今朝、出社途中で考えたのですが答えが分かりません。Aさんが日ごろ頭に来ているCさんを殴りたいと思いましたが自分が出来ないのでBさんにCさんを俺の変わりに殴ってくれ、と頼みました。Bさんは逆にCさんに日ごろ頭にきているAさんを殴ってくれとCさんに頼みました。CさんはAさんを殴りました。

それぞれの罪名とAさんはどのように対処すればいいのでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/12/27 08:52:21
  • 終了:--

回答(4件)

id:hinop No.1

hinop回答回数2601ベストアンサー獲得回数12004/12/27 08:55:14

ポイント10pt

傷害幇助罪というのがあります。

□ 傷害現場助勢罪(206条)−実際上ほとんど適用にならない

「勢いを助ける」とは、傷害行為を行い易くする雰囲気を助長する行為一般を意味する

>現場助勢の態様で特定の側を応援する行為で、それが形式上傷害罪の幇助に当たるものをどう処断すべきか?

206条適用説

傷害幇助説(判例)

過去に、ネットで「○○を殺害してくれ」と依頼され、それを引き受けた方が、

殺人幇助で、依頼者が殺人容疑でそれぞれ摘発されていた記憶があります。

それに当てはめると、Bさん、Cさんは傷害幇助、Aさん、Cさんは傷害にあたるのではないでしょうか。

id:toitaiki

Aさんは公序良俗ではないでしょうか?

たぶん。

2004/12/27 09:17:07
id:setu1222 No.2

setu1222回答回数31ベストアンサー獲得回数02004/12/27 10:16:28

ポイント10pt

http://www.hatena.ne.jp/1104105141

人力検索はてな - 今朝、出社途中で考えたのですが答えが分かりません。Aさんが日ごろ頭に来ているCさんを殴りたいと思いましたが自分が出来ないのでBさんにCさんを俺の変わりに殴ってくれ、..

URLはダミーです

AさんとBさんは実行に移していないので罪名なし

BさんとCさんは実行に移したので暴行罪、Aさんが怪我をしたのなら傷害の共同正犯。

Aさんは事件にするも、しないも自分の判断。自分が痛い思いをしたのだから

今後は人に殴ってくれなどと頼まないこと

id:toitaiki

Aさんもハンザだと思いますが。「今後は人に殴ってくれなどと頼まないこと」当たり前です。

2004/12/27 11:09:02
id:morgenplatz No.3

morgenplatz回答回数575ベストアンサー獲得回数12004/12/27 10:43:23

ポイント15pt

私は知人から別の知人を半殺しにしてほしいと依頼されて警察に相談に言った事のある者です。

その時の警察での答えによると、「その依頼者が冗談としてそのようなことを口にしたことを否定する証拠が無く、しかもあなたはその依頼を実行していないので今のところは罪にはならない」と言われました。

ご質問のケースでは、AさんはBさんに暴行または傷害を「決意」させていないためにBさんはCさんを殴っておらず、AさんはCさんを殴ってほしいということをインターネットなど公の所で宣言して実行してくれる人を募ったりしたということもしていないので、Aさんは罪に問われないと思われます。

逆に被害を受けたAさんは、とりあえず直接的な加害者であるCさんを訴え、その後この事件にBさんの依頼が関わっているということが証明されるか否かでBさんがどうなっていくのかということに任せるようになります。

Bさんの関与が証明されればBさんは暴行または傷害の教唆の罪となり、Cさんは暴行または傷害罪となります。

id:toitaiki

なるほど。Aさんは無罪で「被害届」を警察にということでしょういか。厳密にいいますとAさんは公序良俗で「たちションベン」程度かなー

と引っかかっているのですが。

2004/12/27 11:12:21
id:phase-d No.4

phase-d回答回数91ベストアンサー獲得回数32004/12/27 12:25:33

ポイント40pt

仰っている「公序良俗」というのはおそらく民法90条のことではないかと思いますが、

これは「公序良俗に反する法律行為(≒契約)が無効」というものであって、罪とはひとまず無関係です。

最初にAがBに依頼してCを殴らせた行為を検討すると、文面からしてこれは実行されなかったと考えます。

殺人の場合は「予備罪」がありますが、傷害の場合には予備罪はおろか未遂罪の規定もないので、

何らかの罪に該当する要件はないと考えられます。

一方、BがCに依頼してAを殴らせた行為について検討すると、これは実行されていますので傷害罪もしくは暴行罪が成立します。

この場合、実際に殴ったCは傷害罪の正犯、依頼したBはその共謀共同正犯となると考えるのが妥当です。

ちなみに立ち小便は軽犯罪法違反です。

id:toitaiki

完璧なお答え感謝します。

2004/12/27 12:39:32
  • id:phase-d
    Aさんはどうすべきか

    書き忘れてしまったので補足。
    Aさんは殴られたという事実があるので警察に被害届を出すべきです。
    医師の診断書やその時の状況を証言してくれる人がいれば立件できるように思います。
    現実問題として怪我の程度などにもよりますが、どちらかといえば微罪なので、警察がどこまで真面目に対応してくれるか怪しいというのと、
    取り調べの中でAがBに依頼をしていたということが明らかになってしまうと、
    警察官の心証は一気に悪くなる可能性はありますね。
  • id:toitaiki
    Re:Aさんはどうすべきか

    >書き忘れてしまったので補足。
    >Aさんは殴られたという事実があるので警察に被害届を出すべきです。
    >医師の診断書やその時の状況を証言してくれる人がいれば立件できるように思います。
    >現実問題として怪我の程度などにもよりますが、どちらかといえば微罪なので、警察がどこまで真面目に対応してくれるか怪しいというのと、
    >取り調べの中でAがBに依頼をしていたということが明らかになってしまうと、
    >警察官の心証は一気に悪くなる可能性はありますね。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません