「リアル」だと思うんですよ/「リアリテイ」に欠けると思うんですよねー。と、物語(映画・文学・漫画)に関する雑誌の対談や評論で今日もこれらの言葉が氾濫している。いったい物語に関する「リアル」や「リアリテイ」という言葉の意味は何なのですか。「リアル」「リアリテイ」とは何か?ということについて考え、答えている本を教えてください。後、歴史的にそれを最初に言い始めた人も分かれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/11/16 21:59:08
  • 終了:--

回答(10件)

id:morningrain No.1

morningrain回答回数824ベストアンサー獲得回数22004/11/16 22:25:14

ポイント14pt

フレーム憑き―視ることと症候

フレーム憑き―視ることと症候

  • 作者: 斎藤 環
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • メディア: 単行本

お尋ねの問いに対して、精神分析的な立場から答えている本です。基本は映画ですが、漫画やアニメについての言及もあります。この本では、リアルとは、なんらかの「単独性の手触り」だ、と書いています。

id:jyantadesu

斎藤環氏の本ですか。一度講演会に行ったことがありまして、氏には少し愛着があります。

2004/11/21 01:16:59
id:aniani52 No.2

aniani52回答回数16ベストアンサー獲得回数02004/11/16 23:04:47

ポイント14pt

こころの科学 (113)

こころの科学 (113)

  • 作者: 岡崎 祐士 青木 省三 宮岡 等
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • メディア: ムック

こころの科学、第117号の論説に「現実感(リアル)」を考えてみる。といものが寄稿されています。先日起こった長崎での同級生殺害を皮切りに様々な角度から「現実感」を考証しています。かなり内容が散逸している気はするのですが、後半部にて物語のリアリティについて興味深い考察を書いています。7ページくらいの記事なので立ち読みでも充分読めると思います。大規模書店に行けば、バックナンバーがあります。私は池袋のジュンク堂で購入しました。ISBNは117号がまだ登録されてないようなので113号のもを乗せています。117号はISBN4-535-14017-0です

id:jyantadesu

池袋のジュンク堂ですかー。友達がバイトしているところです。自分の家に比較的近いので、そこで購入するかもしれません。

2004/11/21 01:18:27
id:baythemoon No.3

baythemoon回答回数103ベストアンサー獲得回数02004/11/16 23:21:27

ポイント14pt

絶望・断念・福音・映画―「社会」から「世界」への架け橋(オン・ザ・ブリッジ) (ダ・ヴィンチブックス)

絶望・断念・福音・映画―「社会」から「世界」への架け橋(オン・ザ・ブリッジ) (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 宮台 真司
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: 単行本

映画に関してはこの本が参考になると思います。

「世界は確かにそうなっている」という寓話性=「リアル」ということでは。

id:jyantadesu

ありがとうございます。

2004/11/21 01:19:17
id:komasafarina No.4

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42004/11/17 02:42:44

ポイント14pt

リアルであること (幻冬舎文庫)

リアルであること (幻冬舎文庫)

  • 作者: 中沢 新一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • メディア: 文庫

ISBNは半ダミーです。

批評の言葉で「リアル」とは、だいたいおにおいて「真に迫る」「迫真性」の意味で用い、「リアリティ」は「現実味」という意味合いで用いられているようです。どちらも英語本来の意味からは微妙に逸脱はしています。おそらくは「自然主義」や「リアリズム」(写実主義)の時代に登場した批評の観点だろうと思いますが、もうひとつ「アクチュアリティ」actualityという言葉もよく使われます。こちらはあくまでも描かれたものについて言われる「リアリティ」よりも、もっと作者の実作上の視点や視線、あるいは姿勢といったことについていわれ、しいて日本語を探すなら「現実性」「現実感」といったニュアンスになるでしょうか? 

「国文学 解釈と鑑賞 臨時増刊: 文芸用語の基礎知識」が参考になるかも。(ISBNなし)

id:jyantadesu

ありがとうございます。

2004/11/21 01:20:33
id:shampoohat No.5

shampoohat回答回数347ベストアンサー獲得回数02004/11/17 04:53:48

ポイント10pt

ノーライフキング (新潮文庫)

ノーライフキング (新潮文庫)

  • 作者: いとう せいこう
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

著者はみため色物芸人みたいな感じがするのですが、意外にまじめに「リアル」っていうことについて考えてると思うんですよ。

「生々しい感じがする」っていう使われ方からスタートして、物語の進行と絡めながら、いろいろ考えてゆく感じです。

1988/新潮社。

id:jyantadesu

ありがとうございます。

2004/11/21 01:25:40
id:monkey9 No.6

monkey9回答回数16ベストアンサー獲得回数02004/11/17 09:44:13

ポイント10pt

地雷震 (4) (講談社漫画文庫)

地雷震 (4) (講談社漫画文庫)

  • 作者: 高橋 ツトム
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

多分、あなたの求めている、「リアル」/「リアリティ」とは異なっていると思います。が、だからこそ紹介しておきます。

(自分が読む限りは「リアル」の意味を考察し答えていると思いますが・・・)

紹介する本は高橋ツトム氏の漫画「地雷震」の四巻です。

この巻にて、少女が「リアル」と「スリル」について、吐露しています。

もし、読める機会があれば、読んでみて下さい。

少女の視点からの「リアル」が生々しく描かれています。

id:jyantadesu

うん、確かにちょっち違いますよね。

でも、地雷震は面白いよね。

Aとかといった殺人犯の少年の話も「リアル」について考えさせられる話よね。

2004/11/21 01:27:23
id:So-Shiro No.7

So-Shiro回答回数580ベストアンサー獲得回数02004/11/17 13:08:28

ポイント20pt

小説神髄 (岩波文庫)

小説神髄 (岩波文庫)

  • 作者: 坪内 逍遥
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

明治時代の、写実・写実主義論争の言い換えに過ぎないと思います。

「写実」ということを初めて言い出したのは坪内逍遥『小説神髄』です。

id:jyantadesu

おー来たー。

これは、自分の求めている本ど真ん中です。

2004/11/21 01:29:49
id:tetsu1 No.8

tetsu1回答回数260ベストアンサー獲得回数02004/11/17 13:39:56

ポイント20pt

物語表現―時間とトポス

物語表現―時間とトポス

  • 作者: 関根 賢司
  • 出版社/メーカー: おうふう
  • メディア: 単行本

文学・演劇のリアリティと変革性

藤川健夫著 -- 三友社出版 , 1981 , 339p.

私見では 

物語の背景としての現実性 と

人物の心理の変化・行動の動機付けとしての現実性 の

二つの方向性があると思います。

前者は 現実と全く異なった世界観であっても、

その構成・設定を密にすることでクリアできるものですが

後者は 受け手側の共感が得られないと 

「リアリティ」に欠けると評価されることが多いようです。

評価基準に個人差があり、リアルそのものの意味を

とらえにくくしているのではないでしょうか。。

id:jyantadesu

前者はよく分からなかったのですが。後者の意味はよく分かります。

今日、読み終わった車谷長吉著の「反時代的毒虫」という対談集での江藤淳の発言を引用します。後者の「リアリテイ」とはこんなことだと思います。

>心中する必然が全くないんです。もし本気で心中を書くなら、性描写が幾ら出てきても構わないですが、男女は追いつめられなくてはならないし、追いつめるものは生活でなければならない。『失楽園』はそういうシチュエーションに男女の空間を狭めるという手間暇を掛けていないんです。

2004/11/21 01:39:39
id:nihune No.9

nihune回答回数2ベストアンサー獲得回数02004/11/20 01:14:49

ポイント14pt

手元に資料がありませんので、思いつくままに書くと写実主義ですから、文学的にはフランスのゾラとかモーパッサン、思想的にはルソー、日本では自然主義文学だから田山花袋、国木田独歩あたりがその始祖になるんでしょうね。意味的には人間や社会、自然の実相、真実であり、それををありのままに表現することをリアリズムという。当たり前すぎてすみません。

id:jyantadesu

ありがとうございます。

2004/11/21 01:40:17
id:ymath314 No.10

ymath314回答回数1ベストアンサー獲得回数02004/11/20 02:42:04

ポイント14pt

フレーム憑き―視ることと症候

フレーム憑き―視ることと症候

  • 作者: 斎藤 環
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • メディア: 単行本

ノーライフキング (新潮文庫)

ノーライフキング (新潮文庫)

  • 作者: いとう せいこう
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

斎藤環「フレーム憑き 視ることと症候」

 「リアリティ」とは何かについて、著者の専門とする精神分析の理論と精神科医としての臨床経験を武器に、映画・アニメ・漫画などの視覚表現の変容を読み解いていくなかで、ひとつの解答を導きます。著者の解答として「フレームを切り換える瞬間に、『リアル』の感覚が胚胎する」(p52)というのがあります。少し難解ですが、マトリックス、イノセンス、リリィシュシュ、庵野キューティーハニー、荒木飛呂彦と扱っている対象が幅広く、最近のものもあるので面白く読めます。

 リンクは著者の仕事。下のほうには公開テキストがあります。宮崎駿、エヴァ、吉田戦車の論考はおすすめ。

いとうせいこう「ノーライフキング」(1988)

 ゲームをめぐる「物語」。どういう文脈かは忘れましたが、「ゲームには『新しいリアル』があるかもしれない」といった趣旨の言葉があったように思います。1988年の作品ですが、この時点でゲームに関して、すでにこのような認識があったことには僕は驚きます。

 

id:jyantadesu

>フレームを切り換える瞬間に、『リアル』の感覚が胚胎する

どういうことかピンときませんね。こりゃあ、読むっきゃないってか。

えっと、ありがとうございます。

2004/11/21 01:43:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません