回文だけで書かれた童話をご存知ありませんか? 小学校の教室にあったのを読んだ記憶があるのですが……。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/06 18:57:52
  • 終了:--

回答(7件)

id:hamao No.2

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/01/06 19:07:20

ポイント30pt

回文絵本・へたなかいぞくいくぞかなたへ

回文絵本・へたなかいぞくいくぞかなたへ

  • 作者: 大山 ミホ
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • メディア: 単行本

回文の国へようこそ―てのひら絵本 (中公文庫―てのひら絵本)

回文の国へようこそ―てのひら絵本 (中公文庫―てのひら絵本)

  • 作者: 坂崎 千春
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 文庫

何年前に読んだかを教えてくだされば。

とりあえずこの2つは最近過ぎますので

id:hkt_o

私は1980年生まれです。1986年以前に発行された本ということになります。

それにしても、回文をテーマにした大人向けの小説はそれほど多くないのに、子供向けとなると意外にあるものですね……。

2005/01/06 19:43:22
id:snobby No.3

snobby回答回数199ベストアンサー獲得回数02005/01/06 19:26:54

ポイント30pt

まさかさかさま 動物回文集

まさかさかさま 動物回文集

  • 作者: 石津 ちひろ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • メディア: 単行本

わたしの記憶にあるのは、これですが、絵本と表示してありますね。

ちがってるようでしたら、ポイント不要です。

id:hkt_o

いやいや。これはこれで興味深いです。

2005/01/06 19:44:04
id:kapibara No.4

かぴ回答回数326ベストアンサー獲得回数142005/01/06 20:10:58

ポイント30pt

1975年発行、福音館の「つつみがみつつ」(包みが3つ)と言う絵本じゃないでしょうか?

参考URL(復刊ドットコムのコメント欄です)をご参照ください。

id:hkt_o

非常に面白そうな本なので、これはこれで読みたいのですが、探している本とは明らかに違います。なぜかというと、私の探している本は、各ページに何行も回文が載っていて、1ページたりとも暗礁などできない大作(察してください)だったからです。

2005/01/06 22:13:23
id:hamao No.5

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/01/06 21:06:55

ポイント30pt

軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (角川文庫 (5853))

軽い機敏な仔猫何匹いるか―土屋耕一回文集 (角川文庫 (5853))

  • 作者: 土屋 耕一
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

まさかさかさま 動物回文集

まさかさかさま 動物回文集

  • 作者: 石津 ちひろ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • メディア: 単行本

うーん、微妙なところです

id:hkt_o

「軽い〜」タイトルはピピ〜ンときたのですが、これはたぶん中学生以降に読んだような気がします。実物を手に入れてチェックすることにします(オークションで手に入るみたいなので)。

「まさかさかさま動物回文集」は、残念ながら違うようです。

2005/01/06 22:17:35
id:trijata39 No.6

trijata39回答回数15ベストアンサー獲得回数02005/01/06 21:38:51

ポイント30pt

http://www.fukkan.com/vote.php3?no=13949

つつみがみっつ 土屋耕一  復刊リクエスト投票

現在は絶版かもしれませんが、下記のURLをご覧下さい。「つつみがみっつ」1975年ごろ出たようです。土屋耕一著の「こどものとも」シリーズの一つで、復刊ドットコムで希望が出されています。(下のURLです)

以上、うちの奥さんからの情報です。

id:hkt_o

2重投稿でしょうか? って、聞かれても困りますよね、すみません。

2005/01/06 22:27:01
id:chibit No.7

chibit回答回数44ベストアンサー獲得回数02005/01/06 23:30:37

ポイント30pt

私も『つつみがみっつ』と思ってました。この絵本はかなり探していらっしゃる方が多いようなので。でもたしかに童話ではないですものね。他には思い当たらないのですが、参考URLに挙げたサイトに回文文献一覧があります。こちらのリストに思い当たられる本がないでしょうか。なお、リストの出版年は初出ではないので(以前に出版されたものの重版など)その点ご了解のうえでご覧いただいたほうがいいと思います。

なお、童話ということはなにかストーリーがあるのでしょうか? ご記憶であればどなたかお心当たりがあるかもしれません。

あと、回文ではないのですが、『いろはのいそっぷ』(平塚武二作/フォア文庫)という童話があります。「いろはにほへと……」の順に、それぞれのかな文字を使って48の短編童話に構成したものです。たとえば「い」だったら題名が「いぬのいいはないいにおい」で、本文は「いぬがいました。いいきもちそうに、いねむりをしていましたが」とはじまります。(本文中「い」の字が太文字になっています。)ご参考まで。

id:hkt_o

たくさんの回答をお寄せいただき、どうもありがとうございました。これだ! という回答は無かったのですが、じつは正解があったのかも知れないので、紹介された本をチェックしていこうと思います。

ストーリーは思い出せないのです。公園が出てくるのではなかったかと思うのですが……。

6.trijata39 さんの回答が二重投稿かと思ったのは、何かの錯覚だったようなので、どうも失礼しました。最初、別のコメントをつけて「次の回答を見たい」を選んだはずなのです。それがそもそも勘違いだった……のでなければ、たぶんそのときに、エラーか何かで同じ画面に戻ったのだと思います。

以上で、質問を閉じます。ちなみにこのはてなは、鯨統一郎「喜劇ひく悲奇劇」を読んでいて、そういえば昔……という経緯で質問したものです。

2005/01/07 20:10:43
  • id:masasan
    日本語の語感がおもしろい

    質問のものには該当しませんが、
    去年、とある絵本原画展で『パイがいっぱい』の原画をみました。
    http://d.hatena.ne.jp/asin/4579404122/
    回文は多少あったかもしれません。
    イラストと語感が、おもしろかったです。よかったらチェックしてみてください。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません