”!=” どういう意味かわかりますか?

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2004/11/20 02:09:42
  • 終了:--

回答(80 / 0件)

Q01(択一)

知らない49
もちろん”not equal”26
”<>”だったら”≠”だってわかったんだけどなぁ2
その他3
合計80

集計

×
  • id:tiy
    !=は

    C言語などで「等しくない」という条件を表すときに使います。そういう言語でプログラミングしたことがある人にとっては常識なのですが、プログラミング知識のない人がどれぐらい知っているのか気になったのでアンケート調査させていただきました。
  • id:tiy
    <>

    <>が化けちゃってます。こっちはBASICなどの言語で≠を意味する記号なのですが、ちゃんと項目に並んでいないと意味無いですね・・・。
  • id:Gafu
    if(!男)

    printf(”女ですか”);
  • id:tiy
    if(!男)

    switch(あなたの性別)
    {
    case 女性:
    printf(”食事に行きませんか!?”);
    break;
    default:
    printf(”ネカマかよ!!!”);
    break;
    }
  • id:Gafu
    Re:if(!男)

    ふふ…(笑)
  • id:YasudaS
    Re:!=は

    もちっと詳しく言うと、
    「!」は否定。「=」は等しい、もしくは等しくする。
    それをつなげて「!=」は「等しくない」ということ。

    でもって、Cで不思議なこと。
    C言語では「AとBが等しいか?」は、「if ( A == B)」と
    書くのだが、「等しくないか?」は「if (A !== B)」ではなくて
    「if (A != B)」と書くということで、ちょっと不整合がある様に
    見受けられちゃうわけね。

    「if ( A=B ) 」はよくやるバグの元もしくはトリッキーな書き方。
    Bが0以外だと真判定、Bが0だと偽判定されながら、AにBの値
    が移されるわけで...
  • id:seasons
    へぇ〜

    知らない人多いのですね
    <>で試してみたいところです。
  • id:cline
    演算子比較

    C, C++, Java: 等号== 不等号!= 代入=
    Pascal: 等号= 不等号<> 代入:=
    BASIC: 等号= 不等号<> 代入=

    個人的にはPascalが一番見やすい

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません