山川健次郎、山川捨松の兄妹を生んだ会津の山川家について、くわしく説明されたサイト、ページ、書籍などありましたら、ご教示ください。


なお、星亮一『山川健次郎伝―白虎隊士から帝大総長へ』、久野明子『鹿鳴館の貴婦人 大山捨松』は既読ですので、書籍を紹介してくださる方はそれ以外で御願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/11/24 00:01:47
  • 終了:--

回答(3件)

id:toshi_nishida No.1

toshi_nishida回答回数525ベストアンサー獲得回数382004/11/24 00:56:02

ポイント40pt

http://www.bakusin.com/eiketu/yamakawa.html

幕末英傑録 山川大蔵

山川家、ということで検索しました。

「山川家の先祖は信州高遠の出で、代々治大夫を襲名した松平氏の世臣であった」

 「捨松は幼名咲子[さきこ]、1860(万延元)年2月24日、会津若松市東栄町八番付近に当たる当時の若松城下本二之丁山川大蔵[おおくら](後の浩[ひろし])の末妹に生まれた。兄弟は二男五女あった。

 咲子が生まれたとき、父の山川尚江重固は1ヵ月ほど前に病死していた。このため咲子は祖父山川兵衛重英[ひょうえしげひで]と母えん(雅号唐衣[からころも])に育てられ、中途から15歳年長の長兄大蔵が父親代わりとなり、次兄健次郎が賢兄であった。

 山川家は信州高遠時代から代々保科松平家に仕え、祖父兵衛は300石の勘定奉公で身を立て、幕末会津藩の財政を担当し、1000石の家老にまでなった理財の才のある人であった。」

「現在の会津酒造歴史館駐車場東側より、会津酒造組合にかけての一体が旧会津藩家老職山川家の屋敷跡であった。」

id:So-Shiro

山川浩も兄弟なんですね。これは知りませんでした。

2004/11/24 08:02:09
id:snowsnow004 No.2

snowsnow004回答回数627ベストアンサー獲得回数12004/11/24 03:02:00

ポイント40pt

山川家家系図です

長男 山川大蔵氏に関するページです

こちらによると山川健次郎氏による山川兵衛重英略伝というものがあるようです

id:So-Shiro

系図、たいへん参考になりました。

山川健次郎は理系の人間にとっては、たいへん有名な方ですよね。

2004/11/24 08:05:01
id:hiroyon No.3

hiroyon回答回数1ベストアンサー獲得回数02004/11/24 05:33:41

ポイント40pt

逆風に生きる : 山川家の兄弟

中村彰彦著 -- 角川書店 , 2000 , 318p.

男爵山川先生遺稿

-- 故男爵山川先生記念會, 1937.6 , 1937 , 2, 2, 13, 778p.

続 会津士魂〈6〉反逆への序曲

早乙女貢 著 -- 集英社 , 2002 , 323p. -- (集英社文庫)

id:So-Shiro

そうか、早乙女貢氏の小説がありましたね。

『逆風に生きる』も面白そうです。

同じ女子留学生の津田梅に比べて山川捨松は周辺情報が少ないので、質問してみましたが、だいたい方向がつかめました。

幕末の会津も面白そうでごわす。

回答者の皆様、ありがとうございました。

2004/11/24 08:09:13

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません