救急車の有料化について、賛成?反対?ただし、徴収法や所得による徴収の有無は今回の質問では問題にしないでください。まだ質問内容としては不備もあるかもしれませんが、以下の選択肢の中のどれかに当てはめてください。

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2004/11/13 23:33:37
  • 終了:--

回答(200 / 0件)

Q01(択一)

賛成:現状を考えると仕方がない・・・20
賛成:何でもかんでも呼びすぎる。抑止効果を狙って。59
賛成:その他(できれば何かご意見を)3
反対:命がかかっているのにお金を取るのか?56
反対:税金で賄われているのだからこれ以上払う必要はない40
反対:単に払いたくない10
反対:その他(できれば何かご意見を)12
合計200

集計

×
  • id:yuzu2
    症状によって

    話を聞くと、明日入院するからといって足代わりにしたり、寂しいから呼んだりということがあるそうですから、このようなイタズラに関しては有料で良いのではないかと思います。
  • id:sami624
    Re:症状によって

    核家族化が進み、誰にも相手にされない老人が、本当に救急でない場合でも呼ぶケースが多いのですよね。
    でっ・・・料金ですが、全面優良にすればいいと思います。救急車で病院に到着し、診察した段階で医師の診断により救急車の費用を保険で支払うか否かを決めればいいのですよ。最近生命保険が売れなくて困っているようですから、救急車利用料金保険付きという商品でも作ればいいのではないでしょうか。
  • id:hoshi-ygc
    Re:症状によって

    コメントありがとうございます。
    sami624さんもおっしゃっていますが、医師が診察して「救急車を呼ぶべき症例」ではなかったと判断された場合に徴収する、というのは私も考えていました。
    「抑止力」について、私もこれも期待できると考えたのですが、関係者に聞くと逆に「お金を払うんだから呼んで何が悪い」となることも危惧しているとか・・・。
    「命にかかわることなのにお金を取る?」の多さも予想をしていましたが、病院で治療を受けるのは保険で7-8割支払われるとはいえ残りは自費です(つまりお金を払います)。それとはどのように違いがあるのか、更にご意見をお聞きしたいです。
  • id:Kiichigo
    貧しいから

    「歩いて行こう・・・」などと考えて途中で電話も出来ない事態になったら気の毒だしなあ
  • id:sami624
    Re(2):症状によって

    5年前に友人が自転車に轢かれて亡くなった時、サーファーが浜辺の近所で自転車に轢かれた、と通報したら20分以上立ってようやく救急車が到着した。その後集中治療室に運ばれ、3日後に脳死。後数分早ければ・・・。緊急の場合は数分が生死を分けることがあるのではないか、と言う感じがします。救急車は生死が分かれるかもしれない緊急な場合、緊急に判断が必要な症状の場合に呼ぶべきものでしょう。そうでないから緊急な時にこない。緊急でない場合は、不正使用料金を取ればいい。
    診察は、患者の様態を確認し適切な処置をするための対価ですから、サービスに変わる対価として止むを得ない。但し、この医療保険の自己負担分というのも考え物で、負担割合が少ないと救急車の理論が発生する。現に平日の病院は老人ホームかと思うくらい老人が多く、意志も今日はどうしたの…???。でっ老人の話は世間話がほとんどで、何処が悪いのだか分からない。老人医療も料金の考え方を変えたほうがいい。本当に必要と認められる場合とそうでない場合。核家族化で寂しいなら近所の老人会に行って欲しいと思うときがある。
    仕事の合間で忙しい中病院に言っているサラリーマンにとっては。
    受益者負担の割合を下げると、このような不正利用が増加するため、抑止力は必要でしょう。
  • id:jo_30
    原則的に

    原則的に有料…ただし緊急性のある場合、申請すれば無料となる、でいいのでは。緊急性があると誤認しても仕方なかった場合、をどう判断するか微妙ですが。

    「公共の税を使ってるのに…云々」という議論に関しては「救急車という制度をつくり、実際にそれを存在させている」部分が公共サービスであると説明すれば理解されると思います。公共サービスだが有料というものはいくらでもあると思いますし。

    とりあえず、下のURLは大阪府高石市のケースですが、東京でも約6割の患者は軽傷(軽傷とはいえ、緊急を疑わせる場合(たとえば子供が頭から落ちた…とか、ガラスに突っ込んだが結果的には大した傷ではなかった、とか。もあるとは思いますが)であり、年間3万件のペースで出動回数が増加中という話を聞くと、有料化である種の歯止めをかけるのもやむ無し、と思われます。
    http://www.119stfd.jp/info/kyukyusya.htm
  • id:YasudaS
    医者に判断させたらよかし

    救急車利用でなければ危ないものであったかを医者に判断させて、
    不要にもかかわらず利用した輩からは、タクシー代金+救急車の乗員の
    日当+諸経費を「保険を介さずに」直接請求するということでよろしい
    のではないかな?
    一発5万を払う目になるか、それどころではない緊急なのかの判断は
    ご自由に..といったところね。
  • id:hoshi-ygc
    Re:医者に判断させたらよかし

    そうするとそれを判断する医師は”責任重大”になりますね(笑)。
    自分の診断で有料か無料か決まるわけですから。医師個人の裁量で
    となるとバイアスが入る可能性がありますから、「ガイドライン」
    に沿って、有料なケースを示しておいてもらえると、有料で文句
    言われても「ガイドライン」がこうなっていますからと言えます
    のでいいかも。ちなみに救急車出動1回につき東京では約4万、地
    方では10-20万(!)かかるそうです。
  • id:bannaitarao
    抑止したいのはナゼか

    本来必要でない出動をしたことによって
    本当に必要な人に救急車を廻せない事態を防ぐため。

    使用料にすると
    「お金を払うんだから呼んで何が悪い」って人が出るから
    「罰金」とする。公共のサービスを邪魔したから、罰金だ!

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません