(昨晩は失礼いたしました)

子どものいない方に質問です。
あなたが子どもを産む(配偶者に産んでもらう、養子にする)ためにはある福引に参加しなければならないとします。
この福引では白玉49個と赤玉1個の中から1つ玉が出てくるのですが、赤玉が出てきた場合にはこれから生まれるあなたの子どもが将来必ず統合失調症になってしまいます。
あなたはこの福引に参加しますか?

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代
  • 登録:2004/11/13 12:40:10
  • 終了:--

回答(51 / 0件)

Q01(択一)

既に子どもがいるなどポイント目的2
参加する7
参加しない8
質問の意味がわからない5
質問の意図が不適切29
合計51

集計

×
  • id:hinop
    結局のところ

    昨日と同じなのでは。
  • id:plenty
    はい

    そうですね、やはり不適切と感じる方が多いようです。
    できるなら削除していただきたいくらいなのですがどうしたらいいのでしょうか。
  • id:boader
    質問者さんへ

    あなたの血縁の方に「統合失調症」の方はいらっしゃいますか?
  • id:TomCat
    いやいや

    命を生み出すと言うことはバクチだってこと、何となくわかりますよ。
    男の子が産まれるか女の子が産まれるかだってバクチだし。
    ただ、どんな結果が出てもハズレということは有り得ない。
    ここがとても重要です。

    というのがご質問者の意図だろうと思います。
  • id:hinop
    Re:いやいや

    >命を生み出すと言うことはバクチだってこと、何となくわかりますよ。
    くじ引きで人を病気かどうか決めるのが不適切だと思うのですが。
  • id:plenty
    ありがとうございます

    おっしゃるとおりです。
    「はずれ」はありえない。
    これはとても重要なことですね。
    TomCatさまのおかげで少し勇気が沸いてきました。
    (これでboaderさまのご質問への回答にもなったでしょうか)
  • id:TomCat
    きっと発生率が

    そのくらいなんじゃないですか?
    比喩表現として読み取れる範囲です。私としては。

    要は命を生み出すということの決断について、
    リサーチしたかったんだろうと理解しています。
  • id:plenty
    Re(2):いやいや

    >くじ引きで人を病気かどうか決めるのが不適切だと思うのですが。
    おっしゃるとおり、この点について他の方も不快感をもたれたのかも知れませんね。
    ですが残念ながら病気を発症するかどうかは(出産前の段階では)確率的なことしかわからないのです。
  • id:jo_30
    つまり、

    「福引き」という表現と、「なってしまう」という表現がまずい、と。

  • id:boader
    産む決断のアンケートであれば、

    何も「統合失調症」を持ってこなくてもいいでしょう。
    常時アクセスしているわけではないにせよ、17万人近い「はてな」のユーザーの中には、統合失調症を近親に持つ方が存在することに思い至らなかったのだとしたら、あなたは無知です。
  • id:hinop
    Re:産む決断のアンケートであれば、

    >何も「統合失調症」を持ってこなくてもいいでしょう。
    >常時アクセスしているわけではないにせよ、17万人近い「はてな」のユーザーの中には、統合失調症を近親に持つ方が存在することに思い至らなかったのだとしたら、あなたは無知です。
    そもそも、生まれつき病気の子供を生むことの何が悪いというのですか?
    健常で生まれてきたとしても、発育するにつれて病気が発症することだって十分ありうることです。
    もし病気を持っているとしても、親として育てる義務はありますし、
    「この子は病気だから。私には育てられない。」と言って捨ててしまえば、
    その子供はどんな風に大人になっていくのですか?
    病気の子供が嫌、なんて普通は思いません。子供がほしい、子供が好き、そういう気持ちがあるのなら思わないと思いますが。
  • id:c_rest
    不快表明です

    > 統合失調症になって『しまいます』。
    > あなたはこの福引に『参加しますか?』

    この二点ではないでしょうか。ひっかかるのは。

    統合失調症にかかった本人は辛いかもしれないし、
    もしかしたら自分の人生を『赤球(はずれ)』だと感じるかもしれないですが、
    これを本人以外(親だろうと)が「赤球」などと評価していいんでしょうか。
    どのように生まれてきた命も、親は必死で育てるし愛しますよね。
    生まれた子供を病気だからといって愛せないとしたら、
    それは子供が原因ではなく親の問題なんじゃないでしょうか。
    (障害者が従兄弟にいるのでそれが大変なことなのは承知です)
    私は、子供の病気のリスクを、結婚・出産或いは愛情の条件として設定し、
    しかもそれを回答者に突きつけるような質問に、
    正直申し上げて嫌悪感を感じました。

    不適切だと感じる人が多いから、ではなく、
    質問者ご自身の判断でキャンセルしていただきたかったです。
  • id:plenty
    Re(2):産む決断のアンケートであれば、

    http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa0135.html
    こちらのページをご覧になってみてください。
  • id:plenty
    Re:産む決断のアンケートであれば、

    >何も「統合失調症」を持ってこなくてもいいでしょう。
    >常時アクセスしているわけではないにせよ、17万人近い「はてな」のユーザーの中には、統合失調症を近親に持つ方が存在することに思い至らなかったのだとしたら、あなたは無知です。

    boaderさまにはポイント送信させていただきましたのでご確認ください。
  • id:boader
    Re(3):産む決断のアンケートであれば、

    >http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa0135.html
    >こちらのページをご覧になってみてください。
    なんとなく状況が理解できました。
    わたしは、「質問の意図が不適切 」に入れたのですが、訂正します。
    「参加しない」です。知らないほうがいい情報というのもあります。
    遺伝子診断が現実的な今、確かに避けられない問いかけと評価します。

    さきほどは言葉が過ぎて、すみませんでした。
  • id:plenty
    ありがとうございます

    >なんとなく状況が理解できました。
    >わたしは、「質問の意図が不適切 」に入れたのですが、訂正します。
    >「参加しない」です。知らないほうがいい情報というのもあります。
    >遺伝子診断が現実的な今、確かに避けられない問いかけと評価します。
    そうですか「参加しない」ですか。ちなみに、今のところ私の答は「参加する」です。

    >さきほどは言葉が過ぎて、すみませんでした。
    いえいえ、とんでもないです。
    真剣に考えてくださっていることが伝わってきました。
    ありがとうございました。

  • id:c_rest
    Re(3):産む決断のアンケートであれば、

    >http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa0135.html
    >こちらのページをご覧になってみてください。

    > どんな病気についても、「遺伝するか、しないか」の二つのうち一つのどちらか、という質問は無意味です。
    > お子様を作られるかどうかは、事実を認識した上で、ご夫婦で決められることだと思います。

    ここに書かれている通りだと思いますよ。
    このようなアンケートでなく、事例やアドバイスを求めての質問なら
    建設的な回答が多く寄せられたのではないでしょうか。

    私も頭から否定的に書いてしまったかもしれません。
    事情を知らず申し訳ありませんでした。
  • id:plenty
    Re:不快表明です

    c_restさまにはちょっとした誤解があるように思います。
    ただ、これは大変センシティブな問題ですから
    ご理解いただくのは簡単ではなさそうですね。
    下に掲載しましたurlもご覧になっていただけたでしょうか?
  • id:c_rest
    Re(2):不快表明です

    >c_restさまにはちょっとした誤解があるように思います。
    >ただ、これは大変センシティブな問題ですから
    >ご理解いただくのは簡単ではなさそうですね。
    >下に掲載しましたurlもご覧になっていただけたでしょうか?

    URL確認の上、下の方のコメントにレスしています。
    アンケートの限界があるようです。
  • id:plenty
    Re(4):産む決断のアンケートであれば、

    >このようなアンケートでなく、事例やアドバイスを求めての質問なら
    >建設的な回答が多く寄せられたのではないでしょうか。
    アンケートの目的は、皆さんが病気のリスクをどのように考えていらっしゃるかを問うことです。
    具体的なアドバイスを必要としているわけではありません。


    >私も頭から否定的に書いてしまったかもしれません。
    >事情を知らず申し訳ありませんでした。
    いえいえ、わざわざありがとうございます。

    このアンケートで不快に感じた方には重ねてお詫び申し上げます。
    ただ、(これは邪推かもしれませんが)皆さんが感じた「不快感」は
    もしかすると突きつけられた「現実」に対する不快感なのではないかと考えてしまいました。
    1%の確率で、誰もがこの病気になりうることは事実です。
    ですが多くの方は子どもを産み育てられることと思います。
    このことはやはりはじめにTomCatさまがおっしゃったように
    どのような結果でも「はずれ」などないということなのではないでしょうか。

  • id:Kiichigo
    Re(5):産む決断のアンケートであれば、

    遠まわしな比喩を使わずに、はっきりと直接書いたほうが誤解は少ないと思うのですが

    そうすれば、ハズレくじに例えられたという感はへるのではないですかね。
  • id:plenty
    Re(6):産む決断のアンケートであれば、

    >遠まわしな比喩を使わずに、はっきりと直接書いたほうが誤解は少ないと思うのですが
    >
    >そうすれば、ハズレくじに例えられたという感はへるのではないですかね。

    おっしゃることはごもっともだと思います。
    ただ、くじに例えたのはそうせざるをえなかったからです。
    というのも、すべての人が1%のリスクを負っている、ということをご存じない方が多いのではないかと思ったからです。
    つまり、(質問とは違いますが)「100分の1のくじなら怖いから引かない」と答える方がもしいらっしゃれば、それはその論理を貫けば現実に子どもをもうけないという決断をすることに他なりません。
    しかし現実には「100分の1のくじ」は怖くて引けないと答えた方も、子どもをもうけるおつもりでいらっしゃるのなら、そのギャップはどこから来るのだろうと思ってしまいますよね。
    リスクがあっても子どもを産みますかという質問では
    おそらく多くの方が産むとおっしゃるのではないでしょうか。
    それはここでのアンケートよりも実際の出生率から明らかだと思います。
  • id:hoshi-ygc
    Re:はい

    遅レスですが・・・
    他の方がこのような問題に直面したとしてどう考えているか、
    聞いてみたいお気持ちはわかります。私としては、あまり具体的
    な疾患名にせず、例えば「不治の遺伝病」と疾患を特定しない表
    現をすれば、いくらかでも良かったように思いましたが・・・。
  • id:Kiichigo
    Re(7):産む決断のアンケートであれば、

    >リスクがあっても子どもを産みますかという質問では
    >おそらく多くの方が産むとおっしゃるのではないでしょうか。

    どうなんでしょう?
    同じ条件でアンケートをとって比較しない限りなんとも。
  • id:plenty
    Re(8):産む決断のアンケートであれば、

    >>リスクがあっても子どもを産みますかという質問では
    >>おそらく多くの方が産むとおっしゃるのではないでしょうか。
    >
    >どうなんでしょう?
    >同じ条件でアンケートをとって比較しない限りなんとも。

    リスクがあっても皆さん出産なさっているというのが現実ですよね。
  • id:Kiichigo
    Re(9):産む決断のアンケートであれば、

    >>>リスクがあっても子どもを産みますかという質問では
    >>>おそらく多くの方が産むとおっしゃるのではないでしょうか。
    >>
    >>どうなんでしょう?
    >>同じ条件でアンケートをとって比較しない限りなんとも。
    >
    >リスクがあっても皆さん出産なさっているというのが現実ですよね。
    >
    それとアンケートに答えるときの判断とはだいぶ違うんじゃないかなぁ(想像ですが。

  • id:paffpaff
    Re(9):産む決断のアンケートであれば、

    >リスクがあっても皆さん出産なさっているというのが現実ですよね。

    リスクを避ける方も多いようです

    『②風疹流行の年には、妊娠中の風疹感染を理由とする人工妊娠中絶が恐らく数千件に上り、先天障害児出生の数十倍に当たる。しかし、胎児の風疹ウイルスの遺伝子診断では、胎児の風疹感染率は20%に過ぎない。
    ③ダウン症などの出生前診断として母体血清トリプルマーカーによる検査が普及しつつあり、これが「陽性」の場合、人工妊娠中絶が行われることが多いが、この検査の精度は低い。』

    こどもをあきらめるという選択をする夫婦も多くいると思います
    http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200401/2004010500136.htm
    http://www.hirojo-u.ac.jp/~w3dev/column/9706has3.htm
  • id:plenty
    ええと

    そういうことではなくて、誰もが1%のリスクを子どもに負わせながら
    それでも出産しているという意味です。
  • id:mic02
    はずれ、もしくは赤球の当事者ですが

    近親者の話ばかりで、当事者というご意見がなかったので。
    ご想像されてなかったのではないかと思いますが、ネット上に当事者は、あまたおりますよ。
    はずれであっても、赤球であっても、その方たち(私を含めて)にもその方たちなりの人生があるのですよ。
    校閲を受けないネット上であるが故の、正直な偏見を目の当たりにするのも悪くはないですが、少し悲しいですね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません