下記の具体的防御方法について、まだ公開されていない最新の情報を教えていただきたく。

(1)マインドリーデイングに対する防御方法。
(2)遠隔より、体の特定の部位に痛みを与える攻撃に対する防御方法。
(3)組織ストーカーに対する防御

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/11/10 02:03:13
  • 終了:--

回答(1件)

id:komasafarina No.1

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/11/10 03:30:49

ポイント40pt

(URLはアレフ(じゃねえよな)ハテナの田中くんを呼んでるようです。わしゃ知らんがのう)

(1)(2)(3)某アサハラショーこーという人が唱えていた「聖むとんちゃんく」(どうせ何かの仏典のパクリ。ということはいちおう由緒はありそう)というのが案外と的を衝いていると思います。同じようなことは、シャルル・フーリエという(世間では)「空想的社会主義者」とかいうことになっている変わり者が書いた「四運動の理論」(現代思潮社)の中に「呑気的否定」というかたちで触れられています。

ようするに防御に注意をそがれることなく、本来なすべきことに邁進するのがあらゆる点で力({知」から)を育むことになり、あらゆる攻撃をはねのけるこtになります。けっして「専守防衛」になってはいけません。なすべきこと、当面の目標に向けて専心することが最大の防衛です。またの名を「金持ち喧嘩せず」といいますが、文章のはじめとはじぇんじぇん違うところにきてしまいました。

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0838.html

松岡正剛の千夜千冊『四運動の理論』シャルル・フーリエ

http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/fs4/318-320.html

◆93/12/4 亀戸道場(ブロック長会議) 四無量心の実践における脳波の状態

(URLはアレフ(じゃねえよな)ハテナの田中くんを呼んでるようです。わしゃ知らんがのう)

id:nanikana

物理的防御法ではなく、精神面での回答が来ましたか。3番目のリンク先を読むと聖無頓着ができたら、大乗仏教の悟りを得た状態だと思うのですが。はてなとアレフは関係があるのですか?

2004/11/11 01:21:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません