堺屋太一氏によると、いまの40歳は、戦後まもなくの40歳とは成熟度において懸隔の差があり、8掛けの32歳程度の成熟なのだと考えられる、ということです。


ここでの成熟度とは生物学的なものでなく、社会的成熟度と思われますが、堺屋氏は、このことを導き出す複雑な式を提示していたというのです。

その式が提示されているURLがあれば、御教示いただきたいのですが。

ネット上には見つからないけど知っているよ、という方は情報源となる書籍あるいは雑誌など教えていただけると、ありがたいです。

よろしく御願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/24 23:34:32
  • 終了:--

回答(2件)

id:impetigo No.2

impetigo回答回数2545ベストアンサー獲得回数82005/01/25 20:35:55

ポイント50pt

こう言うことかもしれないが、長い・・

id:So-Shiro

ありがとうございます。社会的成熟度の評価尺度の検討をしている論文のようで、内容は面白いですが、因子分析の因子の検討のみで、「世代間分離」因子の変動に注目しているものの、明確な結論に到っていないようです。

とはいえ、社会的成熟度に注目して評価しようとする動きがあるのはわかりました。ありがとうございました。

これにて締めます。

2005/01/28 20:26:26

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません