情報サイトを立ち上げたいのですが、企画や取材、広告掲載などのノウハウが載っている書籍はありませんか?教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/25 10:20:27
  • 終了:--

回答(3件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982005/01/25 10:24:23

ポイント50pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4788913607/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 本を書くための本―構想から、取材・執筆、本を出すまでのノウ・ハウ: 千尾 将: 本

本を書くための本―構想から、取材・執筆、本を出すまでのノウ・ハウ

この本は いかがでしょうか?

id:izumi6878

早速購入いたしました。

ありがとうございました!

2005/01/25 10:34:40
id:nishiyu No.2

nishiyu回答回数1568ベストアンサー獲得回数22005/01/25 10:26:05

ポイント50pt

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

  • 作者: ルイス ローゼンフェルド ピーター モービル
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • メディア: 単行本

ウェブサイトデザイン―情報を伝えるためのデザインと技術 (Vol.5)

ウェブサイトデザイン―情報を伝えるためのデザインと技術 (Vol.5)

  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • メディア: 単行本

1冊目のレビュー

Web情報アーキテクチャ 第2版

 Webを通じた情報提供の方法を「情報アーキテクチャ」という概念に基づいて整理,再考することを提案する。現状のサイト構築が,ユーザーの情報ニーズについて単純すぎるモデルしか描けていない点を批判し,より実際的なモデルを構築することで幅広いニーズに対応できる可能性があるとする。個々の要素技術ではなく,サイト設計に必要な概念の紹介や戦略の立て方,作業するに当たってプロジェクトをどのように組織・運営していくかといった経営者的な視点から解説している。第2版では全面的に記述を追加,改訂した。

2冊目のレビュー

Webデザインに関する記事を集めたムックである本書も、今回で5冊目を迎える。美しい見栄えのよいデザインというよりは、その前に考えるべきWebデザインの本質的な部分について言及する記事が多いのが特徴である。今号も、期待を裏切らない内容だ。

Vol.5の最初の特集は、「そんな言葉では伝わらない」と題し、Webページではもっとも大切な要素である「文字」と「文章」について考えていく。Webページにおける文字情報の役割、見やすい文字の大きさや形、テキストの見せ方、読みやすい文章の書き方など、さまざまな視点から専門家が鋭い議論を展開している。

「オールカラーの第2特集は、「レイアウト5つの法則」。Webページを構成するさまざまな要素を効率よくレイアウトして、ユーザーに情報をうまく伝える方法が解説されている。やってはいけないこと、HTMLのTips、考え方のヒントなど、本文以外の内容も充実しており、レイアウトにすぐれた参考サイトも多く紹介されている。

第3特集は、毎日のサイト更新の効率化について考える。更新計画の立て方や、更新におけるちょっとした工夫、CGI・SSIなどを使った更新方法、データベースの活用など、煩雑になりがちな更新作業を効率化するさまざまな方法が解説されている。

その他、各アプリケーションの活用法や連載記事など、本書独自の切り口で編集された情報が満載で、ページ数の割にとても密度の濃い内容となっている。(上野祥子)

id:izumi6878

ありがとうございました!

2005/01/25 11:49:01
id:morgenplatz No.3

morgenplatz回答回数575ベストアンサー獲得回数12005/01/25 11:19:53

ポイント50pt

事例でわかるインターネット・マーケティング 実践編―失敗しないWEBリサーチからWEBプロモーションまで

事例でわかるインターネット・マーケティング 実践編―失敗しないWEBリサーチからWEBプロモーションまで

  • 作者: 井田 正幸 田坂 正樹
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • メディア: 単行本

こちらの本にはインターネット広告に関する色々な情報が集められており、役に立つと思います。

id:izumi6878

早速購入しました!

どうもありがとうございました!

2005/01/25 11:58:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません