「占いの根拠」を教えてください。

結局そもそもは「中国で行われた統計」だと聞いたのですが、「実際にそんな統計は行われたことはなかった」とも聞きました。
たとえば雑誌に「今週の乙女座のラッキーアイテムは◎◎」とか書いてあったとして、そのおおもとの根拠はどこにあるのでしょうか。
どなたかその当たりの実情にお詳しい方、お教え頂ければ幸いです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/03 01:33:16
  • 終了:--

回答(6件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/01/03 02:22:05

ポイント40pt

はたしてご希望の内容に

そうかどうかわかりませんが・・・・。

たとえば易占で有名な高嶋易断の場合、

高島嘉右衛門という人が、

それまで極めて難解とされていた易経による占断方法を、

簡単なマニュアル本にまとめたことに端を発しています。

このへんの事情はタロットにしても占星術にしても

概ね似たようなもので、

古来から伝えられている伝統的な手法を

図表にしたりしてマニュアル化し、

ひとつの鑑定にかかっていた時間を省略し、

より多くの人を相手にできるようにして

商業化してきたのが占いの実態です。

本当は、占いのたぐいは昔から

ひとつの鑑定を行うために何日間潔斎するとか、

筮竹一本引いた結果を調べるにも

難解な漢文を紐解いて検討するという

大変な手間がかかるものだったのですが、

そうしたものを全て省略することによって、

はじめてそれを商業ベースに乗せることが可能となったわけです。

ですから、仮にその占いの根拠となるものが

いかに統計上根拠があったものだとしても、

それを画一的なマニュアルとした時点で、

その信頼性はかなり削がれてしまうと言えるでしょう。

占いの根拠は単にどこに出典を置いているか、

というだけの問題です。

出典の信頼性の検討も客観的にはできませんし、

さらにそれをマニュアル的に簡略化して

ごく特徴的な部分のみを適用していくのですから、

科学的な根拠はほとんど求められないものと思われます。

id:maiko8

なるほど。

とてもとても参考になりました。本当にありがとうございました。

2005/01/03 08:30:36
id:juzube No.2

juzube回答回数58ベストアンサー獲得回数02005/01/03 03:31:58

ポイント50pt

http://media.excite.co.jp/News/weekly/040601/topics_p03.html

「占星術、タロット…占いを科学する!」 週刊!エキサイト | Excite エキサイト : ニュース

こちらのサイト、占い師が言ってることですが、けっこう参考になります。

さて、占いの根拠というのは、占いの種類によって違います。

手相、人相は、かなり統計的な要素が強いと思います(といって、古代にだれかがしっかり統計を取ったというわけではなく、いろんな人が体験的に受け取ったその集合としての意味の「統計」でしょう。漢方薬とにたような感じだと思ってます。飲んでみたら効いた、やってみたら当たった、みたいな)。

実際、私が何百人か見たところでは、手相にはまず確実に「性格」は出ますね。未来予測はわかりませんが。

次に、西洋では西洋占星術(ホロスコープ)、中国なら四柱推命ですが、星を使うものです。

これは、経験上はやはりその人の傾向がかなりあたると思っているのですが、しかしその根拠たるや非常に非科学的です。

例えば、月は動きが速く満ち欠けの変化があり夜の「陰」のイメージで神秘的だから、「内面、感情、移ろいやすさ、女性」などという意味を持ってます。水星は動きがとてもはやいので、「敏感、コミュニケーション」など、火星は赤いから「情熱、戦い、暴力、エネルギー」など。つまり、とても図式的で、見たまんま意味を当てはめてみました、という感じなのです。

実際、昔は天王星や海王星などの遠い星は見つけられませんでしたから占星術に入ってなかったんですが、望遠鏡が出来てそれらの惑星が発見され、その時に占星術師達によって意味が付けられました。例えば、冥王星は一番外側にある一番地球から遠い星だから、「人知を越えた力、冥界」などの意味が付けられたわけです。

星座についても、あちらの神話から来ているその意味合いが当てはめられているだけです。

で、「あなたは乙女座です」とかいうのは、生まれた時に、一番重要な星である太陽がどの星座に位置していたか、を示すだけのものでして、その星座も天空のうちの30度分あり、一人一人どの角度に位置していたか違いがあります(1度の位置に太陽があった人でも29度の位置にあった人でも、おなじ星座生まれ、になるわけです)。

明日の運勢は、なんて占いは、だいたい動きの速い月などが明日どの位置にあるかを調べ、それと生まれた時の太陽などの位置とがつくる角度がいい角度か悪い角度かで判断するのですが、

上のように、30度ある内のどこに位置するかもあいまいで、かつ重要とはいえ一つの要素に過ぎない太陽だけで見るわけで、本当言えばまず「当たるはずがない」ものです。

その「いい角度」「悪い角度」というのも、三角形は完全な形だから、60度はいい角度、その倍の120度もいい角度。四角形は角々しいから(?)90度は悪い角度、倍の180度も(正反対の位置になり対立するように見えるし)悪い角度、と、これまた見たまんま、が根拠となっているのでしょう。

そういうことですから、もし「今週の山羊座のあなたは」とかいう占いが当たったとすれば、占星学的に言えば、その占い師が仮定した太陽の位置がその人の生まれた時の太陽の位置と同じだった、かつ、太陽の示す「社会的自分自身」などに応じた占い内容だった、ということになるでしょう。

さらに「ラッキーアイテムは」まで行くと、もっと根拠が薄くなります。いろいろやり方はあるんですが、例えば、あなたの生まれた時の太陽の位置と明日いい角度をつくる惑星が金星だとしたら、金星は最も明るくて綺麗な星だから「美」などを現しますので、きらきらした金色のものなどがラッキーカラー、ラッキーアイテム、なんてことになるわけです。

また星座にはその星座の意味に近い惑星が「支配星」として当てはめられており、そこから星座ごとに対応する色、ものなども決められています空、星座からラッキーカラーなどを決めることも出来ます。

そんなこんなをいろいろ判断して、てきとーにやっているのが、「生まれ星座占い」です。

〜実のところ、雑誌などの占い、サイトの占いなどで、ひどいところでは(というのがかなり多いんですけど・私マスコミ関係者です)占い師でもなんでもない人が、順繰りに表現を変えて書いてるだけということも多いんですねー。〜

ということで、西洋占星術の場合には、ホロスコープを出してきちっと見る以外は、ほとんど参考にならないと思います。といってもちろん、科学的な一般的根拠があるわけではありません。上に書いたような根拠からして、統計学とも言えないでしょう。

さらに、中国の占星術である四柱推命ですともっと複雑で、西洋占星術の太陽に当たるような「日柱」を元に見るのでしょうが(それだけを取り出して動物に当てはめたのが動物占いです)、それを「明日の」「今週の」と見るのは、かなり無理があると思っています。

が一応、「今年の」というのは、四柱推命ではいいわるいのめぐりが決められていますので、四柱推命の理屈の中では意味があるでしょう。といって、やはりそれが何か普遍的な根拠を持っているわけではありません。

四柱推命の場合はさらに詳しく見るのでなければ、意味が全然ないと思っています。

姓名判断は、かなり統計的なものが大きいと思っています。しかし同じように、あくまで「統計的」であって、科学的な「統計」ではないでしょう。「今週の」などを見ることはできません。

他に有名なのはタロットですが、カードそれぞれにものすごく意味が込められていますけれど、それを引いて並べるのはまったくの場当たり、まさに運命で、なんの根拠もありません。たまたま引いたカードがこれだからこうです、というものです。さらに、一枚のカードにめちゃくちゃいろんな意味が込められているので、それの解釈によっていかようにも意味を変えられます。

と見ると、かえってタロット占いの方が、全く根拠なく直感・運だけですから、「明日の」「今週の」「今月の」なんてのを広くみんなに当てはめるには一番向いているとも言えそうです。

てなことで、手相はもちろん「明日の」「今月の」といった細かい年代は見られませんし、星占いはきっちりとその人なりのホロスコープなりをつくって総合的にみないと(占星術の原理から言っても)当たるはずないです。

まとめますと、統計的と思われる占いは、手相・人相・姓名判断で、伝説的・勝手な意味的だけどものすごく理論的なものが星占い、タロット・水晶占いなどは霊感・直感的、ということになりそうです。

占いの根拠、ということで言えば、統計的な占いは、古来よりの経験値が重なってこんな感じだろうという発祥。

星占いは、神話なり人の理論的に思い考えたものをもとにし「学」にまで高めた「理論」が根拠です。その根拠の根拠、はありません。

霊感系のものには、もちろん科学的根拠はゼロです。

しかし近年、特に手相では、科学的に統計を取ったりしている人もいるようです(その結果、結婚線はほとんど結婚や子宝を当てないなどと言われてきています)。

占星術でもいろんなデータを蓄積している占い師が増えていますが、もともと神話などが根拠ですから、それらの統計は「当たるかどうか、解釈が妥当かどうか」を調べるためのものと言えるでしょう。

などと言いつつ、私は「きちんとやれば」かなり占いは当たると経験してます。しかしそれぞれに特徴があり、当てられる範囲・限界があります。

個別の具体的な問題に対してだと、占星術や手相などはまるで無力です。占い師がその人の性格や傾向を見て、アドバイスするだけです。「明日のテストで何点とれるでしょう」なんて質問に答えられるのは、タロット系しかありません。

が、その人のいいところ、弱点、特徴、性格、運命の傾向、等々広く深く見られるのは占星術ですし、手相はそれをもっと端的に簡単に調べられます。

ただし、「こうなります」ということは、手相も占星術も本当は言えません。原理的にそうなのですから仕方ないです(ある程度は言えるのですが、「このくらいの歳はこんな感じでしょう」とか、「何歳ぐらいでこんなジャンルで世間から認められそうです」とか、その程度)。

つまり「こうなる」を決めるのは、自分自身、ということになります。

以上のようなことですので、占いとは正しくお付き合いするのが賢いやり方ですねー。

id:maiko8

なるほどなるほど。

色々と本当に勉強になりました。

まさか冥王星も、自分の動きが、はるかかなたに離れた星にうごめくちっこい人間という生き物の運命に関連させられているなんて思いもしないわけですよね。

いずれにしても、とても理論的で、両者の見方が分かっているからこそ書ける内容。

本当にありがとうございました。

2005/01/03 08:39:41
id:asari21 No.3

asari21回答回数4ベストアンサー獲得回数02005/01/03 05:24:58

「中国で行われた統計」そのものの真偽はよくわかりませんが、十干(じゅっかん)十二支

はご存じと思います。その組み合わせで、最少公倍数(10と12)が60となり、その根拠は

ありますし、ある程度のその人の性格は分かりますが、占い的に捉えると未来の事は分かりません

ので、「今週の乙女座のラッキーアイテムは◎◎」などの根拠はありません。

もしそれを言うなら、相手の生年月日が必要になります。

不特定多数の人に(星座・血液型を含め)「明日の運勢は」などの根拠は全くありません。

ただ、不思議に性格分析で生年月日から来るある態度の性格の特徴は分かるようです。

参照、当たるか当たらないか確かめてみては....

id:maiko8

ごめんなさい。回答が何ら質問の意図を汲んでいないような。

>最少公倍数(10と12)が60となり、その根拠はありますし、

この根拠は何なのでしょうか。

ちなみにご自身のIDからして、これはご自身のサイトなのでしょうか。

とはいえわざわざありがとうございました。

2005/01/03 08:42:59
id:izayoimizuki No.4

izayoimizuki回答回数302ベストアンサー獲得回数02005/01/03 10:48:36

占いは勝手に占われた人が人が占いで言われたことを具現化する等の形で占われた人が統計学的な根拠を作り出しています。

忘れがちな常識と言うようなものを言っていたり悪く言ったりしていることが多いです。

前者であれば外れることは稀ですし後者であれば人は忘れると言う事です。

占いには占い自身による根拠はありません。

占い師が占われる側をどれだけうまく信じ込ませるかによって根拠が生まれるものです。

id:maiko8

ななな、なるほど。勢いのあるトークです。

勢いの秘訣は、「、」を使わないことでしょうか。参考になりました。

「根拠がない」という根拠をお教え頂ければ幸いです。

2005/01/03 10:53:03
id:izayoimizuki No.5

izayoimizuki回答回数302ベストアンサー獲得回数02005/01/03 16:38:44

URIはダミーです。

>「根拠がない」という根拠をお教え頂ければ幸いです。

・将来を見る事を可能にする。

・全く情報を有することなく過去を知る事を可能にする。

以上の2項に対する根拠を持った手段が存在しない。

「根拠が存在しない」根拠は「根拠が存在しない」でしかありません。

id:maiko8

うむむむ。

うむむむ。なるほど、のような、何なのか。

とにかくありがとうございました。

2005/01/03 19:21:17
id:rev-9 No.6

rev-9回答回数61ベストアンサー獲得回数82005/01/04 03:42:23

http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/

血液型と性格の関係 - ABO FAN Home Page -

めちゃめちゃ分量が多いですが、是非この順に読むのをおすすめ。

http://www.obihiro.ac.jp/~psychology/abofan.html

畜大心理:ABOFANへの手紙

http://d.hatena.ne.jp/kaznet88/20041215

ABO FAN の怪 本編 - 宇多津日記

id:maiko8

血液型…ですか…。

うむむむ。

あまり本題と関係ないような。

とはいえ本当にありがとうございました。

2005/01/04 10:48:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません