次のperl用語(?)について説明してください。

①メソッド
②ハッシュ
③ローカル変数
④ファイルハンドル
⑤ヒアドキュメント

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/12/10 03:05:38
  • 終了:--

回答(1件)

id:rionissleeping No.1

rionissleeping回答回数11ベストアンサー獲得回数02004/12/10 04:06:16

ポイント40pt

http://www.hatena.ne.jp/1102615538#

人力検索はてな - 次のperl用語(?)について説明してください。 ①メソッド ②ハッシュ ③ローカル変数 ④ファイルハンドル ⑤ヒアドキュメント..

1.メソッド:一連の作業をさせるための、ひとまとまりのプログラムコード。

例:二つの数値を受け取り、それを足し算して結果を返すメソッドなど

2.ハッシュ

キーと値をペアにして管理する仕組み。

たとえば、

キー   値

apple  りんご

banana  バナナ

peach   桃

というように、二つ一組の値をいくつかまとめて管理することができます。

3. ローカル変数

一つメソッドなどの内部だけで有効な変数。

これに対して、たくさんのメソッドから同じように使える変数を

グローバル変数といいます。

4. ファイルハンドル

プログラムの中でファイルを開いて読み出したり、ファイルに何かを

書き込んだりするときに、対象となるファイルにつけるニックネームのようなもの。

普通、ファイルって c:¥windows¥test.dat のようなパス名で指定しますが、

プログラム中にいちいちそんな風に書くのは面倒だから(かどうかは知りませんが…)、

最初に「MY_FILE」などの名前をつけておき、あとはその名前で扱うというわけです。

5. ヒアドキュメント

技術的にいうと、コマンドの標準入力に渡すデータを記述するための機能。

Perlでは文字列を書き出すときに、

print ”<b>こんにちは!</b>”;

のように書きますが、書き出す文字列が長くなると割と面倒になってきます。

ヒアドキュメントの仕組みを利用すると、

print <<END

<b>こんにちは!</b>

END

…という感じで、<<[任意の名前(上の例の場合はEND)] と [任意の名前] の間に

たくさんの文字列を書き込んで出力させることができます。

-------------------------

以上、かなり噛み砕いて説明しているので、技術的な見地からは、少し不正確な

表現があるかもしれません。

id:yujihirose

非常にわかりやすかったです。

2004/12/10 08:28:33

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません