【本を探してください】テレビ東京で11月13日午後10時から放映された『美の巨人たち』の内容に関しての質問です。


内容については、下記URLをごらんください。

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/

テーマは、テオドール・ジェリコーの「エプソムの競馬」に描かれた馬の走る姿(フライング・ギャロップ)は現実にはありえないと非難されたが、画家は疾走する馬のスピード感を出すために、意識的にそのように画いたのだ、ということです。

このことを紹介した書籍が存在するならば、ご教示いただきたいのですが。

フライング・ギャロップについては、英国の版画の誇張表現を取り入れたことはわかっていますので、ジェリコーに関しての書籍の情報を求めます。

よろしく御願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/11/20 17:40:07
  • 終了:--

回答(1件)

  • id:mikegame
    ジェリコーの馬について

    有名な作家とは、ロダンではないでしょうか?
    http://www.oldandsold.com/articles22/art-rodin-4.shtml
    このサイト(ロダンの記事)の中に、ジェリコーの馬について触れている箇所があり、
    ” Now I believe that it is Gericault who is right, and not the camera, 〜
    (私はカメラではなく、ジェリコーが正しいと信じている)
    とあります。インタビュアーの方の発言かも知れませんが・・ロダンも同じ立場と見て間違いないと思います。

    また、
    http://www.artwrite.cofa.unsw.edu.au/0123/briefs/JeanWuGericault_files/Gericault.html
    このサイトによれば、美術史家のE.Gombrichが「ジェリコーは実際の馬の動きを知っていながら、あえて表現した」という立場の代表的人物のようです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません