ほとんどの雑誌に広告があるのに、ほとんどの単行本には広告がありません。なぜですか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/21 21:27:12
  • 終了:--

回答(9件)

id:nishiyu No.1

nishiyu回答回数1568ベストアンサー獲得回数22005/01/21 21:30:16

ポイント20pt

http://www.witem.co.jp/mel_back/00340.htm

ボランティア・NPO広報(社会貢献 折込チラシ 広告) - 企画書のサンプル、書き方から、起業アイデア、ホームページ案、新事業案。名古屋市中区錦の経営者の企画相談役。

こちらの下の方をご覧ください

お決まり事のようですね

参考になればいいのですが

id:smelt0410

まあ、お決まりだというのは分かるんですけど・・。

何か理由が書いてあるページを希望します。

2005/01/21 22:11:13
id:So-Shiro No.2

So-Shiro回答回数580ベストアンサー獲得回数02005/01/21 21:40:09

ポイント20pt

いわれて見れば、そのとおりで、単行本で「広告掲載」をする、ということで、広告を募集している出版者もあるのですから、なぜなのか?

慣習でしょうか?

現在の出版事情では、一定の部数が売れる見込みがたたないと、原稿を持ち込んでもほとんどの出版社は本にしてくれないです。どうしても本にしたいときは自腹を切ることになりますが、広告を掲載することで、スポンサーをつければ費用負担が軽くなる可能性はあります。

ただ、売れてくれなければスポンサーさんは「金返せ」というかもしれませんので、初版分を売り切る見込みがないとスポンサーはつかない。

結局、URLのような業界向けの特殊な単行本以外、広告掲載は難しいのではないでしょうか?医学書でも、ムック(雑誌のようにイメージされるかもしれませんが、中身は立派な専門向け教科書であることが多い)には広告が掲載されていますので。そして、医学書というのは、めったに大ヒットはしないが、必ず一定の部数がはける見込みのある出版分野でもあります。

id:smelt0410

確かに、「売れる見込みが無いから広告がつかない」っていうのはあると思いますが、それなら「売上の何%を支払う」といった契約にすれば良いわけですし

・・。

2005/01/21 22:17:13
id:threemincooking No.3

threemincooking回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/01/21 21:55:49

ポイント20pt

http://www.kodansha.co.jp/

講談社「おもしろくて、ためになる」出版を

某出版社の説明会で聴いた話です。

収益を挙げる方法が異なることに由来するようです。

前者は雑誌自体の売上よりも、広告収入が主な収益になっています。

単行本は純粋に、売上で収益を上げています。

漫画の場合、漫画雑誌での連載を「一次利用」単行本化を「二次利用」、キャラクター商品等を「三次利用」といいますが、「二次利用」の売上が一番多いようです。

漫画雑誌の連載を、二次利用のための宣伝と捉えることもできるようです。

id:smelt0410

まあ、そうですね。でも、単行本に広告を付けない理由としてはいまいち弱いですねえ。

2005/01/21 22:22:19
id:kurupira No.4

kurupira回答回数2369ベストアンサー獲得回数102005/01/21 22:06:49

ポイント20pt

http://amazon.co.jp/

Amazon.co.jp: 通販 - ファッション、家電から食品まで【無料配送】

雑誌は企業の宣伝が主で、それで発行も成り立ってるところがあると思います。

単行本は、著者の書いた内容を読むということが

主な目的であるからでは。

id:smelt0410

しかし、So-Shiroさんの回答にもあるように、費用負担を軽くしたい需要もあるわけですし、広告の無い理由にはならないと思います。

漫画だと、最後の数ページが広告ってのは結構あるんですよね・・。

2005/01/21 22:28:03
id:keii-i No.5

keii-i回答回数206ベストアンサー獲得回数42005/01/21 22:48:02

ポイント50pt

http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/FIPPJ/F/

社団法人 日本雑誌協会

雑誌と書籍の発行部数の違いによるものでしょう。

現在、雑誌の広告は、広告主が直接交渉するのではなく、広告代理店が広告枠を買い取って、そこを広告主に営業して売るという仕組みが多くなっています。その代理店での中間コストや人件費を別にしても、

出稿には、原稿+制作+版下(フィルム)出力など結構なコスト(10〜20万円ぐらい?)がかかります。

仮に、10万部/月刊誌(雑誌)の表4(裏表紙)の広告料金が50万円とすると、そこに広告を出すなら、トータルで70万円ぐらいかかるわけですね。

対して書籍の発行部数は、小説だと初刷りは1万部ぐらい。広告というのは何らかの効果を狙うものですから、書籍(単行本)だと効果率は1/10しかないことになります。

なのに出稿コストは、やはり20万円近くかかってしまうので(広告料金がいくら安くても)、割りに合わないことになります。

単行本には広告はほとんど見ませんが、書籍扱いのムックだと、結構見かけますよね。

あとは、単行本の性格でしょうね。殺人事件がいっぱい出てくるミステリー小説とか、ホラー小説に、ふさわしい広告って……

id:smelt0410

ありがとうございます。大分納得できました。でもこれは、初刷り1万部の単行本10冊に対して同時に広告を出す、といった事をすれば解決するのではないでしょうか。同じような分野の単行本を十冊集めるのは問題なくできそうですし。ここあたりまだひっかかります。

2005/01/22 06:55:21
id:db3010ss No.6

db3010ss回答回数599ベストアンサー獲得回数112005/01/21 23:37:54

ポイント40pt

自分の思いつきですが・・・

広告収入の分配の問題ではないでしょうか?

雑誌は、編集人に編集権が、発行人に発行権があり、発行人がリスクをとって雑誌を発行します。広告収入も発行人の収益です。編集人と発行人とは同じ会社である場合が多く、違う会社であってもビジネス上の契約で取り分が決められます。

雑誌に載っている署名原稿の著作権は筆者のものですが、何万部余計に売れたからといって原稿料を上積みして払うことはありません。

一方、単行本においては発行人は著者に印税として収益を分配しなければなりません。

広告を取ってくるのは出版者の営業でしょうから、わざわざ取ってきた広告料を著者とシェアしようとするといろいろと難しいのではないかと想像するのです。

id:smelt0410

こういう問題もあるんですね。ありがとうございます。

2005/01/22 07:16:46
id:green-arrow No.7

green-arrow回答回数96ベストアンサー獲得回数12005/01/22 00:50:12

ポイント80pt

http://www.zakko.or.jp/jpn/opinion/20040901.html

雑誌広告協会-オピニオン

書籍は知識の蓄積媒体として時代を問わず、後世への保存が目的の印刷物で、

雑誌は最新の知識を社会一般に流通させることが目的の印刷物だからではないでしょうか。

広告というのはかなり短命ですよね。

それが一番顕著なのがスーパーマーケットのチラシだと思います。

先週の広告に、ある品物が100円で載っていたからと言って、今週もそうだとは限りません。

新製品もどんどんと出てきます。

ユーザーの側から言えば、10日前に買った雑誌なら捨てられますが、10日前に買った書籍は捨てられません。

逆に言うと、10日以上効力のない広告は書籍には載せても無駄と言うことですね。

更に年月を重ねた時どうでしょうか。

10年前の書籍は現在でも役に立つ内容だったり、小説なら時代は問題にならない感動があったりしますが、10年前の雑誌だとその効果はかなり落ちると思います。

10年前の広告には広告としての価値がスポンサー側に無くなっているでしょう(資料価値は出てきているでしょうが)。

書籍も雑誌も、情報を印刷して冊子体とするという形態は同じですが、目的が広告と互いに馴染みやすいのは雑誌の方ということになると思います。

書籍でも、たとえば同じ出版社、著者の本の広告なら入っていますしね。

id:smelt0410

あ、これは納得です。確かにそうですね。ありがとうございます。

2005/01/22 07:21:04
id:ohmomo No.8

おーもも回答回数17ベストアンサー獲得回数02005/01/22 03:35:36

ポイント50pt

URLはダミーです。

雑誌の場合、週刊誌なら発売日から1週間、月刊誌なら1か月……というように、書店の店頭に置かれる期間が決まってます(増刊号やムックなどでも”返品期限”があります)。なので、季節にあった商品やバーゲンセールの告知ができます。

一方、単行本の場合、売れなければいつまでたっても、極端な話10年も20年も店頭に置かれることになるので、そういう広告には向きません。「いや、むしろ半永久的に広告出せるほうがトクじゃん!」という発想もありますが、例えば電話番号が変わったり、住所が変わったりしたらどうするのか? お店にとってもメリットはないし、「電話がつながらない」とかいう苦情は出版社側に来るので、出版社も対応が大変。なので「単行本には広告を載せない」というルールができたのではないでしょうか? コミックスなどに載ってる広告は大抵自社の雑誌のものが多いので、そういう苦情がきても困らないはず。

ちなみに最近だと、単行本にはよく挟み込みのハガキ広告が入ってますよね。あれだと一定の期間が過ぎれば捨てればいいのでOK……なのかな?(自身なし)

id:smelt0410

やっぱりこういうことなんですね。ありがとうございます。

2005/01/22 07:22:46
id:r-nemoto No.9

r-nemoto回答回数72ベストアンサー獲得回数22005/01/22 05:08:34

ポイント40pt

マンガの単行本の巻末には自社の他の作品の広告が掲載されていますが、この質問は他社(有料)の広告ってことですよね?

理由は出版社の慣例ってことしかないですね。

出版社の体制として、雑誌編集部には広告宣伝担当がいたり、外部の広告代理店との窓口がありますが、ハードカバー、単行本、文庫本の編集部では置かれてません。

もちろん法律で規制されているわけでもないので、広告を入れて販売価格を下げることも可能だと思います。

あと単行本などは雑誌に比べて判形が小さいので、広告スペースとして狭いというのも理由かもしれません。雑誌はA4サイズが一般的ですが、A4サイズの単行本は見かけませんよね。

id:smelt0410

会社の構造の問題もあるわけですね。ありがとうございます。

納得できてきましたので、そろそろ終了させてもらいます。ありがとうございました。

2005/01/22 07:26:33

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません