/entertainment/cool_links/

クールサイト - Yahoo!カテゴリ

ありますね〜、それ。

私の場合は、クライアントの担当者に「例えばあなたが普段見ているサイトでクールだなと思うサイトは何ですか?」←これを担当者の性格に合わせて直接的に聞いたり間接的に聞き出したりします。私はデザイナーですが、なるべく打ち合わせには同行して、そのへんの志向を会話の中から探るようにします。これはサイトのことだけでなく、身につけているモノや趣味のことまで聞き出してなるべく情報を得るようにします。

あとそれ以上に大事なのが、誰がデザインに関する決定権を持っているかも聞いておくべきです。担当者レベルでOKが出ても、後になってトップがNGを出されることも良くありますから。あとその人物がどれだけWEBデザインに精通しているかも重要ですね。分かろうとしない人間に何を言っても無駄な努力に終わるパターンもあります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません