【質問者】質問にどの程度回答がかえってくるか興味ある方は以下のURLをご覧の上で回答ください。

http://www.hatena.ne.jp/1106492925(質問者が実際にどう思うか)
http://www.hatena.ne.jp/1106395878(質問者に同傾向の有無を確認)
http://www.hatena.ne.jp/1106370886(回答者に質問)
で質問したことの関連です。

http://www.hatena.ne.jp/1106775215(結果だけ興味ある方はこちらを)
http://www.hatena.ne.jp/1106553134
はペアの質問になっています。

ペアの質問をみると、だいたい2日半で15〜18ページ(公開中ソートのみで8〜10ページ)進んでしまい、2日たつとまず回答がつかなくなることがわかります(先行するアンケートをみても3ページを超えると見られる可能性が一挙に減る)。

同じような質問の繰り返しは規約で禁止されているので、現在のままだと質問タイミングが悪いと自分の質問はほとんど目のつかないまま終わってしまう可能性があります。

以下の選択肢のうち、どれがもっとも質問者にとって有益でしょうか?

回答の条件
  • 途中経過を非公開
  • はてな質問者
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/01/29 12:43:24
  • 終了:--

回答(250 / 0件)

Q01(択一)

・ポイントゲット。49
・この手の質問には関心がない。32
・質問文のリンク先をワンクリックで見られないので、面倒で見ていない。32
■自分はすぐに質問を閉じてしまうので関係ない、気にしない。14
◇いわしと同様に質問と質問の間に制限時間を設ける。12
◇質問と質問の間が一ページ(20件)以上あける制限を設ける。10
◇一日の絶対質問数の制限。15
◇特定の質問者のフィルタリング機能19
◆現在オプションで7日間で再質問になる期間をポイントに応じて減らす(例えば3日周期など)。17
◆Yahoo!オークションのようにポイントを足すことで「注目の質問」になるようにする。27
・ポイントゲット13
・その他(いわしへ)13
合計250

集計

×
  • id:morgenplatz
    右と左に分ければ良いのでは?

    今の状態ではやはりあまり良くないと思うので、ウインドウを左右に分け、左には新着順、右には後ページに追いやられた質問の中から回答がついた数の少ない順に質問を表示する形にすると救済策になるように思います。
    質問文のプレビューは少し見にくくなりますが。
  • id:ThomasFeline
    ThomasFeline 2005/01/29 14:00:13
    質問者の支払うポイントで

    成り立っている以上、制限を加えるという選択肢は無理でしょう。選択肢の下から3番目が一番現実的ですが、これさえも経済原理で成り立っているシステムである以上、実現は困難と思います。
  • id:chocoholic1
    chocoholic1 2005/01/30 00:04:16
    今のままでも

    何度か質問しましたが、今のままで問題ないような・・・(必要な回答が得られているので)。まぁ、私が多数の回答を必要とするような質問を行っていないからかも知れませんが。(その他に投票しました)
  • id:aya-no-suke
    aya-no-suke 2005/01/30 05:56:34
    今のままで大丈夫なのか?

    ただ実際には以下URLのようなことが起きましたしね。あの時はほとんどフレーミング状態で、ご本人とその他の質問者・回答者いずれにとっても悲劇でした。はてなで知り合った回答者の少なくとも一人はあの時嫌気がさして辞めたというメールを私に送ってきました。実際あの前後で中堅の回答者が何人か消えています。

    今回の直前のケースは一人の質問者が一ページ以上埋めましたが、http://www.hatena.ne.jp/1106957921の回答が一時つかなくて本当に可哀想でした。モラルといえばモラルなのですが、もうモラルで制御できないところまできているのかもしれません(一般社会でも何か調べてもらったら何かしら機械的でもいいのでコメントすると思うのですが、多量に質問してもそのまま検索エンジンのように機械的に結果だけが返ってくるという印象の方も多くコメントがなかったりして、「人力」の意味合いが変わってきているのかもしれません。本当は人と人のやりとりだから最低限の挨拶ぐらいはしてもいいと思うのですが)。

    更にこういう時に問題になるのは、実は多数の回答が必要なケースではなく、専門的な意見を聴きたいケースだったりします。本当に専門的な意見を書ける人は、常時はてなを見ているわけではありませんし、時間がありません。メールでの自分の専門通知サービスが有効に活用していた時代にはまだそれでもよかったと思いますが、最近ほとんどスパムメール状態になってしまうのでオフにされている方も多いでしょう。

    私も実際回答をみていて、明らかにこれは嘘だろうという即答回答に納得されている質問者がいて、もう少し開いていてくれたらきちんと回答できたのにという場合も多々ありました(昔はあまりに酷いケースはポイント送信で意見を送ったりもしたこともあります)。ただそういう場合でも後ろへ流れると暇がなくて見てられないんですよね。

    現状では一日はてなに食いついているような一部常連でもないかぎり、ほとんど質問者と回答者のめぐり逢わせは運になっていしまいます。常連の質が高ければそれはそれでいいのかもしれませんが、ご本人方に悪いですがこれすら一時と比較して落ちている気がします。明らかに質問をきちんと読まずに速く解くというだけのユーザーがいるのは問題でしょう。

    よく見ておられると分かると思いますが、一時期と比べて明らかに専門分野の回答の質は落ちています。ネタ・人生相談はこれまで通りで、コンピューター関係も辛うじて保っている(Mac関係は詳しくないものの、即答非Macユーザーの回答と、自分で少し時間をかけて調べてみた結果があまりに違っていて呆然とすることがあります)。医療・健康は以前からぜんぜんダメだったとして、政治・歴史・経済・科学といった分野の低下が著しい印象があります。これを確かめるために質問をしましたが、予想の範囲内です。

    本来本当に困った時に検索する時間がない、検索のテクニックがないということで、人力検索を使用されるのが主眼だったはずです。ただ、そういう用途にはすでにむかない状態になっているように思えます。何回も書きますが現時点では「有料2ch」でしかなく、検索本来の精神が忘れ去られていますし、はてな運営側からも忘れ去られているような気がします(ユーザーの多いダイアリーのバージョンアップはさすがですが)。

    さて、どうしたものか。今回一連の質問で現在のはてなが自分の用途にあっているのか、ということを見ながら、少なくとも検索重視派にとってはどういう改良が望まれるかということを微力ながら考えてきました。個人的結論はだいたい出たので、はてなそのものの質問についてはあと2回程度でもうしないつもりです。

    お目汚し申し訳ありませんでした。あとアンケート終了後にこの件に関する補足事項を書かせていただきます。
    http://www.hatena.ne.jp/1106622905

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません