Video CDが,日本では全然流行らなかったのに,日本以外のアジア諸国ではビデオテープ以上に普及している理由を教えてください.

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/24 17:45:40
  • 終了:--

回答(19件)

id:qoozoo No.1

qoozoo回答回数88ベストアンサー獲得回数12005/01/24 17:48:45

ポイント15pt

http://avc.hypertown2000.net/audiovisual/4/

ハードディスクレコーダーの説明・解説

画質ではないですかね。

当時の日本では、高画質ブームでしたから、

消費者はビデオCDの画質では楽しめないと思ったのだと思います。

最近は、画質よりも携帯性などの方が重視される場合も増えてきているようですが。

アジア諸国では、画質よりもまずは

価格面、DVDは高価なこともあったのだと思います。

id:suchida

VCDは,開発当初は,ビデオテープ以外のメディアとして(レーザディスクと並び)ほとんど唯一だったと思います.「当時の日本の高画質ブーム」とは,具体的には何のブームだったんでしょう?DVD(MPEG-2採用)誕生はその後,VCD(MPEG-1採用)誕生後随分後ですよね?

2005/01/24 18:14:24
id:taknt No.2

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982005/01/24 17:51:11

ポイント15pt

>安さと作成の容易さから

ということです。

海賊版の影響もあったからでしょうね。

著作権に 甘い国々ですから。

id:suchida

なるほどう.でも日本で流行らなかった理由が今ひとつわかりません.日本でまず流行って,その後作成が容易になり,海外でも,というのならなんとなくわかるのですが...(別に日本が主導だ,と言いたいわけじゃないんですけどね ^^)

2005/01/24 18:17:01
id:papabon No.3

papabon回答回数12ベストアンサー獲得回数02005/01/24 18:19:18

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/1106556340#

人力検索はてな - Video CDが,日本では全然流行らなかったのに,日本以外のアジア諸国ではビデオテープ以上に普及している理由を教えてください. ..

CD−Rの価格が安くダビングが容易です。

テープだとダビングに極端に時間がかかりますがCD−Rは焼き付けるだけですから。

id:suchida

前のかたもそうおっしゃってますが,海外で流行っているのはそれが理由のようですね.開発当時,日本で流行らなかったのは何故でしょうか?

2005/01/24 18:24:24
id:taknt No.4

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982005/01/24 18:27:14

ポイント15pt

>そこでVCDの再生専用機を製造販売する怪しげな工場が雨後の筍のように中国の経済特区に建ち並び、大量に世に出てグングン値段が下がった。

日本には、あまりそれらの機械が輸入されなかったからだと思われます。

また、海賊版の輸入もできませんしね。

海賊版の普及が一番 大きいと思います。

id:suchida

面白く読めましたが,これもVCD開発当初に日本で流行らなかった理由がちょっとわかりませんねー.

2005/01/25 07:37:24
id:medical_blog No.5

medical_blog回答回数16ベストアンサー獲得回数02005/01/24 18:43:52

ポイント15pt

http://e-words.jp/p/r-cd.html

CD規格 : IT用語辞典

http://www.oitda.or.jp/main/jisintro/jis62.html

JIS X 6245 80 mm(1.23 GB/面)及び120 mm(3.95 GB/面)   DVD-レコーダブルディスク (DVD-R)

http://dp37021551.lolipop.jp/modules/rental2/#01

CDV-NET - ビデオ・DVDレンタルと著作権

Video CD White Book CD-ROM XAの物理フォーマットに、MPEG-1形式の映像を74分記録できるフォーマット。 1993年制定

当時はまだDVDはなくDVDは1996~7年に規格ができていた。

日本ではレンタルビデオが著作権をクリアーして、かなり普及していたため、海外で普及していた著作権非合法のVIDEO CDは大体的に販売出来ず、また画質面や操作性がわるいため普及出来なかった。そうこうしているうちにDVDが出始め、高画質を要求する日本のユーザーがvideo CDで満足することはなかった。

とおもいます。

id:suchida

ということは,海外でVIDEO CDが普及しているころも,日本ではテープだった?

2005/01/25 07:40:19
id:amethyst No.6

amethyst回答回数11ベストアンサー獲得回数02005/01/24 19:03:13

ポイント15pt

URLはダミーです

多分ですが、当時の日本はTVや映画で流れてから発売されるまでに時間がかかりましたよね、

でもアジアでは映画館で家庭用ビデオに撮影されVCDという荷物にならない薄っぺらいCDに収まってしまう、そして公開前に販売されたり、大量に製造しても売れるし、材料費も安い、多少画像が悪くてもその当時はいかに早く売りに出せるかということで

人々は競っていたという事実があります。

それに反して日本のメーカーが作ったにもかかわらず、商品として一般に出回るのが遅かったため、普及が遅かったのでは?と考えております。

id:suchida

んん? お伺いしたかったのは,一つのビデオ作品の流通速度ではなく,VCDという規格そのものなのです.

2005/01/25 07:41:49
id:RC30-popo No.7

POPO回答回数345ベストアンサー獲得回数132005/01/24 19:32:18

ポイント15pt

以下、私の推測です。

流行らなかったのではなく流行らせなかったのではないでしょうか?

少なくとも私は日本のメーカーがTV CMなどでVideoCDの再生機能を積極的にアピールしているのを見た事がありません。ほとんどのDVD PlayerにはVideoCD再生機能があるにも関わらずです。(カタログレベルでの再生可否の記載はもちろんありますが)

VideoCDの規格が公開された時点で既に日本の家電系のメーカーは次世代の高画質メディアの開発に取り組んでいたはずなので、中途半端な規格のモノは出したくなったのでは無いかと思われます。

また著作権管理機能の無いVideoCDの再生機器を強くプロモーションした場合、ハリウッド等から訴えられるリスクもあります。

(MP3 Playerが当初韓国等のベンチャーからしか発売されず、日本の大手メーカーはATRAC3やSD Audio等の著作権管理機能付き音楽Playerしか発売していなかったのも同じ理由です。さすがにエンドユーザーへのMP3普及率に負けて、今では大手メーカーも構わずMP3再生機をどんどん発売していますが)

http://members.aol.com/Ohadachi/sshop.htm

Hometown Has Been Shutdown - People Connection Blog: AIM Community Network

他方で、アジア圏では日本よりもVHSの普及が遅れ、コンパクトで手軽なVideoCDという媒体が受け入れらやすいといった市場環境もあったのでは無いでしょうか?(中国以外でのVHS普及状況はどうだったのかわかりませんが)

id:suchida

なるほど,著作権管理機能ですか.これは説得力ありますね.

2005/01/25 07:42:52
id:dalian3 No.8

dalian3回答回数376ベストアンサー獲得回数12005/01/24 19:37:43

ポイント10pt

http://acacia.fc2web.com/hatena/

URLはダミーです。

ずばり、安いからだと思いますよ。

中国では、メディアの価格だけで販売されています、コンテンツ、つまり中身の映像はほぼ

無価値。どんな人気映画でも、有名なドラマでも、内容に関係なくVCD1枚6元(80円)程度で

売られていました。(今は、殆どDVDに変わってしまいましたが)

日本では、メディアの価格が安くても、コンテンツが高いので、手軽に録画できるビデオが

はやったものと思います。もし日本でも、映画が200円程度で販売されていたら、事情は変わっ

たのではないでしょうか?

逆に、中国では、ビデオテープはあまり流行りませんでした、また、DVDも再生プレイヤーは

沢山売られていますが、録画可能なDVDは殆ど見かけません。

メディアがVCDからDVDに変わっても、やはり1枚6から8元程度です。

海賊版ですね。

id:suchida

んんーーー,「日本では、メディアの価格が安くても、コンテンツが高いので、手軽に録画できるビデオがはやったものと思います。」のところが,理解できませんでした.すみません.

2005/01/25 07:45:26
id:hyper_tetu No.9

hyper_tetu回答回数15ベストアンサー獲得回数02005/01/24 19:49:57

ポイント15pt

http://www.hatena.ne.jp/1106556340

人力検索はてな - Video CDが,日本では全然流行らなかったのに,日本以外のアジア諸国ではビデオテープ以上に普及している理由を教えてください. ..

日本で流行らなかったのは、対応するプレイヤーが高価だったからと思います。

当時は、DVDなどもちろんなかったので、専用プレイヤーが必要でした。

MPEGの規格団体に支払う、ライセンス料が莫大だと聞いたことがあります。

そのため、プレイヤーも高額なものが数種類、あった程度でした。

アジア諸国で流行したのは、プレイヤーが安かったからでしょう。

メーカーで支払うべき、ライセンス料を払わず、無断で作り続けていたので

安く出回ったのでしょう。

今でもリージョンフリーのDVDプレイヤーがアジア系のメーカーから発売されていますよね。

あれも、本来作ってはいけない製品です。

id:suchida

むむむ,MPEG-2のDVDプレイヤーはOKで,MPEG-1のVCDプレイヤーが流行らなかったのは何故でせう?

2005/01/25 07:46:48
id:jekyllandhide No.10

jekyllandhide回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/01/24 19:53:17

ポイント15pt

http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/05/5786805.html

Insider's Computer Dictionary [Video CD] − @IT

いま、DVDはまあ定着しましたよね。日本人だと映像ソースはやはり映画で、約2時間くらいの感覚ですね。あと映像と音質についてもそれなり肥えた目と耳を持ってるし。Video CDは収録時間が短いし、解像度も小さい。絵も音も満足できないんですよ。日本で、Video CDが普及していないということは全くありません。それなりに使える用途だとカラオケ、ゲームディスクです。

中国などは短い映画がたくさんあるし、頻繁に作られてます。74分超える映画なども、100分くらいまで収録できる独自の規格でVideo CDを作ってます。データは螺旋状に書かれてますが、トラックの間隔を狭くして長くデータを収録します。画質・音質も悪くなる傾向にあります。

でも向こうは「見れればいい」的な感覚なので、根本的に考え方の違いですね。

id:suchida

満足できないとはいえ,発売当時はほとんどそれしかなかったわけですよね.アナログテープにとって変わるほど画質が良くなかったということでしょうか?

2005/01/25 07:48:33
id:k-rated No.11

k-rated回答回数17ベストアンサー獲得回数02005/01/24 20:10:22

ポイント15pt

Video CDには著作権管理の仕組みが組み込まれていません。このため、大部分の映画・ドラマなどの版元がコピーを恐れてコンテンツをVideo CDに対応させませんでした。

結果、Video CDが一般の利用者に広まらずにいるうちに、完璧ではないにしろ著作権保護の機能が備わり、2時間以上の映画も記録可能なDVDが出現しました。

id:suchida

うーん,著作権説は説得力ありますね.

2005/01/25 07:49:38
id:hokuriku2 No.12

hokuriku2回答回数93ベストアンサー獲得回数02005/01/24 20:48:58

ポイント15pt

現在わたしは上海で生活しています。

Video CD が主流です。

前述のようにやはり画質と著作権だと思います。

画質はどうしてもDVDに劣ります。

一枚のCDにDVDの5枚ほど入っている正規品(?)が主流だからです。

繊細な日本人には向かないような気がします。

id:suchida

今はそうでしょうけど,VCD開発当時にすら,一度も流行らなかったというのが不思議なわけです.

2005/01/25 07:50:56
id:qoozoo No.13

qoozoo回答回数88ベストアンサー獲得回数12005/01/24 20:56:54

ポイント15pt

 >>VCDは,開発当初は,ビデオテープ以外のメディアとして(レーザディスクと並び)ほとんど唯一だったと思います.「当時の日本の高画質ブーム」とは,具体的には何のブームだったんでしょう?DVD(MPEG-2採用)誕生はその後,VCD(MPEG-1採用)誕生後随分後ですよね?

VCDとは、VHSと同等画質でしょ。

VHSがあれば不要ということですかね。

低画質メディアでは

記録時間が重要ですから、VHSと比べるとVCDは使えないということだったのだと思います。

id:suchida

なるほど,VCDとVHSを比べると(記録方式は随分違うと思いますが),同等画質と考えてもいいのかもしれません.VCDのMPEG-1ブロックノイズなど,VHSのアナログ系ノイズ,で,どっちも汚いと.

2005/01/25 07:53:24
id:keii-i No.14

keii-i回答回数206ベストアンサー獲得回数42005/01/24 22:00:10

ポイント15pt

http://www.tdk.co.jp/tjchf01/chf33100.htm

TDKブランド記録メディア製品の販売につきまして

VideoCDの映像フォーマットはMPEG-1ですから、その点では国内で普及しなかった(知名度が低かった)ということは、あまりないと思います。

ただ、当時はMPEG-1のエンコーダに良いものがなかった。あったとしてもライセンス料が高かった(今はTMPGEncがありますが)。

個人ユーザーは、映像編集を前提にしていたので、AVIのほうが扱いやすかったのかも知れません。

さらに、商業的な映像配布メディアとしてレーザーディスクが広まっていた、ということもあるでしょう。

MPEG-1映像が作れても、VideoCDとして焼けるオーサリングソフトを見かけませんでした(当時は著作権がらみでグレーな領域に手を付けにくかった、というのと、Philipsと日本ビクターがライセンスをがっちり握ってましたからねぇ…)。

アジア諸国では、ライセンスに関してアレですので。

id:suchida

おお,レーザーディスクってのがあった,というのも一つの理由ですかね.

2005/01/25 07:54:49
id:corinhente No.15

corinhente回答回数3ベストアンサー獲得回数02005/01/24 22:02:02

ポイント15pt

ビデオCDのソフトが普及する前にビデオCDというもの自体が消えてしまった感じがします、まず「ソフト」の問題があったのでは?

 自分はLDの大きさ、コレクションの価値(当時)と比べても見劣りがしました。また、パソコンが個人に普及している時代であればもっと受けいれられたと思います。逆に「だからこそ」アジア諸国に技術が流れるのが早かったのかもしれませんね。

id:suchida

ええ,そうだと思います.どういう問題があって,ソフトが普及しなかったのか,というのがお伺いしたいところです.

2005/01/25 07:56:42
id:putchee-oya No.16

putchee-oya回答回数15ベストアンサー獲得回数02005/01/24 22:45:37

ポイント15pt

URLはダミーです。

日本では弱電メーカー(松下、東芝などなど)やオーディオメーカー(ソニー、パイオニアなどなど)がガッチリとVHSの規格を守り、V-CDの市場に大規模な参入を行なわなかったからではないでしょうか? DVDに関しては、各メーカーが「せーの」で参入したので、LDやVHSの需要がまだあったのに、キッチリ普及しました。優れた規格があっても、要は大手メーカーが「のるか、のらないか」で普及の度合いは決まってきます。アジア諸国でV-CDが普及しているのは、みなさんがおっしゃるとおりなのではないでしょうか?

id:suchida

なるほど,わかりますが,なぜ「せーの」と乗らなかったんでしょうね?アジアではコストの面からVHSよりもVCDが売れているように,VCDにもメリットはあるようですので,VHSを守るためだけにすべてのメーカーがVCDを無視する,というのも,ちょっと腑に落ちないところもあります.

2005/01/25 08:00:10
id:hamao No.17

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/01/24 23:02:03

ポイント15pt

東南アジアでは街頭テレビのような所でVCDを流しているわけで、特別、個人宅でVCDが「普及」したわけではないです。タイやマレーシアなどではVCDはほぼ「カラオケ」VCDです。

VHSテープは繰り返し上映されるとヘタリますし、その点でVCDの方が利便性があったと思います。日本よりもさらに高音多湿で空調のある所で保存をしているわけでもないのでテープ自体もモチがさらに悪くなった気がします。ただ、これだけだと有機的に中国大陸でもVCDが広まったのは説明できないのですが。中国ではDVDへの切り替えも順調のようでサイズがあるのかな?

また、SVHSは画質もかなり良いですし、マニア層はLDに執着していたので、経済性ではVHS以下で画質はLD以下。どっちつかずのこのハードというのでは日本でVCDが広がらなかった理由はそこはあったと思いますね。後は、VCD発表の時点でLDもまだまだシェアがありましたし、VCD用のソフトが揃えられなかったのも大きな原因なんでしょうね

id:suchida

「SVHSは画質もかなり良いですし、マニア層はLDに執着していたので、経済性ではVHS以下で画質はLD以下」,なるほど,中途半端だったと.メーカーが乗らなかったのもその辺の判断か?(でもLDを一生懸命やってたのもパイオニアぐらいでしたよね?ディスク系のビデオが全く流行ってなかった時代もあったような)

2005/01/25 08:03:01
id:atsuo0475 No.18

atsuo0475回答回数10ベストアンサー獲得回数02005/01/25 02:23:09

http://e-words.jp/w/VCD.html

VCDとは 【Video CD】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

id:miehal No.19

miehal回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/01/25 07:27:57

ポイント15pt

http://www001.upp.so-net.ne.jp/tsugita/diary/200105.html#2001051...

杉の木工房 - 2001 年 5 月の日記のぺーじ

最初の回答者との重複になると思いますが、

やはり再生画質がいまいちだったからだと

思います。

Video CDはMPEG-1で圧縮してあった画像を

解凍しながら再生しますから、VHSビデオと

同程度の画像とのうたい文句ではありますが、

実際に再生画像を比較すると動きの速い画像では、

再生画像がモザイク状になってしまいます。

日本では当時VHSビデオが完全に普及して

いましたし、現在と違ってパソコンの性能が

低くてVideo CDを再生するために専用プレーヤーを

購入する必要があった訳ですが、その購買意欲が湧かなかったのだと思います。

id:suchida

ありがとうございました.みなさんから頂いた意見をまとめますと,日本で普及しなかったのは,

(1)普及していた(S)VHSと画質がさほど違わない

(2)レーザディスクが一応あった

(3)著作権保護機能がなかった

という理由でメーカは乗ってこなかった.

一方,アジア諸国で普及した理由は

(1)著作権問題はあまり重要視されない

(2)テープより複製が容易

(3)画質は重要視されない

といったところでしょうか?ありがとうございました.

2005/01/25 08:07:16

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません