嘘八百や、八百屋など、「八百」には「多くの」という意味がありますが、

なぜ「八十」や「九百」ではなく「八百」なのでしょうか。

「八百万の神」という言葉があるように、語源はかなり古いもののように思うのですが、
その語源について教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/12/06 12:23:08
  • 終了:--

回答(6件)

id:hinop No.1

hinop回答回数2601ベストアンサー獲得回数12004/12/06 12:24:56

ポイント15pt

(注)八百屋の語源です。

江戸時代、八百屋は必ずしも青果商ではありませんでした。あの”八百屋お七”の実家も乾物屋です。

”八”は分けるの意味、”百”は親指の形、”屋”は店という意味で、結局八百屋は”親指をたてて、物を分けさばく店”の意味で、市場と言った意味あいです。

と書いてあります。

id:hisano

なるほど〜、別に「多くの」といういみではないんですね。

2004/12/06 12:30:25
id:judas_ueda No.2

judas_ueda回答回数23ベストアンサー獲得回数02004/12/06 12:33:50

ポイント25pt

八百万(やおよろず)の語源だそうです。

私も始めて知りましたが…

おそらく諸説あるのではないかと思います。

あくまでもこういった説もある、ということでどうでしょうか?

id:hisano

なんと、語源がヘブライ語だったとは!

この説、面白いですね。

2004/12/06 12:45:47
id:ed_tks No.3

ed_tks回答回数699ベストアンサー獲得回数02004/12/06 12:45:01

ポイント15pt

八百屋と八百長の言葉の由来です

id:hisano

八百屋の由来の別の説が出てきました。

これも面白いですね。

2004/12/06 12:49:52
id:Im_Me No.4

Im_Me回答回数301ベストアンサー獲得回数62004/12/06 12:46:59

ポイント15pt

http://www.kitombo.com/mikami/0505.html

kitombo.com | 三神たけるのお伽秦氏 | 2003年5月5日

こんなんいかがでしょうか。

でもこの説をとると日本古来の(独自の)ものじゃない、って事なんかいな?

id:hisano

歴史の古さから言えば、ありえる話ですね。

意外なつながりでした。

2004/12/06 12:55:02
id:coyabu No.5

coyabu回答回数12ベストアンサー獲得回数02004/12/06 12:48:38

ポイント10pt

「やお」は、歴史的假名遣いでは「やほ」になります。

id:hisano

青屋由来説二つ目ですね。

2004/12/06 12:59:09
id:mimibukuro No.6

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32004/12/06 12:53:09

ポイント10pt

こちらに、嘘八百・八百万の神・八百屋に関しての語源が載っています。

こちらには言葉に関する考察、ということでしょうかね。探してたら出てきたんで、面白いので紹介します(少し長いですが、聖書なんかも出てきて、言葉自体を分解して考えています)

id:hisano

ありがとうございます。

「八百」=「多くの」の語源がまだ出ていないように思うので、

もしありましたらよろしく。

2004/12/06 13:09:24

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません