地震で家屋が傾いた場合の全壊・半壊などの判定基準を知っている方がいましたら、「柱の傾きが何度あれば全壊・半壊になるのか」などを教えてください。

(市町村ごとに多少の違いはあるものと思われますが…)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/12/03 20:49:08
  • 終了:--

回答(4件)

id:hinop No.1

hinop回答回数2601ベストアンサー獲得回数12004/12/03 20:52:19

ポイント18pt

秋田です。

【全壊】

住家が滅失したもので、具体的には住家の損壊、焼失若しくは、流失した部分の床面積がその住家の延床面積の70%以上に達した程度のもの、

または住家の主要構造部の被害額がその住家の時価の50%以上に達した程度のものとする。

【半壊】

住家の損害がはなはたしいが、補修すれば元通りに使用出来るもので、具体的には損壊部分が、その住家の延床面積20%以上70%未満のもの、

または住家の主要構造部の被害額がその住家の時価の20%以上50%未満のものとする。

とのことです。柱の角度はあんまり関係ないようですが…。

id:kamima

ご回答ありがとうございました。

明日再調査を受けるので、参考にさせていただきます。

2004/12/03 21:21:20
id:sakucchi No.2

sakucchi回答回数12ベストアンサー獲得回数02004/12/03 20:56:22

ポイント18pt

某大規模掲示板のwikiになります。

ある程度詳しく記載されているため参考にしてください。

http://www.bousai.go.jp/hou/unyou.html

災害に係る住家の被害認定‐内閣府防災情報のページ

内閣府より被災者に係る住家の被害認定基準運用指針が発行されています。

id:kamima

とても詳しい資料をご紹介くださいましてありがとうございました。

参考にさせていただきます!

2004/12/03 21:23:46
id:ed_tks No.3

ed_tks回答回数699ベストアンサー獲得回数02004/12/03 20:59:56

ポイント17pt

http://www.sjk.co.jp/c/w.exe?y=www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-09...

災害被災住家の被害認定新基準とは?

2002年に被害認定新基準となり、“これまでは外見上の「損壊」によって全壊・半壊などの判定がされていたのを、居住のための基本的機能の喪失の程度を判定基準とした”そうです。

しかしながら、先の新潟中越地震における判定には不満の声が多くあがっている様ですね。

id:kamima

ありがとうございます。

うちも調査の結果に不満があり、再調査を依頼してあります。

2004/12/03 21:25:25
id:Rousseau No.4

Rousseau回答回数666ベストアンサー獲得回数02004/12/03 21:19:57

ポイント17pt

全壊、全焼または流失

住家が滅失したもので、具体的には住家の損壊、焼失若しくは、流失した部分の床面積がその住家の延床面積の70%以上に達した程度のもの、

または住家の主要構造部の被害額がその住家の時価の50%以上に達した程度のものとする。

半壊または半焼

住家の損害がはなはたしいが、補修すれば元通りに使用出来るもので、具体的には損壊部分が、その住家の延床面積20%以上70%未満のもの、

または住家の主要構造部の被害額がその住家の時価の20%以上50%未満のものとする。

id:kamima

ご回答いただき、どうもありがとうございました。

これにて質問終了とさせていただきます。

2004/12/03 21:26:57
  • id:hinop
    4番目の回答者へ

    あなたは既に寄せられた回答を見ましたか?
    見ていないのなら見直してください。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません