ある会社から以下のような対応を受けているのですが、こんなことは許されるのでしょうか?

退職時に非公開株を保有(3%以上)していたのですが、退職後財務状況の報告がないので、説明を求めたところ、知らない間に持ち株会会員になっており、持ち株会には状況報告を行っているとこと。退職時には持ち株会は存在せず、退職後発足してようである。また、発足時に入会の了承等はまったく無かった。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2004/12/30 01:12:08
  • 終了:--

回答(2件)

id:matiki No.1

matiki回答回数172ベストアンサー獲得回数02004/12/30 01:31:31

ポイント25pt

http://www.tabisland.ne.jp/explain/jigyo/jigy1_13.htm

13 従業員持株会の賢い活用方法

株式の譲渡は自由なのが原則です(商法204条)これは株主の投下資本回収の方法の確保が目的です。ですから、譲渡相手の制限や譲渡価格の制限は特別な例外があればこそ認められます。例えば定款や契約の存在です。

このケースの場合、事後的に持株会が発足され、質問者さんは個別的に契約をしていないようなので、そのような制限に拘束されることはなさそうです。

ちなみに取り消された質問の中に額面価格の漢文での買い取りという記載がありました。よしんば契約が有効だとしても譲渡価格の点でもこの契約には問題があると思います。ものの本によれば「あらかじめ約定された譲渡価格が譲渡時点での株式の価値と合理的な関連性を有しないときは公序良俗に反し、契約が無効になる可能性がある」と記載されたいます。この本には譲渡価格が額面価格であるケースをとりあげ、配当性向が100%だとしても無効になる可能性があると指摘しています。とすると、質問者さんのケースではやはり無効になりそうです。

id:kkusakabe

ありがとうございます。

2004/12/30 08:44:33
id:p00437 No.2

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132004/12/30 06:51:57

ポイント25pt

株と言うのは会社に対しての投資ですから非公開株であろうが知らない間に持ち株会が出来ていて、知らない間に持ち株会会員になっていると言うのは、ありえない話ですね。退職後財務状況の報告がないと言うのも信じられないことですが、株主を馬鹿にしているとか思えません。会社側に訴えてみてはどうですか?

id:kkusakabe

ありがとうございます。

2004/12/30 08:58:05

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません