石油とか石炭とか天然ガスとかいいますが、いずれのエネルギーも結局は熱に変換して利用するわけです。(そのまま使うか、さらに電気に変換するかにしても結局はまず熱に変換する)

で、地球の中のマントルさんという人は物凄い熱い男だとガッコーで習ったのですが、彼を利用すれば人類如きが使い切れないエネルギーだと思うのですが!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/15 14:44:06
  • 終了:--

回答(19件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982005/01/15 14:46:52

ポイント12pt

地熱利用は されてます。

id:kodomono-omocha

マントルさんの影も形も見えませんが?

2005/01/15 15:07:57
id:kamisama No.2

kamisama回答回数549ベストアンサー獲得回数112005/01/15 14:48:20

ポイント12pt

http://www.geothermal.co.jp/etc/geo01.htm

地熱発電の基礎知識(1)

マントルまで掘るのに金が掛る。

人類はまだマントルに到達していません。

ちなみに、マントルに達しなくとも地中は温度が高いです。だいたい、100m掘るごとに1度温度が上がる。だから、地中深く掘れば、その熱を利用できます。火山の近くでは、あまり深く掘らなくても結構な高さの温度になり、安価でその熱を利用することができます。

それが地熱発電。

id:kodomono-omocha

マントルに設備を直結させて蒸気タービンを回すことができれば電気代タダ。

2005/01/15 15:09:09
id:tacobou No.3

tacobou回答回数267ベストアンサー獲得回数02005/01/15 14:51:05

ポイント12pt

「地熱発電」は、既に実用化されています。

「地熱発電」の解説です

id:kodomono-omocha

しょせんマントルさんが脱いだ服のぬくもりってところでしょうかね。

2005/01/15 15:10:05
id:fed No.4

fed回答回数259ベストアンサー獲得回数02005/01/15 14:54:50

ポイント12pt

それににた発電方法は既にできています。

ただ、まだ発展途中といっていいでしょう。うまくいけばこれからの発電方法に期待ができるかもしれません。

http://www.gas.or.jp/cogene/

日本ガス協会/ガスコージェネレーションシステム

少し話はずれますが、コージェネレーションが話題となっています。

家庭で発電するため、発電所で発電するよりもエネルギー効率がよくなります。

id:kodomono-omocha

テクノマエストロって番組再放送しないかな・・・。

2005/01/15 15:11:28
id:mimibukuro No.5

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32005/01/15 14:56:21

ポイント12pt

うーむ。それもそうですね。

ただ、そこに辿り付くまでには非常に硬い岩盤などがありますし、温度も非常に高いですし。どろどろの回転する液体らしいですから、下手にいじったりすると地球自体にも悪い影響が出る…と、映画「CORE」では語られていました。コチラは、地球内部に起こった異常により地球が滅亡寸前→それを救う為地球の中心(CORE)へ、という映画です。ものすごい、熱そうです。

id:kodomono-omocha

人間が建設する設備がまんとるさんに及ぼす影響なんて、マントルさんのハナクソどころかうぶげ1本分にもならないというか、痛くも痒くもないというか・・・への河童といいましょうか。

2005/01/15 15:14:02
id:kn1967 No.6

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012005/01/15 15:06:47

ポイント12pt

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/inner_stru...

高等学校理科総合B > 地球の内部はどうなっているか

一応地熱発電なんてものもあるにはあるけど、建設できる場所は限られますからねぇ。

どんなにすごい彼でも離れていては、、、、マントルさん深すぎです。

ところで、、、

http://www.gas.or.jp/fuelcell/index.html

日本ガス協会/燃料電池

燃料電池としてガスを使えば、いったん熱に変える事無く電気が取り出せますよ。

id:kodomono-omocha

ただ、電気を取り出す課程で熱を発生しますよね、相当な量の。これで冷却もかねてお湯を作って貯めておけば(オール電化のシステムみたいに)もっといいのに。

2005/01/15 15:16:47
id:TomCat No.7

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/01/15 15:14:50

ポイント12pt

http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss022/ss0223.htm

環境問題とエネルギー政策

たしかにその通りで、マントルの持つエネルギーは

熱エネルギーだけを考えても、ものすごいものであるはずです。

しかし、仮にこれを有効かつ安全に取り出すことができ、

活用していくことが出来たとしても、

解決できるのは単に「資源量」の問題でしかありません。

エネルギー問題の根本は、ご指摘のように「熱」なんです。

それも「廃熱」。

これが地球環境に与える影響を考える時、

このまま無批判にエネルギーを使い続けるのはまずいぞと。

どこに由来するエネルギーであったとしても、

この廃熱の地球環境に与える問題が解決されない限り、

やはり省資源でいきましょう、

少しでも影響を緩和していきましょう、

という路線に変わりはありません。

仮に無尽蔵に使えるとしても、使いすぎはまずい。

むしろ化石燃料に由来しないエネルギーが多く開発されることは

結果として気象変動などの問題を加速する。

そういうことになってきます。

資源の問題と廃熱の問題は、

たとえて言うならば生産と廃棄物の問題に似ています。

エネルギー問題も、ここが解決されないことには

どうにもなりません。

id:kodomono-omocha

まぁあれです、最長でも30億年もすれば太陽が成長しすぎて熱すぎて生命はいきてられないでしょうから、人類もその前に死滅するか移住するかしてるでしょう。排熱などビビたるものです。

地表の熱を集めてマントルに返す、または宇宙に垂れ流す技術が実用化されたとしても、太陽の膨張の前には気休めでしょう。

2005/01/15 15:21:30
id:hiroyukiarita No.8

hiroyukiarita回答回数1792ベストアンサー獲得回数02005/01/15 15:27:07

ポイント12pt

このような研究がされています

簡単にはいかないのではないでしょうか?

未来に期待しましょう。

id:kodomono-omocha

中心の重金属も使いきれないだろうなー。

2005/01/15 15:33:57
id:ISHIDA No.9

ISHIDA回答回数158ベストアンサー獲得回数02005/01/15 15:46:02

ポイント12pt

あまりにも深すぎて掘るのもお金・人・年月がかかり、あまりにも温度が高すぎるので、使えないと思います。

あと、地球の重さが変わって、何か悪影響を及ぼすかもしれません。

実際に、スマトラ沖地震で1日の長さが少し短くなりました。

id:kodomono-omocha

地球の質量に対する人間が及ぼす影響はほとんどゼロ。

2005/01/17 09:10:31
id:cigue No.10

cigue回答回数75ベストアンサー獲得回数02005/01/15 15:47:46

ポイント12pt

まず問題として、扱いきれないエネルギーを得てどうするのか、という問題になります。

他の人に言うとおり地熱利用は実際に行われており、温泉だって地熱が原因です。

なぜならば、地熱程度でも十分なエネルギーを得ているからです

もしエネルギーが欲しいだけなら核分裂で臨界を越えさせた方が楽ですし。

なぜマントルまで行かないかと言うと

例えば、コンセントから数億ボルト(雷レベル)の電気が供給されても困ると思います。

実際にマントルまで行ってしまうと、人間が扱えなくなってしまい、もてあましてしまうのです。

なぜマントルなどを利用したエネルギー源がメジャーにならないかと言うと

熱と言うのは運びにくいですよね、熱素を持ち運べるわけではないので。

そうすると、熱によるエネルギーを家庭に供給する為には電気に一度変えなければいけなくなります。

そのために、結局は石油と同じことをしなければいけなくなるためにメジャーにならないのだと思います。

マントルの熱よりも現実的なのは太陽光だと思います。

地上では昼夜があるので、宇宙空間にパネルを広げてそれを地上に送るという計画です。

id:kodomono-omocha

宇宙から地球にどうやって運ぶのでしょうか?

2005/01/17 09:12:30
id:oppeke05 No.11

oppeke05回答回数139ベストアンサー獲得回数02005/01/15 17:45:46

ポイント12pt

マントルには地表から近くを隔てて30-60km離れています。そこまで到達する技術は現在存在しないんじゃないでしょうか。

id:kodomono-omocha

そこをなんとか!

2005/01/17 09:13:02
id:wintertree No.12

wintertree回答回数188ベストアンサー獲得回数02005/01/15 18:09:39

ポイント11pt

http://wwwsoc.nii.ac.jp/grsj/geoenergy1.htm

地熱エネルギー入門 目次

地熱エネルギーについてここに詳しく載っています。

マントルさんも少しずつ冷めているようですね。

id:kodomono-omocha

ほほう。

2005/01/17 09:16:06
id:kyokusen No.13

きょくせん回答回数824ベストアンサー獲得回数862005/01/15 18:27:38

ポイント11pt

http://www.yanmar.co.jp/index-mgasc.htm

エネルギー分野|ヤンマー株式会社

つまりはコジェネレーションシステムの熱源マントル版を作ればいいということですよね?

こんな具合に。

彼が本気になると自転が止まります。

下手に怒らせて『地球が静止する日』なんて事が現実に起こるやも知れません。

もう、こんなネタ今の若い子には通じないのはわかってるんですが、シズマドライブっていったいどういう原理だったんだろう。

id:kodomono-omocha

シズマドライブ・・・言葉の意味はよくわからんがとにかく凄そうだ。

2005/01/17 17:25:07
id:KuroiKarasu No.14

KuroiKarasu回答回数3ベストアンサー獲得回数02005/01/15 19:42:58

ポイント11pt

まず、マントルに到達しないとマントルの熱は利用できません。

地球は外側から地殻・マントル・核に大きく分かれます。この地殻を掘り抜かないとマントルに辿り着けません。しかし地殻の厚さは最も薄いといわれる深海でも5km以上なのに対し、人類が掘ることの出来た深さはせいぜい1.2kmです。

現在、海底を掘削してマントル上部まで到達できないかというプロジェクトが進んでいます。

地熱発電

次に、熱をどうやって使うかという問題です。

地熱発電のほか、火力発電も原子力発電も、実は原理は同じです。お湯を沸かして、その蒸気でタービン(発電機)を回して電気に換えています。

ということは、エネルギー源が大きければもっと電気が作れるかというと、そういうわけではありません。タービンを安定して回すのに十分な蒸気が出さえすればいいので、あまりに大きなエネルギーは無駄なのです。大きなタービンを作るとか、たくさんのタービンを回すとかすれば話は別ですが。

ちなみに地球の気温が2〜3度上昇すると気候が劇的に変化すると言われます。気候が変化するということは、農業も漁業も影響を受けます。地球全体の気流や海流が変化して、砂漠の拡大や洪水の増加が起こる可能性があります。太陽が膨張するのなど待たなくても、人類にとって住みにくい環境は簡単につくれます。

そうなると困るので、なるべく無駄な熱を出すようなことは止めようぜ、というのが環境政策として行われているわけです。

id:kodomono-omocha

>>なるべく無駄な熱を出すようなことは止めようぜ

これは無理です。人類を30億人ほど抹殺しなければ。

2005/01/17 17:26:48
id:NAPORIN No.15

なぽりん回答回数4718ベストアンサー獲得回数8712005/01/15 22:07:29

ポイント11pt

http://www.blogru.jp/

ブログる場合ですよ!!~こたつにお餅にみかんにブログ~

ダミーです。

一言でいってマントルのごとき熱すぎ大きすぎる男を扱う技術はまだ人類には手がとどかないし必要もないと考えてよいでしょう。マントル全体の蓄えるエネルギーからみればほんの鼻くそみたいな原子力発電(しかも地上にある施設)でさえ、ひびが入って蒸気が漏れ3人死傷しただのメルトダウンだの海洋汚染だのということですよ?

具体的に言えば、マントルは多量のSiO2石英や金属が溶融されぐいぐい対流しまくっている環境なわけで、その辺の金属などたいてい溶かしけずっていくわけです、いくら地上で超耐熱合金タービンをトン単位で冶金できてもしばらくすれば溶けてなくなるでしょう。

掘削技術や耐熱技術、地球表面の温暖化および資源問題を解消する技術が全部一斉に、神がかり的に向上したのではなければ、つかえません。現在では施設(とくに熱履歴がかかる部分)の経年劣化のメンテ保障だけでもお得でないと試算できます。

それに、「地球温暖化は、何らの地球資源を宇宙外に放出することなく電磁波の放出のみで解消できた」と仮定してマントルさんを冷やしまくったりなどすると、地球は現状である「表面に微妙にでこぼこなうす皮をかぶった滑らかな液滴」から、「凍った剛直体」になってしまい、内部物質の結晶化時のひずみのためエベレストが問題にならないくらい高い山や谷ができて地震だらけということになってしまいます。へたにひび部の上に隕石が落ちれば真っ二つに割れてしまうかも・・。(が○ちゃマンの替え歌みたいだなあ)一気にエネルギーを取り出して中まで冷やしてアモルファス化しないと、地球の形が変わるので危ないですよ。

つまりそんな熱すぎる男に直接面会したりクールな男に更正させようとするのはやはり採算が合いません。せいぜい遠巻きに彼のオナラやにきびや汗・垢程度である火山や地熱や温泉を有効活用するくらいで十分でしょう。

id:kodomono-omocha

とりあえずニキビから出る吹き出物を利用できませんか?

2005/01/17 17:30:10
id:ymlab No.16

ymlab回答回数507ベストアンサー獲得回数342005/01/15 23:25:07

ポイント11pt

マントルにまで彫ってしまうと,

相当な深さです。

深くなればなるほと圧力が増大します.

圧力が大きくなると、温度も上がるわけで、

マントルさんに直接触れるくらいのところで、発電機を作っても、発電機[鉄かな?]がとけちゃうのでは?マントルの温度が1600℃くらい。

鉄の融点が1500℃くらい。ぎりぎりだし危ないし、今の技術では無理っぽいしーー。みたいなかんじでは?

逆に、地表に発電機を置いても、地表に空気がくるまでに、熱はさめそうですね。

id:kodomono-omocha

どっがんどっがん汲み上げます。

2005/01/17 17:30:51
id:katutaro123 No.17

katutaro123回答回数129ベストアンサー獲得回数02005/01/16 00:02:53

ポイント11pt

http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/enlight/umihoshi/learning/3_2...

地球の歴史と私たち/地球の中身と地震・火山

マントルさんが動いてスリランカのような巨大地震がおきてるそうです。彼をいじると恐ろしいことになるような気がします。

id:kodomono-omocha

さりげなくストローで吸い上げると言うのはどうでしょうか?

2005/01/17 17:31:33
id:nao1026 No.18

nao1026回答回数25ベストアンサー獲得回数12005/01/16 00:38:23

ポイント11pt

以前、地上からマントルに届くまで掘り下げるのは非常に大変だけど、深海から掘り進めば比較的早い時期にマントルに辿り着ける、というのをTVで見たような記憶があります^^;

で、地熱発電は水蒸気を利用しますが、CPUの冷却や簡易冷蔵庫の冷却で使われているペルチェ素子ってご存知ですかね?このペルチェ効果を逆に発電に利用しようとする研究があります。これをゼーベック効果と言います。

このゼーベック効果の装置をマントル(熱源)と海洋(冷却側)に接する形で設置すれば、無尽蔵に電力が吸い出せないかな、とか昔から良く妄想しています。装置自体は物理的に動く部分が無いのでメンテナンスが不要で、設置さえ出来れば夢のエネルギー源として利用できそうな気がします。

id:kodomono-omocha

永久機関キタワー!

2005/01/17 17:32:23
id:sanzi24 No.19

sanzi24回答回数600ベストアンサー獲得回数12005/01/16 21:39:10

ポイント11pt

マントルさんはものすごい熱いだけでなく、ハードな人なのです。だから拉致しようと思っても採取出来ません。どれぐらいハードかと言うと、ダイヤモンドの固さを持つドリルでもほれないらしいです。(って昔の学研まんがシリーズにありました。すいません元の本をさがせませんでした。)

せいぜい我々がマントルさんを利用できるといったら温泉と地熱発電ぐらいだと思います。

id:kodomono-omocha

アモルファスドリルではどうでしょうか?

面白かったのですがそろそろ終了します。

2005/01/17 17:33:22
  • id:NAPORIN
    世界一大きな穴

    ダイヤモンド鉱山の跡地にマントル層調査が入るそうです。
    案外に実現可能となったらどうしましょう;;
    http://bldgblog.blogspot.com/2005/08/worlds-largest-diamond-mine.html

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません