郵政の民営化に賛成ですか?反対ですか?

回答をお寄せいただく際には:
・根拠をしっかりと記してください。
・過去の類似質問http://www.hatena.ne.jp/1082996185を必ず事前参照し、同様の回答は避けてください。

学術的・政策的にすぐれていると思われる回答にはポイントを多めに配分したいと思います。また、参考となる文献(特に新しいもの)がありましたらご提示いただければ幸甚です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/21 21:50:41
  • 終了:--

回答(15件)

id:sami624 No.1

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/01/07 22:21:41

ポイント25pt

http://www.teipark.jp/floor3/floor3_5_01.html

ファイルが見つかりません

賛成です。

そもそも、郵便事業が国営である必要性があったのは、過去は情報伝達手段が限定されており、電話等がない場所もあり、そのような場所であっても、情報伝達手段が必要であったため、かつそのような場所は経済性が働かず、国営でないと採算上問題があったという側面から、郵便事業が国営である必要があった。

現行は、情報伝達手段は様々な方法があり、また情報伝達手段に不便を感じた場合は、自分で対応が出来るような、ライフインフラが整備されています。この意味では国営としての郵便事業の必要性はないでしょう。

内容証明等の問題については、現行でも特定郵便局に限定しているわけですから、公正証書同様、内容証明等の特定郵便を受け付ける郵便局は、相応の資格保有者が何名以上いなければならない、という法律を制定すれば可能であり、許可事業にすれば民営化でも解決できる問題です。

そもそもの趣旨である、情報伝達手段が多様化している以上、国営化の必要はないでしょう。小包等の郵便物にいたっては、民間の競合が参入しており、国営の必要は全くないでしょう。

id:hken

詳細な考察、ありがとうございます。

採算という問題では、郵便事業単体では、現在も良好とはいえないように思うのですが、いかがでしょうか?

>情報伝達手段に不便を感じた場合は、自分で対応が出来るような、ライフインフラが整備されています

この点につきまして、「自分で対応」ができない人々(お年寄り、障害者、外国人…?)の問題は想定できそうでしょうか?

勝手な私見ですみません。当方、賛否以前の勉強不足のため質問させていただいております。引き続き、皆様の自由かつ多様な立場からの回答をお待ちしております。

2005/01/08 06:40:17
id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/01/07 22:31:45

ポイント25pt

http://www.asahi-net.or.jp/~RL5Y-NK/link/gyokaku.html

郵政民営化論議 リンク集

私は反対です。

そもそも郵政事業は今日まで、

国の責任によって運営されてきたからこそ、

国民生活を支える上で欠かすことができない

公共基盤となってきたものです。

これを民営化することになれば、

必然的に利益優先の経営を迫られることになります。

しかも、銀行業界や運輸業界に配慮しながら、

できるだけそれらの業界を圧迫しないように

何重にも足かせをはめられながら。

そうなれば、必然的に「儲からない所」から

切り捨てを迫られるのは必定です。

田舎が見捨てられ、過疎の地域に負担が上乗せされ、

全国均一のインフラが崩壊します。

また民営化推進論者は

「国民の資産である郵便貯金と簡易保険の積立金の運用に問題がある」

として、銀行や証券のように

「経済活性化のために株式投資などへの運用」

を主張しますが、これは要は財政投融資の失敗のツケを

国民に吹っ掛けて誤魔化せ、という言い分です。

全く返済能力のない国鉄清算事業団への貸付けが約15兆円。

同じく国有林野事業累積債務が約3兆円。

こんな不良債権を抱える郵政にしてしまったのはいったい誰か。

それを民営化というギミックで国家から切り離せば改革か。

経済政策の根本的誤りの責任に頬かむりして

返す刀で国民に痛みを押しつける最低の悪政が

郵政民営化政策だと言えるでしょう。

まず民営化ありきではなく、

郵政事業の屋台骨をボロボロにしてきた

根本原因の改革こそが必要です。

id:hken

力強い主張、ありがとうございました。

>郵政事業の屋台骨をボロボロにしてきた

根本原因の改革こそが必要です。

もし、よろしければ、現状の良さを保持した民営化を伴わない「根本原因の改革」の方途につきましても御教示ください。

2005/01/08 06:45:01
id:hamao No.3

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/01/08 01:09:54

ポイント5pt

特別送達は公務員と明記されていたのに、改正で公社と法人に置き換え。ご都合主義だねぇ。

http://www.wombat.zaq.ne.jp/matsumuro/LEC16-09.htm

なぜ、郵政民営化が必要で、どう変わるのか

人口1億以上ではないんだよなぁ、民営化しているところ。ま、ニュージーランドはとかああいう小国だけで語るからねぇ、学者とかは。

id:hken

ありがとうございます。

人口1億以上の国では民営化は不向きということでしょうか? よろしければ根拠など御教示ください。

2005/01/08 06:46:43
id:zenon No.4

zenon回答回数170ベストアンサー獲得回数02005/01/08 10:07:04

ポイント25pt

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20050105mh09.htm

民営化郵便局 市町村に1か所以上:金融ニュース:マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

反対です。

全国に2万5千もある郵便局は、国民との距離がもっとも近い公共機関だと思えます。

今回の民営化案では、郵便局の減少が問題となりましたが、それを受けて、郵便局の配置については、一市町村に一つ以上としました。

しかしこの場合、極端な話では、全国に市町村は約3千あるので、3千まで減らすことは可能なのです。

つまりある程度なら郵便局を減らしても良いという解釈も可能なのです。

また、「住民の需要に対応し、利便性を低下させないよう努める」など、曖昧な点も多いと思います。

身近なのだから郵便局なのであって、国民から遠い存在になればその存在価値は薄れていく一方だと思います。

ほかのことを追求しすぎて、「郵便局だからこそできること」が無くなっていったら、それこそ郵便局の本当の意味がなくなっていくように思えます。

民営化するなら、もっとほかに民営化すべき団体があると思いますけどねぇ・・・。

id:hken

ありがとうございます。

記していただいた局数の問題と、「郵便局だからこそできること」というのは必ずしもイコールでないように思うのですがいかがでしょうか。純粋に局数だけの問題ならコンビニに業務委託すればよいわけで、民営化されたら不可能となる「郵便局だからこそできること」の内容について詳しいご見解を拝聴したいです。

2005/01/09 13:05:51
id:sami624 No.5

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/01/08 18:18:47

ポイント20pt

1.老人や障害者の問題であれば、宅急便において集荷サービスがあるので、郵政事業よりもサービスは向上しています。

2.外国人の問題については、現行の郵便局でも対応は不十分であり、民営化によりサービスレベルの低下が発生することはありません。

3.問題は離島でしょう。離島においては現行でも郵便の配達事情が悪く、民営化が行われても、現行とは変わらないでしょう。そもそもの考え方として、離島に住むことにより、住居費用等が本島よりも格別に安価であるため、通信手段に対して費用がかかるのは止むを得ないというのが実情ではないでしょうか。それを今まで税金で賄っていたこと事態が経済合理性に反しているのですから。

4.結び

現在バーコードを入れれば郵便料金が安くなるとか、色いろサービスが向上しています。要は、情報伝達手段としての郵便に、必要となった経費を受益者に負担させる必要があるのであり、これは現行の公共手段では日本全国何処でも統一料金と成り、経済合理性がないわけです。これを克服するためにも、民営化が必要なわけです。

経費の受益者負担による問題解決です。

id:hken

ありがとうございます。

いろいろ考えさせられました。

2005/01/09 13:11:07
id:masasan No.6

masasan回答回数143ベストアンサー獲得回数22005/01/14 22:39:11

ポイント7pt

p3に「郵政民営化をめぐる各国の状況」があります。

郵政の民営化に賛成

郵便関連事業については、ヤマト等にとっては重大な問題であるかもしれないけど、個人的には興味がない。イタリアでさえそこそこ出来ているので、民営化されても日本人ならしっかり任せられる。

実は郵便貯金の方が遥かに大きい問題。

p2によると、郵便事業はたかだか2兆円そこそこの事業。

それに比べ郵便貯金残高は250兆円規模。

政府が国会で80兆ほどの予算をやりあっている間に、旧大蔵省の小さな部室で250兆円(?)の運用・使途を決めていた。

国債を買ったり福祉施設を作ったり、金の流れが異様。

国の借金の問題もあるし、今までと同じ流れでもあまり希望が持てない。

変えたからって希望が持てるわけじゃないけど、とりあえず変えてみてほしいという一国民の意見。

id:hken

ありがとうございます。

民営化賛成への熱意はよく伝わってくるのですが…「個人的には興味がない」「日本人ならしっかり任せられる」「変えたからって希望が持てるわけじゃないけど、とりあえず変えてみてほしい」というのは、根拠としては…???

でも、挙げていただいたサイトは参考になります。

2005/01/14 23:11:34
id:usakou No.7

usakou回答回数373ベストアンサー獲得回数02005/01/14 23:04:47

ポイント20pt

http://book.keizaireport.com/asin/4535583943.html

あえて「郵政民営化」に反対する : 滝川 好夫 

反対です。

 今日、法律のより、ヤマトや佐川急便等のメール便には信書は送れない等の制限があります。しかし、サービスとしてみれば、結局同様の価格で場合によっては郵便より早く届きます。すなわち、同様のサービスが民間でもできるということなのです。それならばわざわざ国家がやる必要がないようにも思われます。

 ところが、そうとも言い切れない現実があります。都心部ならコンビニもヤマト等の宅急便やメール便を扱う店も多いため、都心部の住民にとっては正直言ってどうでもいいことかもしれません。しかし、田舎に行けば、郵便局もコンビニ等も少ないのです。そこで郵便局員は郵便物を配達に言ったときに、近くの家も回って郵便物を回収してくれたりもしているそうです。しかし、宅急便等ではそのようなサービスをしているゆとりがありません。

 また、引越をしたときに、多くの人は郵便局だけであるからこそ転送手続をしますが、民間業者全部に転送手続をすることは不可能であるし、プライバシー上も好ましくありません。

 さらに、郵便局が公社化されて結局ゆうパックの価格が他の民間会社とほぼ横並びになっています。民営化される結果、結局事実上同じ値段になり、より競争されなくなっているともいえるのです。

 以上のうち、確かに田舎における不便さは民間業者でも努力次第でフォローできるかもしれません。しかし、居住移転に伴うフォローまでは民間では無理であるし、民間がやるべきことではありません。

 したがって、郵便や宅配は解禁したとしても、一切の民営化には反対です。

id:hken

ありがとうございます。

2005/01/14 23:12:38
id:tiptop No.8

tiptop回答回数66ベストアンサー獲得回数02005/01/14 23:49:21

ポイント35pt

基本的には民営化に賛成ですが、

ユニバーサルサービスなどの福祉、膨張する国債の安定消化、天下りといった話に絡めて

経営に対して国の介入が続くのであれば民営化に意味はありません。

郵便を例をあげれば、本来付加価値を高めて収益の稼ぎ頭となるはずの特殊取扱が赤字

という非効率さも見えますが、「福祉分野」と言える第三種、第四種が赤字の主な原因。

他の収支でやりくりできるから、自力でやれ。という役所論理がまかり通ってます。

本来であれば、収益に税金を課す一方で福祉事業は補助するのが筋です。

(この場合の引受手は郵政公社である必要はなし。)

民間の論理が働けば、年賀郵便のために僅かな期間しか使わない巨大な予備室付の局舎も

不要になるはずです。

これまでも、公務員ながらヤマトに対抗すべく動いてきた実績もありますので、

こういう効率化が進めば、生き残ることは出来るでしょう。

郵便貯金については、場合によっては銀行よりも高いサービスを提供したり、

資金を集めや送金サービスなどは比較的問題ないのですが、

なによりも集めた資金の運用ノウハウが全くない点が問題です。

この解決には、融資を始めるしかないのですが、財務省は銀行保護を楯に許さないでしょう。

また、効率を考えれば、銀行、保険、その他分野を1社で兼業することは

金融自由化の流れに沿うものですが、これまた政府主導で分割ありきで進んでいます。

その状況下で、民営化推進とかいうと、はて?と思うこともしばしばです。

id:hken

ありがとうございます。

大変参考になります。

さらに余裕がおありでしたら、「はて?」の続編もお待ちしております。

2005/01/15 00:09:48
id:masasan No.9

masasan回答回数143ベストアンサー獲得回数22005/01/15 00:02:01

ポイント13pt

再度投稿失礼します。(オープン分の10pointのっかります)

まず、回答6.で2つ目と3つ目のリンクが被ってしまいましたが本来上記のリンクを張るつもりでした。ミスをしました。

次に、補足します。

回答6.で1つ目のpdfから

ニュージーランドは完全民営化。

他、ドイツ、イタリア、フランス、オランダは郵政事業が公社化あるいは半民営化されていることがわかります。

ドイツ、イタリアの郵便は公社化後、実際に利用したことがありますがサービスが良くまた郵便もきちっと届きました(僅かなサンプル数ですが)。新しいサービスに取り組む意欲もあるようで、印象が良かったです。

頂いたコメントについてですが。

>民営化賛成への熱意はよく伝わってくるのですが…

とくに熱意はありません。民営化しなくても問題ありません。議論をして問題を見極め、広く知らしめることを良いことだと思いますが。

>「個人的には興味がない」

2兆円/250兆円の事業には、プライオリティからして興味がありません。

>「日本人ならしっかり任せられる」

ある程度のコストがあれば、民間でも公社でもよい知恵を出しサービスを、信頼を気付いてくれると信じています(根拠は提示できません)。

>「とりあえず変えてみてほしい」

郵パックノルマに代表される郵政OB天下りへの集金システム等、既存の金の流れを断ち切る或いは明らかにして(情報を漏らして)欲しいんです。

そのためのシステムの変更を希望しています。優れたシステムでも続けていると、腐った部分が増えますので。そのため公社化後また、政府に戻しても良いとは思います。

言葉足らずで申し訳ありませんでした。

id:hken

ご丁寧にありがとうございました。

最後の部分は特に興味深い記述と思いました。

2005/01/15 00:09:54
id:ISHIDA No.10

ISHIDA回答回数158ベストアンサー獲得回数02005/01/15 04:50:42

ポイント5pt

私は反対します。

民営化される→一部の人がリストラされる→残った人の仕事が忙しくなる→疲れる

上記のことから私は郵政民営化を反対します。

id:hken

そうですか。。。

ありがとうございます。

2005/01/15 12:13:19
id:p00437 No.11

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132005/01/15 08:02:57

ポイント10pt

今のまま具体的な内容が説明が国民になされない状態での民営化には賛成できません。郵便貯金とか簡易保険とかの資金で国債を買ったり、特殊法人(独立行政法人)に資金が流れていますが、そちらの方の改善がなされない限り、民営化しても何もなりません。郵便にしても全国一律のサービスにしても民営化したらどうなるか分かりません。もう一つは職員の扱いですが、国家公務員試験に合格して入った人に民間人になれて言われてなれるのでしょうか?実際に職員に聞いてみてもまだ具体的なことは何も聞いておらず、こんなので2007年に民営化されるとはとても思えません。

id:hken

ありがとうございます。

2005/01/15 12:14:16
id:reply No.12

reply回答回数787ベストアンサー獲得回数02005/01/15 10:56:15

ポイント15pt

郵政三事業のうち郵便事業については民営化する必要は感じません。

むしろユニバーサルサービスを行うためには民営化することは好ましくないと思います。

他の事業については国の赤字を作っているだけにしか思えないので民営化もなにも、さっさと整理した方がいいかと。

偉そうなことを言いましたが、大前研一さんの受け売りです。(^^;

著書でちらっと読んだのですが、興味があったらメルマを購読すると良いでしょう。

id:hken

ユニバーサルサービスへの注目度は高いですね。

ありがとうございました。

2005/01/15 12:15:06
id:db3010ss No.13

db3010ss回答回数599ベストアンサー獲得回数112005/01/21 23:20:14

ポイント15pt

URLはダミーです。

まず郵便貯金と簡易保険は問答無用で民営化。この二つは郵政事業としてやる意味はいまでは全く無い。

郵便事業も小包(ゆうパック)は民営化。ローソンの件のような姑息な手段をとるのならば(とることができるのであれば)民間と伍して競争すべきである。

郵便事業は、国家の基本的インフラであるので、公営を維持する。ただし公務員の身分は保証しない。

郵便局は地域の公的サービスの統合ポータルとしてフルラインのサービスを提供する。(たとえば住民票の発行から国民年金やNHKの集金等まで。さらには銀行ATMの設置とか。)

田舎への郵便配達の採算は

1.便数を減らす。たとえば週1〜2回とか(ローカル線の列車が5分おきに来ないといって怒る人はまあいない)

2.補助金を出す。

3.地方自治体職員を出向させる。

等の方策を考えればよかろう。

郵便配達員のモラルが下がって遅配、誤配、紛失が多発するなどというのは、ガバナンスを放棄した証拠である。

一定額以上(50円以上)の切手にICチップを埋め込んで書留と同様の追跡ができるようにすべきだろう。

また封書の料金は値上げし、代わりにメール、FAX等で伝送して受取地の郵便局でプリントして配達する電子郵便のサービスを拡充する。

今年の正月は32年ぶりに1月2日の年賀状配達を行いました。ちょっとお尻に火がついてやる気になったら、すぐにできることはたくさんあるのです。彼らを甘やかすべきではありません。

乱文お許しください。

id:hken

ありがとうございます。

「彼らを甘やかすべきではありません」という主張を核とした御提言であるようにお見受けしましたが…。浅学な小生からみると政策論としては分かりにくいところもあり、もう少し踏み込んで御説明いただけるとありがたいなと思いました。すみません。

2005/01/23 16:28:02
id:auctiondiary No.14

auctiondiary回答回数1085ベストアンサー獲得回数22005/01/22 01:15:53

ポイント15pt

http://www.sagawa-exp.co.jp/

佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

基本的には賛成です。ただ、国会で法案が骨抜きにならなければですが。

なぜ民営化するのか。これは民営化すると税収が入ってくるというのが国の狙いです。

国の事業で財投が多い、金利も少し高め、法人税、事業税、固定資産税、印紙税など一切払っていない。貯金保険機構に貯金保険料を払っていない。

これらでおそらく年間数千億円民間に比べて得しています。

また、郵便振替はペイオフになっても全額保護されますし、通常の銀行なら預金保護は1000万ですが、郵便は1000万+財形貯蓄550万+住宅積立貯金50万の1600万が保護される。

これだけ多額の税金を払ってないのに黒字だから問題ないとかふざけたことを言っていてはクロネコヤマトが切れるのも仕方ないかと思います。実際に民営化したらここまで利益が出ないでしょうし、民間でできる仕事を奪う国営事業が本当に必要でしょうか?

ユニバーサルサービスが維持できないといっていますが、本当に必要でしょうか?全国津々浦々まで電話一本でクロネコヤマトは来てくれます。郵便も最近後追いし始めましたね。普通に考えて資本主義なんですから隣町まで手紙を送るのと沖縄まで送るのでは値段が違うのが「普通」なんです。

そこまで言うならゆうパックがなぜ全国一律料金じゃないんでしょうかねぇ。。。

とりあえず郵便局は過去の遺物だと思います。民営化より廃止のほうがいいと思います。窓口の対応の悪さはすばらしいを超えてブラボー!!。まったく進化なしです。

信書信書と騒いでますが、バイクに鍵もつけずに無造作においてあるのを見ると。。。

id:hken

ありがとうございます。

批判の切り口としては、非常によく分かります。

2005/01/23 16:30:17
id:komasafarina No.15

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/01/22 07:54:04

ポイント20pt

http://gyosei.mine.utsunomiya-u.ac.jp/zemi2001/nagatag/thatcherr...

Thatcher Revolution イギリスを復活させたサッチャー

賛成です!

ことは郵政のみに限らず、21世紀中盤の日本のあり方にかかわる問題なのです。つまり、この国の構造改革という問題です。

これまでの日本の国は、第二次大戦の敗戦以来、焼土からの復興というまず最初の目標を設定し、その後、所得倍増をスローガンに高度経済成長という目標をクリア、さらに高度資本主義の世界的なトレンドである脱工業化社会すなわち情報化社会へのシフトチェンジもどうにか見通しがつき、これまでの官主導の強い規制の下における真の資本主義的な自由競争を制限した俗に言う「護送船団」方式のこどもの資本主義から真に過酷な自由競争に基づく世界レベルのおとなの資本主義、すなわち高度資本主義政界経済の積極的な一翼を担わざるをえない責任がわたしたちのこの時代のこの国にインターナショナル・コミュニティ(=国際社会)から課せられ、その実現を強く求められています。

 (その意味で現在の中国はかつて日本が着ていた「上着」を共産党主導というかたちで仕立て直した資本主義モードのいでたちで国際社会(=インターナショナル・コミュニティー)に参加しているわけです。)

それでは日本はいまどんな資本主義の「上着」を着るべきでしょうか?

すでにわたしたちのこの国は旧「大蔵省」や旧「通産省」というものが成立しえない高度な資本主義社会の達成を見ていました。何年だか前の省庁再編という事態が何よりもそのことをよく物語っていました。つまり先に述べたような戦後型の日本の資本主義は「大蔵省」と「通産省」が指導し監督する「国家」主導の資本主義だったのです。(ここで大幅に話しの端を折りまげてはしょりながら走って話を進めますが)これからのわたしたちの時代には、そういうかたちでの「官」すなわち「国家」はもはや不要となり、はっきり言って邪魔になります。これからは「官」で言えば、「法務省」が監視するフェアな「資本主義」です。そしてアンフェアな資本主義には詐欺や万引きや窃盗、強盗などの不正行為も含まれます。「国家」を必要とするのは刑務所に入ることになるような人たちを含めたいわゆる社会的な弱者であって、能力のある強者たちは極力、国家による制限、制約から自由に活動できるようにならなければなりません。そうしないと世界経済の循環が阻害されることになってしまいます。

つまり、わたくしたちのこの国が今後すみやかな構造改革によってめざすべきは必要最小限な小さな政府をいただく豊かで自由かつフェアで強大な(そして倫理的にも)高度な資本主義社会なのです。

 そうした社会を目指すとするならば、郵便というサービスを国家が独占する必要も根拠も何もありません。すみやかに国家はそれを手放し民間に解放すべきです。そこからさらなる有形無形の富が郵便というサービスを通じてわたしたちの社会に還元され、もたらされるべきなのです。「国家」の減量による小さな政府をつうじてわたしたちの社会に散布される自由に対して、わたしたちの日本の平民は、1)に創意工夫、2)に勤勉、3)に努力 4)に慈愛を各人の日々の暮らしのコア(=核)として、豊かな生活を送れる豊かな社会を作り、今世紀中盤の日本の基本構造を(デザインなんちってるヒマはねえんですが)勝ち組主導で作っていかなければならんのですよ。勝ち組が社会を運営し、社会にはチャンスがバラまかれ、そこらじゅうにころがっっているような社会にしてゆき、負け組みや弱者や劣者は国が必要なサポートとフォローをして、チャンスの溢れる社会へと再度送り返すことをしなくてはなりません。

郵政の自由化は、単なる民営化ではなく、新しい日本の第一歩となるのです。

かつて明治維新で徳川幕府を解体した明治新政府は(かつての自分たちの宗主である)大名たちの特権を剥奪する「廃藩置県」ということを自分たちの手で断行しています。しかし、地主たちの特権を剥奪する「農地改革」ということを日本人は自分たちの手ですることはできませんでした。おそらく2・26事件の主役たちのような当時の日本のエリートによるクーデターによってのみ断行しえたであろう地主層の解体という「農地改革」は、その後、軍部のべつの流れのエリートによる戦争と侵略の果ての敗戦によるマッカーサー司令部による占領軍命令によって(農地改革は)行われることになりました。

現在の難航をきわめるわたしたちのこの国とこの社会の構造改革は、「廃藩置県」や「農地改革」に比べてそれほど困難なものだろうかとおいらは考えるのですが、特権にしがみついてるオッサンたちも子供を大学にやったりしなきゃならないわけで何かと俗に言う「抵抗勢力」を支え後押しすることになyっているのはいらっちにもわかるんだけども、そんなことしてると日本はいずれ四流国になってしまうことは必至ですからね。もう一度「聖域なき構造改革」という言葉を声高に(自民党以外のところから)上げることがどうしても必要だと思うんでありますよ、わたくしめといあしましてはね。

やりたいやつがやれる、やれるやつがやる、これができる社会になるわけです、そういう社会にふさわしい教育(ようするにさっきの(1)〜(4)をベースにして基本的なモラルとフェアネスとあとは種々の実学の基礎を教えることを)子供たちにしていかなくてはならない。などなど、けっこう、やるべきことはハッキリしてるんだけどね。みんな既得権がるから面倒くさいね。

http://pol.cside4.jp/theory/16.html

新自由主義 ネオリベラリズム : 現代政治用語辞典 - Pol-Words NET

id:hken

ありがとうございました。

このあたりで締め切りたいと思います。

ポイントは、どうしても主観的になってしまいますが、政策論として優れている判断した順に配分させていただきます。また、賛否を問う質問でしたので、賛成論・反対論、双方の見解や立場を踏まえての回答に多めに配分します。

皆様、ありがとうございました。

2005/01/23 16:35:03

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません