『希望者を募り、その人にはてなポイントを10万ポイント送る。送られた会員は1年後に13万ポイントを送り返さなければならない。この契約書を作り、双方この通りに履行する。』


 このような活動が違法で刑事罰があることを証明してください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/01/27 17:46:05
  • 終了:--

回答(6件)

id:aki73ix No.1

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272005/01/27 17:58:30

ポイント8pt

http://www.hatena.ne.jp/help/rules

利用規約 - はてな

単純にはてなのシステム上上記のことは不可能です

まず、ユーザーは、はてなポイントを100,000ポイント以上保有することができません。

つまり、99999ポイントまでしか保有できないのです

さらに、ポイント送料で5%かかり、手元に300ポイント以上残さないといけないので、実質94952ポイントが送信できる上限となり、上記の契約は履行できません

つまり詐欺?

http://homepage3.nifty.com/nskk/kenkyu031.htm

上限金利の引き下げこそ構造改革だ

http://cashing.meta-search.jp/learn/max_interest/

利息の上限 (上限金利)

もし、仮にできたとしても、出資法により上限金利は年率29.2%と定められています。これを超えた金利で貸し付けをした業者は3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処せらます。

13万、10万では30%ですからこれに違反しますね

id:toshi_nishida

一番目については複数回に分けることで容易に実現可能と思いますがいかがでしょうか?

二番目についてですが、この法律は本当に、キャラメルやはてなポイントの貸し借りについて制限しているのですか? 13万円とか10万円とかいう話はどこから出てきたのでしょう? 私は、ポイント、と言っています。この点がこの質問の要だとはご理解いただいていると思いますので、お手数ですが再度教えてください。

2005/01/27 18:05:56
id:juniorsenior No.2

juniorsenior回答回数21ベストアンサー獲得回数02005/01/27 18:16:00

ポイント8pt

このようは契約は民法上消費貸借契約といわれるものだと思います。

消費貸借契約については、利息制限法により利息の上限が定められています。

10万ポイントを受け取り13万ポイントを一年後に送り返すのですから、年利は30パーセントということになります。

これは利息制限法に違反しています。

ただし、刑事罰は科されません。

さらに出資法によると、貸金業者が金銭の貸付を行う場合、年29.2%を超える利息を受領する契約をしたり、受領すしたりすると刑事罰の対象となります。

結局、10万ポイントの送信が貸金業者によって行われた場合には刑事罰の対象となるということだと思われます。

id:toshi_nishida

一つ目のurlで10万文字近い文字が出てきました。『消費貸借契約』で検索しても出てきません。お手数ですが私が見るべき場所を再度教えてください。

二つ目のURLですが、「金銭を目的とする」と各項目に書いてあるようですが、質問の貸し借りははてなポイントで、目的は断じて金銭ではありません。ポイントの所有や管理を楽しむ行為です。キャラメル1万個を人に送って、1年後に1万3千個をもらうという約束と、はてなポイントの場合、同じか違うか、という点を教えていただきたいのです。30%云々の前にこれが金であったら無許可の金貸しは違法です。しかし、無許可のキャラメル貸しは違法ではないのではないですか? はてなポイントの場合はどうですか、という質問です。

 商品券やプリペイドカードの法律問題に詳しい方がご存じかと思います。よろしくお願いします。

2005/01/27 18:33:12
id:clotho No.3

clotho回答回数239ベストアンサー獲得回数102005/01/27 18:31:22

ポイント50pt

http://www.hatena.ne.jp/1106815565#

人力検索はてな - 『希望者を募り、その人にはてなポイントを10万ポイント送る。送られた会員は1年後に13万ポイントを送り返さなければならない。この契約書を作り、双方この通りに履行する..

双方の同意があって行われているのであれば、質問されている状況では違法であるとは言えないと思います。契約に関するものは民法上の話になり、刑事罰は下されないと思います。

したがって証明は不可能だと思います。

はてなの規約に反している、或いはどちらかの債務不履行などは質問の意図に外れますので敢えて書きません。

また、金利の問題もありえますが「貸し金業者」ではないので貸金業の規制等に関する法律は考えません。(そもそもがポイント=1円ではありますが、完全な「金」ではないので適用されるか怪しいですね)

id:toshi_nishida

そうですよね。私の疑問の要点をよく理解して頂いていると思います。プリペイドカード、商品券などいろいろありますが、私は、はてなポイントが換金できることを知った時、ぎょっとしたのです。これっていいの?と思いました。

2005/01/27 18:41:42
id:dev_zer0 No.4

dev_zer0回答回数332ベストアンサー獲得回数252005/01/27 18:32:25

ポイント16pt

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(出資法)

第五条で年二十九・二パーセントを超える利息を受領したときは、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金です。

第7条で第三条から前条までの規定の適用については、手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつてする金銭の交付又は授受は、金銭の貸付け又は金銭の貸借とみなす。

とありますので、ポイントも金銭の貸借と見なされ、刑事罰を受けます。

これでよいでしょうか?

id:toshi_nishida

なるほど「これに類する」ですね。ありがとうございます。しかし私は「ポイントの換金が目的でなく、ポイント管理を楽しむ行為である」と主張しています。手形には額面がありますよね。ポイントには額面が無く、ただ、はてなが「1ポイント1円と交換する」と言っているだけです。これは私が「キャラメル1個と5円を交換する」と自分のHPに書くことと変わりませんよね。次を見てみます・・・

2005/01/27 18:54:13
id:aki73ix No.5

aki73ix回答回数5224ベストアンサー獲得回数272005/01/27 18:38:23

ポイント3pt

http://www.hatena.ne.jp/1070440572

人力検索はてな - はてなはポイントを換金できるシステムですが出資法違反にはならないのでしょうか?グレーゾーンのままやってるのでしょうか?法的に完全にクリアされてるのでしょうか?ど..

追加回答です

1ポイントは1円に換金できます

つまり1円と1ポイントは相当ですから、商品券にあたります

キャラメルは、例え1円で購入しても、1円には換金できる保障がありませんからまったく異なります

しかし、10万ポイントを1年後に13万ポイントで返すということは、利息3万ポイントが生じているわけで、つまり、これはチケット金融と考えてよい行為です

1ポイント1円と換算できるわけですから、金利が年率30%となり・・・つまり違法行為となります

現に、チケット金融業者が逮捕されていることからも証明にならないでしょうか

1番の分割して・・・ですが、

ポイント購入時を数回に分けたとしても、

相手が、引き出さないと、相手のポイント残高が100000ポイントをこえてしまうことにもなりえるわけです

つまり、相手のポイントが確認できない以上、振り込むタイミングをチェックせねばならず、容易に実現可能とは言えません

刑事罰ではありませんが、はてなでは、「商用を目的とした広告・勧誘その他の行為」を禁止しているので、退会処分にされてしまうでしょうね(^^;

id:toshi_nishida

http://www.icnet.or.jp/unei/qa/qa028.html

http://www.mof.go.jp/zaimu/40nenn/main/020204.htm

本当にはてなポイントは商品券なのですか?

『ところが自ら商品等を扱っていない者が商品券を発行している事例が認められ,商品券所持者保護上から履行責任,損害賠償責任が必ずしも明確化しているとは認められなかったため,取り敢えずは,自ら商品等を扱っていない商品券発行業者に報告義務,帳簿記帳義務を課して実態把握に努めることとしたものである。』

aki73ixさんご自身が教えてくださった

http://www.hatena.ne.jp/1070440572

の2番目の回答者によりますと、ポイントが商品でなく商品券であるとすると、はてな自身に出資法上の問題が生じるのではないですか?

『相手が、引き出さないと、相手のポイント残高が100000ポイントをこえてしまうことにもなりえるわけです』

相手が引き出せば越えないわけです。私は家に電話もあり携帯電話も持っていますので、確認は簡単だとしか思えません。もちろん私はこんな事の心配をしているわけではありません。

2005/01/27 19:35:32
id:sami624 No.6

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/01/27 21:58:22

ポイント5pt

消費貸借契約は、民法587条から592条に規定されており、587条では、……返還スルコトヲ約シテ相手方ヨリ金銭其他ノ物ヲ 受取ルニ因リテ効力ヲ生ス・・・と、物を受け取ったときから効力が発生することが明記されています。

→消費貸借契約の説明です。

第2編 罪

第1章 削 除 (第73条―-第76条)

第2章 内乱に関する罪 (第77条―-第80条)

第3章 外患に関する罪 (第81条―-第89条)

第4章 国交に関する罪 (第90条―-第94条)

第5章 公務の執行を妨害する罪 (第95条―-第96条の3)

第6章 逃走の罪 (第97条―第102条)

第7章 犯人蔵匿及び証拠隠滅の罪 (第103条―第105条の2)

第8章 騒乱の罪 (第106条―第107条)

第9章 放火及び失火の罪 (第108条―第118条)

第10章 出水及び水利に関する罪 (第119条―第123条)

第11章 往来を妨害する罪 (第124条―第129条)

第12章 住居を侵す罪 (第130条―第132条)

第13章 秘密を侵す罪 (第133条―第135条)

第14章 あへん煙に関する罪 (第136条―第141条)

第15章 飲料水に関する罪 (第142条―第147条)

第16章 通貨偽造の罪 (第148条―第153条)

第17章 文書偽造の罪 (第154条―第161条の2)

第18章 有価証券偽造の罪 (第162条・第163条)

第18章の2 支払用カード電磁的記録に関する罪 (第163条の2−第163条の5)

第19章 印章偽造の罪 (第164条―第168条)

第20章 偽証の罪 (第169条―第171条)

第21章 虚偽告訴の罪 (第172条・第173条)

第22章 わいせつ、姦淫及び重婚の罪 (第174条―第184条)

第23章 賭博及び富くじに関する罪 (第185条―第187条)

第24章 礼拝所及び墳墓に関する罪 (第188条―第192条)

第25章 汚職の罪 (第193条―第198条)

第26章 殺人の罪 (第199条―第203条)

第27章 傷害の罪 (第204条―第208条の3)

第28章 過失傷害の罪 (第209条―第211条)

第29章 堕胎の罪 (第212条―第216条)

第30章 遺棄の罪 (第217条―第219条)

第31章 逮捕及び監禁の罪 (第220条・第221条)

第32章 脅迫の罪 (第222条・第223条)

第33章 略取及び誘拐の罪 (第224条―第229条)

第34章 名誉に対する罪 (第230条―第232条)

第35章 信用及び業務に対する罪 (第233条―第234条の2)

第36章 窃盗及び強盗の罪 (第235条―第245条)

第37章 詐欺及び恐喝の罪 (第246条―第251条)

第38章 横領の罪 (第252条―第255条)

第39章 盗品等に関する罪 (第256条・第257条)

第40章 毀棄及び隠匿の罪 (第258条―第264条

→質問の内容を確認する限り、この条項に該当せず、刑事罰は発生しません。

id:toshi_nishida

一つ目はお金の貸し借りと書いてありますね。

二つ目ですが『我が国では、商法の刑事罰を受けた者が・・・』

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/gijiroku/kinyu/dai1/2...

とありますが、刑法以外には刑事罰は無いのですか?

--------------------------------------

質問を閉めさせていただきます。質問のような行為が『犯罪まがい』であることは私も知っています。今回は法律のロジックがこれに対してどのように働くか、ということをお聞きしました。お聞きしたかったのは私の質問のある側面に関する知識をお持ちかどうか出はなく、全体を包括できる法律の仕組みでした。結局、納得できる答えはありませんでしたが、法律の運用はもともとそういう物だということで納得することにします。

2005/01/29 17:29:43

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません