翻訳物の著作権は、原著作者に帰属するのか?翻訳者に帰属するのか?共同著作権になるのか?法律的に述べた文書を探しています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/01 14:24:57
  • 終了:--

回答(2件)

id:Intermezzo No.1

maya回答回数131ベストアンサー獲得回数02005/02/01 14:37:27

ポイント25pt

http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime2.html

はじめての著作権講座

翻訳物の著作権は、翻訳者に帰属しますが、

原著作者も

「二次的著作物の利用権」

自分の著作物を原作品とする二次的著作物を利用することについて、二次的著作物の著作権者がもつものと同じ権利

を有するとあります。

翻訳物の著作権は、原著作者と翻訳者、両方に帰属する、といえそうです。

共同著作権とは違うようです。

id:dayofgreen

ありがとうございます。

2005/02/01 15:06:32
id:Dandan No.2

Dandan回答回数36ベストアンサー獲得回数02005/02/01 19:11:48

ポイント25pt

著作権に関する国際条約のベルヌ条約(日本は1899年) 第二条−(3)によると

<引用>

文学的又は美術的著作物の翻訳、翻案、編曲等による改作物は、その原作物の著作者の権利を害することなく、原著作物として保護される。

</引用>

ということです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません